2015年09月10日

裏高尾・秋の花ハイキング

 夏の終わり〜秋の花々を探して裏高尾・日影沢からのハイキングの下見・リハーサルの記録です。 春の花々に比べると控えめで、注意深く探さないと見過ごしてしまうこともありますが、それだけに探し当てた時の嬉しさはまた格別でした。 

センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科センニンソウ属 
P9030406 (440x293).jpg
センニンソウはクレマチスの仲間で、花後にできる種の白い毛を仙人の髭にに見立てたのでしょうか。 良く似たボタンヅルは葉が牡丹に似て三出複葉に切れ込みがあることで区別できます。

P9030429 (220x147).jpgP9030440 (210x140).jpg 
フジカンゾウ(藤甘草)マメ科 の花と種 
ヌスビトハギ(盗人萩)と似ていますが、花も種も大きく、葉の形が異なります。
フジカンゾウは写真には写っていませんが甘草に似た羽状複葉、

P9030409 (220x147).jpg
ヌスビトハギ(盗人萩)は三出複葉
 
P9030417 (440x293).jpg
オオヤマハコベ?(大山繁縷)ナデシコ科ハコベ属
スパナ型の中裂した花弁、花弁より長い萼片、花弁より長い雄蕊が特徴だが、ルーペの力を借りねば確認は難しい。(10倍撮影を拡大表示)

P9030430 (210x140).jpgP9030433 (210x140).jpg
ガンクビソウ(雁首草)とオオガンクビソウ キク科ヤブタバコ属
筒状花だけで目立たない仲間だが良く見ると面白い形をしていて、オオガンクビソウはガクも含めて見ると、夏の花の女王「ヒマワリ」のようにも見える。

P9030422 (373x560).jpg
ヤマホトトギス(山杜鵑)ユリ科ホトトギス属
ホトトギスとの違いは、葉の斑がまばらで目立たない、花は長い柄の先に散房状、花びらが反り返る(花びらの付け根がスプーン状に凹む) ヤマジノホトトギスは奥多摩ではよく見るが、高尾山では見られないそうだ。(未確認)

P9030423 (440x293).jpg
マツカゼソウ(松風草) ミカン科マツカゼソウ属
日本に自生する唯一のミカン科草本  独特の香りを放ち、外来ハーブのヘンルーダ(コモンルー、ルー)と似た雰囲気

P9030442 (440x293).jpg
ノブキ キク科
くっつき虫のタネには気付くが、小さな白い花は見過ごされることが多い。 しかし、その咲いていく過程ごとの姿は実に美しく、今年好きになった花の一つ。 

P9030496 (210x140).jpgP9030444 (210x140).jpg
ヤマトフキバッタ?          ハエカビに寄生されたバッタ
ハエカビに寄生され、身体の節を菌糸で縁取られたバッタを見て、思わず「きれい!」と魅入ってしまった私は変人でしょうか・・・『キモチワルイ』の先入観ナシでミンクのコートを羽織った貴婦人のようにも見えませんか?

P9030491 (210x140).jpgP9030448 (210x140).jpg
ジャコウソウ(麝香草)シソ科 キツリフネ黄釣舟 ツリフネソウ科

P9100629 (210x140).jpgP9100631 (210x140).jpg
ツリフネソウ(釣舟草) ツリフネソウ科
黄釣舟も釣舟草も園芸種のホウセンカやインパチェンスの仲間で、熟した実の莢に触れるとパン!とはじけて種を飛ばします。 インパチェンス(Impatiens)は、本来ツリフネソウ属のラテン名で、我慢できない、堪え性が無い、短気などの意味だそうで、英名では”touch-me-not"=「さわらないで」とも呼び、どちらも熟した種に触れると弾けて飛んでしまうことによります。

(編集中・・・)

〔下見9月3日、リハーサル9月10日 本番9月17日雨天中止〕
<コース>JR高尾駅北口・小仏行きバス乗車〜日影バス停下車〜林道入口(カツラ広場)〜 一丁平)〜高尾山頂 〜一億円トイレ〜5号路〜稲荷山コース〜京王高尾駅
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばらくご無沙汰しています間にたくさんアップされてましたのですね。最近、あまりパソコンに向かわなくなりました。相棒の病気もありますが、どうもおっくうです。私にも親しいお花もいくつかありました。野草って・・・・しみじみと大好きにです。若いころは攻撃的なひまわりとか好きでしたけど・・・・今はひっそりとさく、水ひきそうとかゲンノショウコとかツユクサとかカタバミとか・・・田舎に住みたいなあ!!!
Posted by 山口ももり at 2015年12月03日 09:24
◆ももりさん、こんばんは。

 やりたいこと、好きなように、自由に出来る夢〜♪

 私も今になってやっと、やりたいことを何とか色々と出来るようになりました。 いつからでも遅いってことはありませんし、出来る時にしなけらば、いつか・・・は来ないかもしれませんし^^

 日本の原風景が守られている山里は、東京近郊にもまだまだ沢山あって、いくら歩いても飽きることがありません。 ももりあんが東京へ来られてご案内できる日を楽しみにしています。
Posted by 山桜 at 2015年12月03日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック