2014年12月22日

朔旦冬至

DVC00383.jpg

平成26年(2014年)12月22日はほぼ19年に一度のおめでたい日とされる「朔旦冬至」。  旧暦の11月1日と冬至が一致する日です。

「冬至」: 太陽の南中高度が最も低く、昼が最も短い日(北半球)

 「朔」: 一日(ついたち) 漢字は月が元に戻るの意

 「旦」: 朝、夜明け   漢字は朝日が昇る象形

 旧暦では冬至が暦の起点(冬至の日を含む新月〜新月前日を11月とする)でしたが、毎年その日を計算して暦を作らねばならなかったので、1日と冬至がピッタリと重なるということは、とてもすっきりとして気持ちがよかったのでしょうね。 数字的にも1が三つ並んでますし^^

 伊勢神宮の式年遷宮が20年に一度なのも、朔旦冬至と関連があるのでは?という説もあるそうです。

 12月の暦をめくり目にした「朔旦冬至」について検索中、以前お世話になっていながら連絡先も分からなくなっていた方のことをふと思い出し気になっていたら、思いがけない出来事から消息が分かって驚きました。 ご縁とは複雑に絡み合っていたかと思うとふっと解けて繋がる・・・不思議なものですね。

 冬至関連の記事も公開し直しました。 下のタグの「冬至」からも飛べます。

 「朔旦冬至」について、「こよみのぺーじ(byかわうそ@暦さん)」の「朔旦冬至」の記事が詳しいです。
http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/201310120.htm


ラベル:夕焼け 冬至
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 祖先からの伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。