2007年05月17日

瓜め〜ら

 5月に入り、続々と瓜め等が活動を始めております。
? 1808.jpg? 1807.jpg? 1805.jpg
05-01 雑草メロン発芽    05-11 雑草メロン本葉    05-11 カラスウリ
                                        塊根より伸芽中


? 1806.jpg? 1809.jpg? 1804.jpg
05-11 黄カラスウリ      05-11 ゴーヤ発芽      05-11 カボチャ三兄弟
     塊根より伸芽中


 N県の瓜亀仙人こと酒徒善人さんがお師匠さまに分けて戴いた種を
わたくしにまで分けて下さった、貴重な生き残り「雑草メロン」の種が
発芽、目下順調?に生育中です。

 『雑草メロン』 「国立歴史民俗博物館」HPより
http://www.rekihaku.ac.jp/kodomo/5/tayori88.html

 カラスウリは、花が咲いた!実がなった!と浮かれていたら、あっと
いう間に庭中に広がってしまったので、塊根を見つけ次第ポリポットに
隔離中です。 ツルが伸び出してあちこち絡みつく前にになんとかせねば!
また、ツルが接地するとそこから根を伸ばして塊根を形成増殖するので、
大変なことになります。 知ってはいましたがこれほどの繁殖力とは…
正直唖然呆然愕然( ̄口 ̄;))

 こぼれ種から生えてきたゴーヤとカボチャも元気一杯です。
カボチャ三兄弟は、次男の一人勝ちです。 やはり次男はどこの世界でも
たくましい…。 シマッタ、ヒョウタンの種を蒔き忘れていました!
今からでも間に合うかしら?


banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん


posted by 山桜 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 園芸・庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんな元気いっぱいですね。
今、こちらは夕立〜ゴロゴロが来ていますが、植物には命の水とマイナスイオンですね。

うちでも、蒔き忘れの種を蒔かなくちゃ!!
場所が問題ですが・・・。

大根をおろのいて、もったいないのでまた植えてみました?!
Posted by YUKI at 2007年05月19日 16:29
◆YUKIさん、こんにちは!
 こちらも朝から大雨がザザーッと来たり、パーッと日が
差し込んだり、変なお天気ですよ。 緑にはいいですが、
花びらが薄い花たちには、ちょっと気の毒なような…

>大根をおろのいて

 「おろのいて」ってどういう意味ですか?
土地の言葉でしょうか? 何だかいい響きですね〜♪
Posted by 山桜 at 2007年05月19日 16:59
おろのくって
確か信州の方言で
「間引く」とか
「手を抜く」って意味だったかと…

間引き大根の葉っぱとか美味しいですよね〜

にしても最初タイトルの「瓜」を
「つめ」と読んでしまって
全然意味のわからんかった小生って…(- -;
Posted by 幽黙 at 2007年05月19日 20:06
おろのく、おろのき・・・というのは、全国共通語かと思ってました?
普通に辞書検索すると出てこないんですね。
こちらでは、大根や菜っ葉など、種をたくさん蒔いて生えてきた芽や苗を間引くことを言います。
大根だと4〜5個の種を蒔くので、一番成長がよいものを残して、あとをおろのきます。
おろのいた大根は柔らかくておいしく食べられます。

◎ここで「おろのく」の解説がありました。
http://members.stvnet.home.ne.jp/kubookada-h/kotohata.html
「おろぬく」
漢字では「疎抜く」。「おろのく」ともいう。
大根の種を蒔き、芽が10センチ位まで伸びたところでおろのいた”おろのきだいこん”は、みそ汁の実や浅漬けにすると美味です。
おろぬく:多くの中から、間を隔てて抜き取る。まびく。うろぬく。また、より出す。取りのける。”間引く” (広辞苑)

今、大辞泉を見たら同じようなことが書かれてました。
Posted by YUKI at 2007年05月19日 20:39
良いですね〜(^-^)
私も、色々と育ててみたいです♪
最近、歳もあるのでしょうが、
特に思いますね(^^;
Posted by じゅんぺい at 2007年05月20日 03:40
◆幽黙さん、こんにちは!
 おおっ、さすが幽黙さん何でも良く知ってらっしゃる〜♪
ありがとうございます! とすれば、「おろのく」は
私の得意技ってことに…(苦笑)

 プリメーラってスペイン語で最上級の、でしたっけ?
確かそんな名前の車もありましたよね? 
何となく思い浮かんで適当なタイトルをつけてしまいました。
紛らわしくてごめんなさ〜い^^;

 「爪に爪なし瓜に爪あり」って、小学校の時の先生のお顔と言葉を
思い出しましたよ〜懐かしいなぁ…
Posted by 山桜 at 2007年05月20日 12:37
◆YUKIさん、こんにちは!
 辞典もちゃんと調べずにすみませんでした!
手元の国語辞典には「おろぬき(疎抜き)」で載っていました。
「うろ抜き」からの変化とも。 

 そうすると「ウロ覚え」のウロは「疎」だったのかしら? 
今まで「虚」とか「空」だとばかり思ってましたが、漢字が使われる
ことが無いので不思議だったのです。 何となくそちらの語源も
分かったようでスッキリ致しました! ありがとうございました〜^^
Posted by 山桜 at 2007年05月20日 12:49
◆じゅんぺいさん、こんにちは!
 趣味の園芸・畑は、もう一度やりだしたら止められない程
楽しいですよ〜♪ やはり人間は土に触れて暮らさなければ
いけないなぁと思います。 色々溜まったものも土が受けて
それこそ「アース」してくれるようですよ^^v
Posted by 山桜 at 2007年05月20日 12:52
ミステリーサークルのカボチャ三兄弟ですね。
三人とも元気に育って欲しいですよね〜。

 瓜め等が 花だし蔓を のばしけり
Posted by 青い流れ星 at 2007年05月22日 16:12
ブログに雑草メロンを紹介戴き有難うございます。
我が家の雑草メロンも順調に本葉を展開させています。
師匠も同じ“雑草仲間”が増えて喜んで下さっていることと思いますよ!
Posted by 酒徒善人 at 2007年05月22日 18:14
◆青い流れ星さん
 ああ、ごめんなさい! 長男と三男はすっかり次男の陰でモヤシに
なってしまい、涙をのんで「おろのいて」しまいました…
今は二人の力も受け継いで次男が三人分大きく育ってマス!
Posted by 山桜 at 2007年05月22日 20:28
◆酒徒善人さん、おかえりなさい!
 暖かい日が続くとグンと元気になりますね!
先日近所のワンコに踏まれて凹んでましたが、流石に雑草!
へこたれずに起き上がってました☆⌒(*^∇゜)v
お師匠さまにもどうぞ宜しくお伝え下さいませ!
 
Posted by 山桜 at 2007年05月22日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。