2015年03月29日

石老山(702.8m)ハイキング

石老山(せきろうざん)は、その名の通り、巨岩奇岩が次々と現れる山で、その中腹の顕鏡寺*には「花子とアン」で脚光を浴びた柳原白蓮が長男の香織と共に眠るお墓がありました。 そっと手を合わせたお墓の傍には大きな鬼胡桃の木が聳えていました。 お二人で仰ぎ見ながら四季の移ろいを楽しまれているのではないでしょうか。
DVC00599 (320x240).jpg
コロンと転がりそうな形の岩には数本のか細い「つっかえ棒?」
何か意味がありそうな?

DVC00600 (240x320).jpg
FIT(Forest Instructer Tokyo)の大先輩方との初めてのハイキング、新人は教えを伺いメモを取るのが精一杯で写真を撮る余裕は殆どなく・・・後ろからパチリと失礼しました。
DVC00601 (240x320).jpg
山頂でお昼のひと時
DVC00602 (320x240).jpg
山頂からの眺め(丹沢山塊)

*石老山顕鏡寺
 平安時代・仁寿元年(851年)に源海法師により創建。 真言宗の古刹。
 寺縁起「平安の頃、高貴な身分の若君と姫君が恋に落ち、
     都を捨ててこの地に身を置き子をもうけた。
     その子が成長し、僧となって源海と号した。」
 源海法師住居跡と伝わる「道志の岩窟岩(福一満虚空蔵尊が安置)」を中心に奇岩怪石が連なり、蛇木杉などの大樹がうっそうと生い茂り荘厳な雰囲気。

*「相模湖観光協会HPより 石老山」
http://www.sagamiko.info/%E6%AD%A9%E3%81%8F/post_11/


何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 




posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。