2013年08月30日

小さくて大きな喜び

130809_101203_ed (3).jpg

 「コ…クン」
 生々しいガーゼの下で、貴方の喉は、生まれたての赤ちゃんが初めての母乳を飲みこような初々しさで、ゆっくりと上下しました。 見間違えではありません。 微かな音も聞きました。 確かに動きました。

 それだけではありません。
 
 「あ・い・う・え・お」
 「か・き・く・け・こ」
 「さ・し・す・せ・そ」
 「た・ち・つ・て・と」

 ゆっくりと確かめるように口を動かしているので、耳を近づけると、なんと、微かながら聞き分けられる声が出ているではありませんか! 喉に穴が開いていて声は出ない筈なのに…。 

 『飲みこめる! 話せる!』

 ごく普通に自然に出来るようなことが出来たことがこんなにも嬉しい。 私たちですらバンザイして飛び上がりたい程ですから、本人はどれだけ嬉しかったことか…。 8時間以上の手術から目覚めたばかり、疲れるから、もう身体を休めるようにと言っても、次から次へと話そうとします。 喜びが込み上げ溢れてくるのでしょう。 

 ああ、神様、仏様、ご先祖様、いつもいつもお守り下さり、ありがとうございます。

 難しい手術を執刀してくださった先生方、看護師の皆さま、ありがとうございます。 

 術後はもう、ゴクリと飲み込むことは難しいでしょうと言われていた喉でした。 発声も難しくなるかもしれないと覚悟の上の手術でした。 勿論まだまだ油断はできませんし、これからまた一歩一歩の努力を積み重ねてゆかねばなりませんが、『最悪のシナリオだ…』と寂しそうに呟いていた貴方の口から再びこぼれた喜びの声を、私は一生忘れません。 
 


posted by 山桜 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったですね!

Posted by 多楽 at 2013年08月30日 21:07
◆多楽さん、ありがとうございます。 励まして下さる皆さんの御蔭でまた明日も頑張れますわーい(嬉しい顔)
Posted by 山桜 at 2013年08月30日 22:12
大変だったようですが 本当に声が出てよかったね。読みながら私もうれしくなりました。山桜様も安心してゆっくりなさってくださいね。 
Posted by チャチャ at 2013年09月06日 12:08
良かったですね。

今年の夏は暑かったですね。
お大事になさってくださいませ。
Posted by 青い流れ星 at 2013年09月06日 19:43
◆チャチャさん、ありがとうございます!
 チャチャさんのご主人様のご快癒の様子が嬉しく、また大きな心の支えとなっています。 心から信じて心を注いでいれば、良い結果を引き寄せられると…それこそ信じて祈る思いでした。 まだまだこれからが大変なのですが、一つ一つ、家族で力を合わせて超えていければと思います。

 東京オリンピックも決定! スポーツ観戦大好きな主人と一緒に応援に駆け付けたいと思います♪
Posted by 山桜 at 2013年09月08日 06:22
◆青い流れ星さん、ありがとうございます!
 あれ程暑かった夏も白露を迎え、窓を開けたままでは肌寒いような気候となりました。 でも、東京オリンピック決定!ですっかり興奮して汗をかいてしまいました^^♪ 一生懸命力を尽くした人の嬉し涙って美しいですね。 私もあのような涙が流せるように頑張ります!
Posted by 山桜 at 2013年09月08日 06:26
 清らかな鷺草の白い花が、美しく飛翔していますね-☆彡 つがいでしょうか^^♪
読みながら、いつの間にか手を合わせて歓びをともにしている自分に気付きました。
 厳しい日々をお過ごしだったのですね。 山桜さんの故郷へのオリンピック招致の
ご成功と共に、心からの慶びをお伝えしたいです。
Posted by メダカの目 at 2013年09月09日 23:31
◆メダカの目さん、ありがとうございます。
 目下病院へ洗濯物等を持って通うのが仕事のようです。 一日でも数分でも早く、あの苦しみから解放される時が早く来るのを祈りつつ、何か少しでも自分の出来ることはないかと…。

 オリンピック、自分でもあんなに興奮状態になるとは思ってもみませんでした。 ずっと見守っている内に、招致委員のみなさんの熱い思いがのり移って来たのでしょうね。 
Posted by 山桜 at 2013年09月10日 11:48
うまく、コメントが入るでしょうか。ご主人様、大変なご病気だったのですね。大きな難関でした。これからもまだ頑張らなくてはならないのでしょう。生きるって本当に切ないものなのですね。
Posted by 山口ももり at 2013年09月18日 08:50
◆ももりさんへ
 幾つかの選択肢の中から、自分にとってベストの治療を選んで決心するまでが、時間も限られた中、悩み多い日々でした。 担当の先生の薦める方法ではない、患者の意思を尊重した難しい手術を執刀してくださった先生方に感謝です。 

 お蔭様で、今日からやっと口から流動食を戴けるようになりました(1時間以上かかってやっと2/3程でしたが)。 人生喜びも苦しみも50:50、こんなに苦しんだ分、彼にはこれからいいことが沢山あると信じています^^ 
Posted by 山桜 at 2013年09月19日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。