2015年02月04日

聖心と清心

CIMG5441.JPG

 先日書きました「丁寧に生きる」の中でノートルダム「清心」学園 の文字をご覧になり、「聖心」の誤りでは? と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 東京では、皇后陛下美智子様、第8代国連難民高等弁務官・緒方貞子さん、小説家・曽野綾子さんなどの卒業された「聖心」女子大に馴染みがありますので、私も「あら?」と思いました。

 各大学のHPなどを読みますと、

「聖心」は、イエス・キリストの「愛の心」
「清心」は、聖母マリアの「清き心」

 を示す言葉のようです。

「聖なる」を意味する'sacred'は、「犠牲・いけにえ」を意味する’sacrifice'からの派生語だったと思います。 人々の罪を背負い身を捧げられたイエス・キリストの心こそが「聖なる」ものとされるのでしょうか。 「聖心」にはイエス・キリストの心臓そのものを示す意もあるそうです。

 「犠牲」という日本語は重苦しい言葉ですが、「無償の愛」と置き換えることができましょうか。 「無償の愛」はマリア様の「清き心」にもつながるような・・・。 すみません、幼い頃に日曜学校に通い、イエス様降誕の劇などをした思い出はありますが、カトリック信者ではないので、想像で書きました。 誤りがあれば、ご教示戴けると助かります。

<写真はクリスマス・ローズ・ニゲラ 白洲正子さん命名の別名「初雪おこし」>


posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になること思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もキリスト教徒であはりません。あまりしりませんが、一時期、旧約聖書にはゾッコンでした。キリスト教に改宗しようかとも思ったほどです。でも・・・・人間の歴史、キリスト教の歴史、宗教の歴史も血みどろで・・・・曽野綾子さんや、美智子妃殿下、緒方貞子氏みたいな信念も与えてくれますのにね。
Posted by 山口ももり at 2015年02月06日 08:23
◆ももりさんへ

 旧約聖書も古事記も次から次へと名前が沢山出てきて、それを頭に入れるのは最初の関門です。 聖書は和訳の難解さがまた次の関門で、却って英訳の方が分かりやすいのでは?と思う程。子供向けに訳された聖書物語が好きです。

 いつの世も時の為政者が国を治める為に宗教を都合よく解釈して利用するから血みどろを招いてしまう。 本来は人々を救う教えである筈なのに・・・。
Posted by 山桜 at 2015年02月06日 18:05
さくらん、こちらにはお久しぶりにお邪魔いたしますっ<(_ _)>
何度も拙ブログにはコメントを賜りながらも
なかなか丁寧に(さくらんの話題のように。。。)
さくらんのブログに訪問する心の準備が整わず
しばらくの間ご無沙汰しておりました(*'ω'*)

さかのぼって今日、拝見しましたとデス(^^)/
お写真はピカピカしているし、やっぱり
さくらんの視点、ならではの記事で
嬉しくなってしまいました。
まとめて拝読しましたので、沢山拝読できて読みごたえ満載!でした(って植物などの詳細はわからないけれど。。。)

どちらにコメントを書こうか考えて、最新!に
決めました(*'ω'*)
またお時間あるときに、「らしい」記事を拝読しにきまっすo(⌒▽⌒)o
これからもどうぞゆる〜りとよろしくお願い申し上げます<(_ _)>
寒くなったり暖かくなったり。。。どうぞお身体をご自愛下さいね♪
Posted by やゆよ at 2015年02月26日 17:00
◆やゆよんへ

 おおっ、久しぶりにブログを更新したら、やゆよんのコメントが…先に気づかずにいてごめんなさい!

 書き出したらリズムに乗れるかな〜と思いきや、なかなかそうもならず、また書ける時に書きだめ〜みたいになっちゃってます。 いろいろ大変なのに遡ってまで読んでくれて、コメントまで頂戴し本当にありがとね〜^^

 こちらは初夏のような陽気かと思えば、氷雨が降ったり寒風吹きすさんだりで、毎日何を着たらいいのか迷う… 明日は林業女子?の見習いに行くの((ワクワク))…で、目下、どの軍手にしようか〜革の作業手袋がいいかな〜ゆるみが無い方がいいかな〜とか、全然女子度の高くない選択で悩んでいます。
Posted by 山桜 at 2015年02月27日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。