2016年08月26日

オオトリノフンダマシ

長年自然観察が大好きで色々なものを見て来ましたが、こちらは、この日初めて遭遇した奇妙生物です。  まるでカマキリかカエルの頭のようなこれは、いったい何者? 
P8262536 (440x293).jpg

更に近づいて見てみると、顔のように見える所が腹でその上に頭、そして前の方に脚を伸ばして重ねているクモの仲間でした。 
P8263114 (373x560).jpg
オオトリノフンダマシ♀(コガネグモ科)10mm程 ♂2mm程

このジェル状にヌラッとした感じで鳥の糞に擬態しているとか。 鳥の糞に似ているかなぁ・・・どちらかと言えば、大きな目で威嚇しているタイプに見えます。 ケロロ軍曹に出てくるクルル曹長にも似てて(笑)あんまり怖く見えないのですけどね。 今度見かけたら、突っついて是非とも動いている所を見てみたいです。

やや粗目の横糸に大き目の粘球付きの円網を張って、蛾を専門に捕食するそうです。 粘度の高い球のついた横糸が経糸から外れやすい為、鱗粉のある蛾も一度捕まったらぐるぐる巻き! この粘球の威力を増すため、湿度の高い時に網を張り、その他の時はこの写真のように葉裏でひっそり休んでいます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんな蜘蛛が居るのですね? 始めて見ました@@;ゞ
昔見た映画「E.T.」に出る、イーティーのお顔を連想して仕舞いました^^¥
 クモには、想像もつかない色々な形状や生態を持つ仲間がいますが、こちらも
大変珍しいですね!! 
 怖いもの見たさで、何かを捕食しているところを観察したい気もします^^;
Posted by メダカの目 at 2016年10月17日 13:54
◆メダカの目さんへ

 私も初めて見て、
「こ、これ何ですかっ!?」
と、思わず声を上げて近寄ってしまいました^^;

 トリノフンダマシの仲間は卵嚢も、ぶら下がったボクシングのサンドバッグみたいで面白く、是非とも見てみたいです。

 世の中にはまだまだ知らない見たことも無いような面白いものが溢れているかと思うと、自然観察はやめられませんね♪
Posted by 山桜 at 2016年10月17日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442482083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック