2016年06月25日

長野県川上村「自然村」にて

千曲川の源流にほど近い長野県南佐久郡川上村にある武蔵野市立「自然の村」へ行って来ました。
海抜1,447m、昼でもかなりの涼しさ、夜はフリース着用でした。

 荷物を運び入れ、早速バンガローの掃除を始めると、足元に点々と黒いものが…
P6251694 (210x140).jpg
なんと、ヤマネの糞! なのだそうです。 まだ生々しい雰囲気です。 ということは、夜中に天井からカワイイ2つの目が光るかも??
 
 こちらの光はヤマネの目ならぬ、空缶で作ったロウソク缶テラの照らすキャンプファイヤーへ誘う道
P6251697 (210x140).jpg

 団のキャンプではアルコールは一切口にしないが、この宵は、美味しいお酒をご馳走になり、夜間の見守りもなく、ぐっすり朝まで眠り早々に目が覚め、イソイソと散歩に出ました。(ということで、ヤマネとの対面はありませんでした、残念。)

 🎵山の朝の空には〜白い雲が小さく〜流れて消える〜 
見上げた空はどこまでも青く澄んだ冷気が頬に心地よく、思わず口ずさんでしまいます。

P6261702 (207x310).jpg P6261700 (207x310).jpg
静かな朝のファイヤー・サークルとそれを見下ろす「屋根岩」

儀式の焚火跡の輪の上に白い岩肌が天に向かって聳え立ち、ココだけ見ていたら、ネイティブ・アメリカンでも飛び出してきそうな風景です。 白い岩肌は花崗岩で出来ているそうなので、植物が生えにくいのでしょう。

さて、自然村内には、どんな植物は生えているのかな・・・
P6261704 (207x310).jpg
白樺(シラカバ)カバノキ科カバノキ属 幹に残る「へ」の字の枝痕

P6261705 (207x310).jpgP6261706 (220x147).jpg
落葉松・唐松(カラマツ)マツ科カラマツ属 実生幼木 短枝の束生葉と枝先長枝の螺旋状につく葉

P6261733 (210x140).jpg P6261711 (210x140).jpg
赤松(アカマツ)マツ科マツ属   米栂(コメツガ)マツ科ツガ属

P6261713 (210x140).jpg P6261715 (210x140).jpg
葉柄が短い羽団扇楓(ハウチワカエデ) 葉柄が殆ど無い水楢(ミズナラ)

白樺、岳樺(ダケカンバ)、水楢、と来れば、橅(ブナ)も生えていそうなものですが、私の見た範囲では見られませんでした。 ブナは特に土壌に左右されずに成長出来る筈ですが、標高が1,500m近いので厳しいのかもしれません。 代わりに目立ったのは、酸性土壌を好む、ツツジ科の面々・・・

P6261712 (210x140).jpg P6261737 (210x140).jpg
レンゲツツジの葉              アズマシャクナゲの葉

P6261738 (440x293).jpg
蓮華躑躅(レンゲツツジ)ツツジ科ツツジ属

P6261736 (440x293).jpg
東石楠花(アズマシャクナゲ)ツツジ科ツツジ属
・葉先に腺突起なし、細長い楕円形で基部は葉柄に沿って細く流れる

P6261752 (440x293).jpg
白山石楠花(ハクサンシャクナゲ)ツツジ科ツツジ属
・丸い葉先に腺突起あり、やや幅広な楕円形で基部は浅く湾入

この他にも、ツツジ科の 捻木(ネジキ)が多く見られました。

P6261718 (210x140).jpg
三手楓(ミツデカエデ)ムクロジ科カエデ属

午前のプログラムで村内の森を散策
P6261749 (207x310).jpg P6261742 (207x310).jpg
今にも這い出しそうな足のある木   エゾハルゼミ?の抜け殻

ダケカンバの巨樹などを見上げて回り、展望台からの眺め
P6261754 (440x293).jpg

P6261746 (210x140).jpg P6261747 (210x140).jpg
深山木天蓼(ミヤママタタビ)  深山桜(ミヤマザクラ)?の実
・花期に葉が赤味を帯びた白色になる

P6261727 (187x280).jpg P6261728 (187x280).jpg
深山飯子菜(ミヤマママコナ)ゴマノハグサ科ママコナ属
・ミヤマママコナは唇弁の2つの隆起が黄色、ママコナは白とのことだが、この個体は白かった。

P6261763 (207x310).jpgP6261764 (220x147).jpg
ウダイカンバ?の幹   ウダイカンバ?の葉の付根の湾入

 今回は、指導者講習会のスタッフとしての参加で、自由時間はこの朝の散歩位、観察は余りできませんでした。 このエリアもご多分に漏れず「鹿の被害」が多く、保護の為の「シカ避けネット」に囲まれていました。 ツツジ科植物が多いのも、酸性土壌と言う条件プラス「毒性アリ」で鹿の食害を受けないことも大きいと思われます。 反対に、ネジキと良く混生する「リョウブ」が少ないのは、シカが好む所為かもしれません。

 秋に「キノコ研修」で再訪する予定ですので、引き続きの観察が楽しみです。


posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青少年活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439659418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック