2015年03月28日

高尾山・琵琶滝コース等(3月下旬)

高尾山グリーン・クリーン作戦の下見で、琵琶滝→2号路→3号路→紅葉台(昼食)→高尾山頂→1号路→高尾山口 を歩きました。

高尾山は本当に植物の宝庫で、日毎に次から次へ姿を変えるので、とてもとても一度にはご紹介できません。 これから、毎週のように歩いては、皆さんにご報告していけたらと思います。

今を盛りとあちらこちらに群落を作り斜面を淡青紫色に染めていたのは、
CIMG6353.JPG
    タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科
 ハート型の葉、托葉のギザギザの切れ込みが特徴

花は目立たないものの、渋好みの凛とした風格を漂わせているのは、
DVC00655 (320x240).jpg
   エンレイソウ(延齢草) ユリ科
DVC00656 (320x240).jpg
 花弁に見えるのは萼片。 花色は、緑〜紫褐色など。 白花は別種。 薬草・有毒植物。 身は甘酸っぱく食用となります。

沢沿いの湿潤地などで、楚々とした白い花を開き始めたのは、
DVC00662 (240x320).jpg
DVC00664 (240x320).jpg
 ニリンソウ(二輪草) キンポウゲ科
花色は白〜ピンク色を帯びるものまで。 二輪草の名を持つが、咲き始めは一輪で、よく見れば花柄の付け根に次の蕾が見えます。 最初の花が次の花が咲くまでもてば、名前の通り二輪の揃い咲きとなります。

琵琶滝の横の雫が滴るような岩にしがみつく様に生えていたのは、
CIMG6352 (320x240).jpg
  マメヅタ(豆蔦)
ツタの名を持ちますが、ウラボシ科のシダ植物です。
丸い栄養葉と細長いヘラのような胞子葉を持ち、蔦のように岩を這い上がります。
(写真の縦横がオカシイのですが、直せません…何故?)

切れ目の入った変わった葉、ほんのり赤味のさす白花のスミレは、
DVC00666 (240x320).jpg
  エイザンスミレ(叡山菫) スミレ科
花色は白花からピンクを帯びたものまで個体差があります。
下は我が家に種が飛んで来て増えてしまった狭山丘陵のエイザンスミレです。
CIMG6323 (320x240).jpg

柔らかな細長いハート型の葉、花も細面のスミレは、
DVC00673 (320x240).jpg
DVC00671 (320x240).jpg
 ナガバノスミレサイシン(長葉菫細辛) スミレ科

町の路脇に咲くカタバミよりも柔らかな雰囲気の
DVC00672 (320x240).jpg
  ミヤマカタバミ(深山片喰・酢漿草) カタバミ科

みつけると、思わずわ〜っと声をあげてしまう可憐な青い花々は、
DVC00675 (320x240).jpg
 ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科
園芸種のワスレナグサの仲間です。 咲き進むとピンク色に退色して青とピンクが混ざって咲くのも素敵です。

小さなガーベラのような花には、何故か勇ましい名前の
DVC00680 (240x320).jpg
 センボンヤリ(千本槍) キク科
 秋に咲く長く伸びた管状花だけの閉鎖花の方が槍らしい気がします。
 花弁の裏が赤紫色なので、紫タンポポの別名があります。
DVC00909.JPG
(写真の向きが直らなくてすみません)

DVC00681 (320x240).jpg
  キブシ(木五倍子) キブシ科
 名はタンニンを含む実をヌルデの五倍子(フシ)の代用とした為。 五倍子は黒色の染料となり、むかしはお歯黒(鉄漿)にも用いました。

DVC00682 (320x240).jpg
ヨゴレネコノメ(汚猫の目) ユキノシタ科
 先日も紹介したネコノメの仲間です。 科は違いますが、何処かエーデルワイス(キク科ウスユキソウ属)的な雰囲気もありませんか?

何故だかなかなか正面を見せてくれない恥ずかしがり屋の
DVC00684 (240x320).jpg
ミミガタテンナンショウ(耳型天南星) サトイモ科
 マムシグサに似ていますが、仏炎苞の下部の左右が耳のように張り出しているのが特徴。 花が咲き出す頃には、このように葉が完全に展開していません。 花が咲く前の芽は、細長いタケノコの様な姿です。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エーデルワイスねえ・・・・いいなあ!!!スイスへ行きたい。岩陰に咲くアルペンブルーメ


 雪はきえねど 春はきざしぬ
・・・・・わすれてまず。♪♪♪



 山で歌ったたくさんのいい歌・・・あ・あ・あ・・・若いって素晴らしい!!!
Posted by 山口ももり at 2015年05月14日 09:19
◆ももりさんへ
 
私は、♪エ〜デルワ〜イス エ〜デルワイス という外国の歌しか知りませんでしたが、こちらの法政大山岳部歌の歌詞も素敵ですね〜

 雪は消えねど 春はきざしぬ
 風はなごみて 日は暖かし
 氷河のほとりを 滑りて行けば
 岩陰に咲く アルペンブルーメ
 紫匂う都を後に
 山に憧れ 若人の群れ

これは「春」の歌詞で、夏秋冬もそれぞれウットリでした。

このような歌で山に誘われた人も沢山いらしたのでしょうね。 今の歌の詞にはそういう力が宿っているでしょうか・・・

「歌う山歩きの会」なんて企画もいいかもしれませんね。
反対にお客様に歌を教わって歩くことになりそうです♪
Posted by 山桜 at 2015年05月14日 15:16
風はなごみて 日は暖かし
 氷河のほとりを 滑りて行けば・・・・お・お・お・・・そうでした!!!
Posted by 山口ももり at 2015年05月16日 07:50
 今日、整形外科に行って診察を待っている間に、偶々見た「72時間ふらりと都会の山へ」と言う番組で、高尾山がたっぷり映っていました。そこに集まる沢山の老若男女…。まるで都会のオアシスの様ですね-☆
 山桜さんもお怪我をされたのですね? 膝をパックリ!なんて痛々しくてお気の毒。 もう傷は癒えましたでしょうか? 打撲?の痛みはしばらく続くと思いますが、どうかお大事になさって下さいね。
Posted by メダカの目 at 2015年06月05日 17:59
◆ももりさんへ

 懐かしい歌詞を思い出して戴けたようで、嬉しいです♪

 昔は山で歌を口ずさんで歩いたものでしたが、最近は耳にしません。

♪や〜まの子は山の子は、う〜たがす〜きだよ〜

なんて、マイナー旋律の暗めの曲が不思議と思い出されます。
Posted by 山桜 at 2015年06月08日 17:51
◆メダカの目さんへ

 高尾山は、ミシュランのガイドブックに載ってから、外国の方々も増えて、大賑わいとなりました。 それで少し潤ったお蔭か、高尾山口の駅舎も隈研吾デザインの木材をふんだんに使ったの素敵なものに変わりました。 駅に降り立つと、木の香りに包まれて幸せです。http://kkaa.co.jp/works/on-going/keio-takaosanguchi-station/

 表側からの頂上へのルートが7路、裏高尾からのルートもあり、其々を色々と組み合わせると何通りにも楽しめます。 暖帯林と温帯林の境にあたるので、1600種もの多様な植物に会うことも出来ますよ^^

 これから四季折々、高尾の魅力もご紹介していきたいと思います!

 膝を怪我して1か月、先生のお許しを得てお稽古再開していますが、長く正座をしていることも出来ず、情けないです。 
Posted by 山桜 at 2015年06月08日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418849618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック