2013年10月17日

神嘗祭の出雲に神様降臨

       3suns & upsidedownrainbow.jpg

       3suns & upsidedownrainbow2.jpg 


10月17日 午後3時35分、島根県出雲市 西村大輔さん撮影 (産経新聞より)


 全国から神様方がお集まりになる出雲の神在(かみあり)月の17日、三つの太陽・それを囲む光の環・その上に懸かる逆さの虹、が同時に現れるという、珍しい「光景」が見られました。 正に神々しいそのお姿を写真でだけでも拝めることができ幸いでした。 貴重な瞬間を撮影し新聞社に提供してくださった西村さんに感謝です。
 
 中央が本物の太陽、左右の太陽の様な光は「幻日(げんじつ)」、3つの太陽の周りを囲む光の環は「内暈(うちがさ)、逆さまの虹は「環天頂(かんてんちょう)アーク」と呼ばれる大気光学現象だそうです。

いずれの現象も無数の氷粒で形成された薄雲に光が屈折して生じるのですが、それが3つも同時に重なっているなんて、とても珍しいのではないでしょうか。 日本が良い方向へ導かれていく吉兆と思いたいです。


posted by 山桜 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 気象・天文・暦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神秘体験というべき神々しさですね。

17日にこんな現象があったなんて。

写真を見せてもらえて感謝です。
Posted by くさや at 2013年11月01日 17:23
◆くさやさんへ
 とても神秘的ですよね…。 このように神々しい現象を目にした人々の心に、

神道の「造化三神」(天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神
    「三貴神」(天照さま・素戔嗚さま・月読さま)

仏教の(阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来等の中尊と左右の脇侍の)「三尊像」

キリスト教の「三位一体」…というような信仰が生まれたのも自然のことかと思えてきます。 光のクロス(十字架)にも見えませんか?
Posted by 山桜 at 2013年11月02日 17:03
見えます。
そして、神々が手を広げ、手をつないでいるようにも見えます。
Posted by くさや at 2013年11月04日 07:38
◆くさやさんへ
 それぞれの人その時の心持によっても様々なお姿に見えるのでしょうね。 この前日の16日に観測された群馬の「月光虹」も神秘的でした。 やはり出雲と伊勢の式年遷宮の重なった今年は何かが…? 

 
Posted by 山桜 at 2013年11月04日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。