2007年04月27日

山躑躅の競演

       ? 1689.jpg

 新緑の揺れる明るい森の中、あちらこちらで山躑躅が咲き始め
ました。 黄緑色の中で橙色がどれほど綺麗に映るか知っているに
違いありません。 橙色は譲らずに、それぞれに花型・色に個性を
光らせ、山の晩春を彩っています。

 花びらの形や色合いの違いが分かりますでしょうか…
画像処理などはしておりません。 写真によって、光量に多少の差は
ありますが、目で見て確かに差が認められた天然の個性の競演です。

? 1687.jpg? 1683.jpg? 1685.jpg
? 1686.jpg? 1684.jpg? 1681.jpg

banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激ハートたち(複数ハート)


ラベル:ツツジ 山躑躅
posted by 山桜 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山躑躅
いろいろあってみんないい((c)金子みすヾ)
ですね
植え込みなどに使われている
躑躅はあまり好きではないのですが
山躑躅とか霧島などは好きなのです
それにしても本当にいろいろですね…
Posted by 幽黙 at 2007年05月05日 19:58
◆幽黙さん、こんばんは。
 早速のご来臨、ありがとうございま〜す!!
「みんな違って みんないい」
山桜と同じで山躑躅も一株ごとに個性の違いがあって、
いくら見ていても飽きません。 

「見えぬものでもあるんだよ」
神さまの御業は本当に素晴らしいですね〜♪
Posted by 山桜 at 2007年05月05日 20:52
姫 
黄金の日々を
いかがお過ごしなる哉

けふの常陸は雨にござる
笠間なる佐白のつつじ山は
開きたる花の雨に濡れて
さぞや美しかりけり
とぞおもへる

此処に紹介下されたる花々の
色合ひ それぞれに趣ふかくして
しばし見入りたるあかひとなり

つつじ これ つきづきし に通ず

この空にこの花色のつきづきしければしずかに見入れる躑躅 丹人
Posted by Akahito〜友部丹人 at 2007年05月06日 09:20
◆丹人さん、こんばんは。
 笠間のお山の躑躅は見事ですものね〜陶器市の火祭りと
相まってさぞかし大賑わいでしたことでしょう!
今日の雨で躑躅たちは少しホッとしたかもしれませんね。

 花色の違いは今までも嬉く眺めて参りましたが、今年は
花びらの丸いもの細いもの、尖っているもの、ハート型に
窪んでいるものなど、個性があることに気付き更に楽しみが
増えました♪ 
ついつい夢中になってしまい、気付くと蜘蛛の巣だらけです(笑)
Posted by 山桜 at 2007年05月06日 20:08
山躑躅は場所や光の入りぐあいによって、こんなに微妙に色が変わるのですね。
生物はみな個性をあわせ持つということですね(*^^*)
Posted by キミ at 2007年05月07日 14:13
◆キミさん、こちらにもありがとうございます♪
 挿木で増やした栽培種ですと、べたっと同じ色で塗り潰しの
ようになりがちですが、自然種の織り成す色彩の綾は絶妙です!
Posted by 山桜 at 2007年05月08日 10:33
ホンマですね。
コレほどまでに違うとは、ゼンゼン気づきませんでした。
うれしい、驚きです。

小さな虫が、1匹づつ性格が違うように、花のいろ、形だって、一株ごとに微妙に異なるのは、当然ですよね。

私の場合、丁寧に見る(=ほとんどない)、雑に見る(=たまに)、見たつもり(実はほとんどの場合)です。
お恥ずかしい…。

Posted by 普賢のゾウ at 2007年05月08日 14:55
◆普賢のゾウさん、こんばんは。
 好きなものには、自然に目がいってしまうのですよね〜
普賢のゾウさんも、綺麗な女性なら…いかがでしょうか??
(失礼致しました!)

 自然観察かバードウオッチングの本の中で、
「先ず見慣れたスズメの様子を良く観察してみましょう。 
ありふれた鳥とバカにしてはいけません。」
というような記述がありました。 みんな同じ様に見える雀
ですが、よく見ているとなかなか個性豊かで直に個体の識別
さえできるようになります。 

 私はこれを続けている内に白い雀をみつけてビックリしたことが
あります。 文鳥かなにか?と思ってよくよく観察しましたが、
いつも雀を見慣れているので、間違いなく雀のアルビノ種だと判別
することができ、とても嬉しかったですよ!
Posted by 山桜 at 2007年05月09日 19:03
なんでわかるんでしょうか?
流石ですね。

アルビノスズメですか?珍しい。
スズメは大きさ位しか見てませんでした。
私の場合見た目よりも、性格ですか。
近づいても動じない奴はかわいいと思います。
まあ、これはスズメに限ったことではありませんけれど。
一度でいいから、見たいのは白い青大将ですね。
もちろん、目が赤いのを。

Posted by 普賢のゾウ at 2007年05月10日 15:33
◆普賢のゾウさん、こんにちは。
 なんで?と聞かれると困りますが^^; 雀は色が白くても
どう見てもやっぱり雀にしか見えない特徴があるのでした〜

 雀にもジャイアンやスネオやのび太、それにデキスギ君?が
いますよね〜 藤子不二雄は子供の性格を見事に分類してマス。

 アルビノは大体目の色素も抜けて赤い血の色が見えますが、
白蛇に赤い目は確かに畏れ多いような神々しさです!
Posted by 山桜 at 2007年05月11日 13:19
こんにちは。

述語を省略したので、意味が通じませんでしたね。
すみませんでした。

なんで、女好きがわかってしまったのかなあということです。

東京の人なのに、いい”つっこみ”してはりますよ!

Posted by 普賢のゾウ at 2007年05月12日 12:05
◆普賢のゾウさん、こんにちは。
 あ、やはり、そちらのことでしたか〜タハハ(^▽^;)
う〜ん、ちょっと突っ込みにくかったので雀の方ということに
してしまいました〜

>”つっこみ”してはりますよ!

 つっこんで張り手? 相撲取りかと〜(@@;)ノノ
Posted by 山桜 at 2007年05月12日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。