2007年04月20日

何故2月は短い

 「旧暦と月遅れ」の記事に、

 『何故、2月は28日しかないのに、他の月に31日を
  設けているのかを、ずっと不思議に思って来ました。』

                        (現代語訳^^)

というコメントを頂戴致しました。 
恐らく同じ思いの方も多いのではないでしょうか?
私もかつて同じ疑問を持ち、調べたことがありますので、
自分の確認の為にも、ここに書き残しておくことにします。

 古代ローマの暦では、3月(March)が新年の始まりで一年は
今で言う12月までの10ヶ月間しか暦がなく、冬のあまり変化
のない時期(今の1,2月)には暦が無い時代がありました。 
そのようなモヤットした期間があったため、3月の始まりも割り
にいい加減に皇帝が「春めいてきたな」と思う日に決めていたとか…

 そして今で言う3月〜12月の間、31日(大の月)と30日
(小の月)を交互に定めていました。 処がアウグスツス皇帝は、
先帝養父ジュリアスが誕生月(今の7月)にJulyとジュリアスから取った
月名を付けたのに負けじと自分の誕生月(今の8月)をAugustと名付け、
Julyより一日少ないのも面白くなかったのでしょう、Augustも31日
にしてしまいました。 それで仕方なく順番が下記のようにずれ…

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10(古代の月順)
 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12(今の月)  
   小   小    小    小    小  

 ↓

 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 / 1 2(月)
  小  小 大 大 小   小   /  小

 やがてモヤッと期間だった(今の1,2月)部分にもきちんと月名
が付き、新年は1月から始まるようになりました。 年初で奇数月が
小の月では縁起が悪いとでも思ったのか(これは私の想像です^^;)
1月は大の月とされ、結局皺寄せは全部2月が背負い込んだのですね。
(「贖罪の月」という少し気の毒な名前については後述)

 私は、英語のことが少し分かって来た頃、8本足の蛸Octpus
8音程のOctave、8角形のOctagonなど8に関係する筈のOct-
10月のOctoberについていることが不思議でならずにこのことを
調べ、かつて一年は10ヶ月しか月名がなく、10月は8番目の
月で
あったことを知りました。 また、英語の月名の由来もその時
調べましたので書いておきます。


☆英語の月名の由来☆

1月 January:双顔神Janus(ヤヌス)より(終始の境であるから)
2月 February:贖罪の神Februusより(迎春前の潔斎月であるから)
3月 March:軍神Marsより(春は戦の準備を始める月であるから)
4月 April:美の女神Aprilis(アフロディテ、ヴィナース)より(異説あり)
5月 May:豊穣の女神Maiaより(草木が成長する季節であるから)
6月 June:結婚・出産の女神Juno(ヘラ)より
7月 July:Julius Caesarの誕生月であったことから
8月 August:Augusutus Caesarの誕生月であったことから
9月 Sepetember:7 septem(セプテム)から(-berは〜番目の意)
10月 October:8 Octo(オクトー)から
11月 November:9 novem(ノヴェム)から
12月 December:10 decem(デケム)から




posted by 山桜 at 00:00| Comment(15) | TrackBack(1) | 気になること思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
をを
山桜姫!
予 感激なり
大感激なり・・・
う・・・(感動にて声の詰まりたる様なり)

ふむふむ・・・
をを
さなる哉
ほほー
いとをかし
へへー
いと主観なること極まりなし

やはり 姫
山桜姫暦 是非とも必要なるを
改めて感じ入るあかひとなり

姫 計算を苦手とするとあるも
「モワッ」としたる暦もあるをおもへば
姫が暦 是 「クラッ」としたる暦となるとおもへる
何故なれば 姫の名「やまざ・・・クラッ!」なればなり^^
Posted by Akahito〜友部丹人 at 2007年04月26日 23:29
たしか“8・オクタ”との出会いは、高校の化学の時間。
モノ、ジ、トリ、テトラ・・・ってよく覚えたものですよね。
化学の先生が、そこから“月”の説明をはじめて長話・・・
その間に、私は英語の宿題をして・・・
Posted by 酒徒善人 at 2007年04月26日 23:30
◆友部丹人さん、こんにちは!
 本当は古代ローマの暦ももっと細々改められているのですが、
詳しく書くと膨大なことになってしまいそうで、かなり端折って
しまいました。 大まかな流れと言うことでお許し下さい。

 考えてみれば、山桜の五感六感で感じたことを綴ったこの
ブログ自体が、山桜暦なのかもしれませんね〜♪
モヤッとしてクラっとしてますか〜(笑)☆⌒(*^∇゜)v
Posted by 山桜 at 2007年04月27日 11:57
◆酒徒善人さん、こんにちは。
 授業内容より、先生が脱線して話してくださったストーリー
の方が記憶に残っていることってありますよね。

 私は文系だったので受験科目にない教科でよく英語の内職
してました。 ですから出席はしていても履行漏れかも…
時効でしょうけど、今にして思えば勿体無いことをしました。
二度と戻らない貴重な○○や△△の勉強時間だったのに…。
Posted by 山桜 at 2007年04月27日 12:04
わ〜〜o(⌒▽⌒)o!!
         
          ぱちぱちぱち☆
さくらん、すご〜い♪♪(⌒▽⌒)
                人
  

そうだったのね〜♪♪o(⌒0⌒)oほ〜←感動中   
Posted by やゆよ at 2007年04月27日 14:57
日本の暦もよく似ていますよね

今日4月27日を一般的に言えば
<卯月>の4月27日ですが、
正確に言えば
<弥生>の4月27日となるのが本当です。

月の数字と別称はイコールじゃないんですね。

これは「月の別称」は旧暦だけを指すため西暦には当てはめないのが本来だからです。
それが今は、新暦に当てはめてしまうようになってしまったようですがね

Posted by 玉井人 at 2007年04月27日 16:00
本当に面白い記事です。この記事を今度こそ頭に叩き込みたい。アウグスチヌスは、オクタビアヌスのことでしたよね。シーザーの跡を継いだ皇帝よね。もう一度しっかり、・・・この効率の悪い頭よ!!!覚えなくっちゃ。
Posted by 山口ももり at 2007年04月28日 07:59
◆やゆよん、こんにちは。
 もっと簡単に書けると思って書き出したら、頭の中に残っていた
記憶ともう一度確認してみた内容にそれこそ「ズレ」があって、
補正するのに時間がかかったよ〜

 結局、もう一度勉強しなおさなくっちゃだめだ〜っていう結論が
出たような。。。知ってどうする?とも思うけど、これは持病の
「知りたい病」だね〜^^;
Posted by 山桜 at 2007年04月28日 15:43
わたしも同じ記事がありましたのでトラックバックさせてもらいました。
Posted by 玉井人 at 2007年04月28日 15:51
◆玉井人さん、こんにちは。
 えっと…お待ち下さいね〜(頭の中が混乱中・笑)つまり、
『月の別称は旧暦月の別称であって、新暦の○月の別称ではない』
と言うことでよろしいでしょうか?

 今日で言えば…
新暦4月28日は旧暦三月十一日、
弥生の十一日であって、卯月の28日ではない、と。

 そうですね、その意味では「私の花色遊び○○編」の題名も
誤りですね。 ほぼ月末の更新なのでギリギリOK?NG?^^;

 子供の古文の勉強に役立つかなぁという思いもあって使って
いたのですが、その辺りをちゃんと説明しておかなくては
いけませんね! 申し訳ありません。ありがとうございました。
Posted by 山桜 at 2007年04月28日 15:56
◆玉井人さん、ほぼ同時投稿だったようですね!
TBを戴きありがとうございました。 
反映まで今暫くお待ち下さいませ〜
Posted by 山桜 at 2007年04月28日 15:59
◆ももりさん、こんにちは。
 うわ〜っ、間違い発見です!! 
ジュリアス・カエサル(シーザー)は皇帝位にはついて
なかったですね! オクタビアヌス(後のアウグスツス)が
初代ローマ皇帝ですものね! 失礼致しました。<( _ _ )>
う〜ん、遠い世界史の記憶がじわじわっと甦って来ました〜

 カエサル(シーザー)=帝王の意味になるのはもっと後の時代ですね。 
早速訂正しておきます。 ありがとうございました!
Posted by 山桜 at 2007年04月28日 16:05
オオオッ!!!そうでしたね。そうか、オクタビアヌス以前は3頭政治???だったっけ??ちょっと復習しましょう。面白いなあ。こういう会話って触発されます。
Posted by 山口ももり at 2007年04月29日 03:05
エエエッ!!!先のコメントもあやしいのか??ちょっと教えてくださいね。
Posted by 山口ももり at 2007年04月29日 03:07
◆ももりさん、おはようございます!
 く〜っo(´^`)o 世界史は一生懸命勉強した筈なのに、
もうすっかり忘れてしまったようで情けなくなりました〜
また勉強し直しますね〜 ももりさん、一緒に宜しく
お願いしま〜す!
Posted by 山桜 at 2007年04月29日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今月はほんとに短いね!
Excerpt: 閏年ではない今月は28日しかない。そのためあっという間に過ぎる感じがする。古い商売人は「二八のブタ」
Weblog: つぶやき古道(こみち)
Tracked: 2007-04-27 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。