2016年09月24日

きのこ研修(長野)1


(さて、キノコの同定は難しい・・・教えて戴いた記憶を辿りながらこれから順次名前を付けて行きますが、うろ覚え、記憶違いの可能性あり、あくまでも参考にしてください。)

きのこ研修とはいえ、道中の諸々に目が行くのはいつものことで・・・ 
P9242837 (210x140).jpgP9242828 (210x140).jpg
ヤマブドウ  右巨大キャベツ! カボチャが小さく見えます

P9242839 (210x140).jpgP9242840 (210x140).jpg
背丈が高かったので多分シオン?(紫苑)キク科シオン属
の花と蕾

P9242843 (207x310).jpgP9242842 (207x310).jpg
ナギナタコウジュ(薙刀香薷)シソ科ナギナタコウジュ属

P9242847 (210x140).jpgP9242838 (210x140).jpg
ミゾソバ?(溝蕎麦)タデ科イヌタデ属 花色・葉の形が少し異なるような・・・

やっとキノコ登場! と思えば、ハシバミの実に目が移る。
P9242848 (210x140).jpgP9242853 (210x140).jpg
駅前の植込みに発生していたきのこ達  ハシバミ(榛)カバノキ科ハシバミ属 の実

P9242859 (440x293).jpg
ハナイカリ(花碇)リンドウ科ハナイカリ属

P9242855 (210x140).jpgP9242856 (210x140).jpg
ホコリタケ(別名キツネノチャブクロ他)ハラタケ科 〇幼菌のみ可食

P9242906 (207x310).jpgP9242860 (207x310).jpg
コガネニカワタケ シロキクラゲ科 
右△ヤマイグチ イグチ科(カバノキ類樹下・柄ササクレ模様・生食は不可)
 
P9242862 (210x140).jpgP9242861 (210x140).jpg

P9242865 (207x310).jpgP9242864 (207x310).jpg
ハナイグチ(花猪口)ヌメリイグチ科 別名ジコボウ(長野・山梨)(カラマツ林の樹下・粘液に包まれる・傘裏黄色・幼若菌の傘裏に膜)

P9242867 (207x310).jpgP9242869 (207x310).jpg

P9242870 (207x310).jpgP9242871 (207x310).jpg
P9242872 (207x310).jpgP9242863 (207x310).jpg
P9242931 (440x293).jpg
美しくて美味しい◎タマゴタケ テングタケ科

P9242895 (207x310).jpgP9242896 (207x310).jpg
オオツガタケ(大栂茸)フウセンタケ科

P9242875 (210x140).jpgP9242876 (207x310).jpg
カラマツベニハナイグチ(唐松紅花猪口)イグチ科

P9242881 (210x140).jpgP9242883 (210x140).jpg
◎クリタケ モエギタケ科 倒木・切株(傘周辺淡色で被膜残す・多数束生)
Xニガクリタケ モエギタケ科 枯幹・切株(傘小黄色味に緑青色を帯びて不気味)

P9242890 (210x140).jpgP9242878 (210x140).jpg
◎クリフウセンタケ(ニセアブラシメジ)フウセンタケ科 広葉樹下でしばしば群生(湿気で粘性・クモの巣膜)
右〇ズキンタケ(頭巾茸)
(茹でても歯ごたえ・色合い残りマリネや汁物向き)

白いきのこは森の中でとても目立つけれど、毒性の強いものが多いので要注意!
P9242880 (207x310).jpgP9242882 (207x310).jpg
左XXXドクツルタケ テングタケ科 猛毒の”死の天使”
(傘中高の平開・軸ササクレ模様・膜質ツバ・根元球形壺あり)
右 ?
     
P9242885 (207x310).jpgP9242886 (207x310).jpg

P9242888 (210x140).jpgP9242889 (210x140).jpg
クロカワ イボタケ科

この子達を見るとメルヘンの世界に嵌って、ついつい撮りまくってしまいます。
P9242891 (207x310).jpgP9242892 (207x310).jpg
P9242897 (207x310).jpgP9242901 (207x310).jpg
P9242900 (207x310).jpgP9242902 (207x310).jpg
ベニテングタケ(紅天狗茸) テングタケ科
食べられはしなのに、これほど愛されるキノコも他にないですね。

スッポンタケ(鼈茸)スッポンタケ科 卵のような幼菌は柔らかな弾力あり、切って中を見てみると・・・
P9242953 (210x140).jpg
P9242958 (210x140).jpgP9242959 (210x140).jpg

こちらは(主に)美味しい茸たち、豊作です!
P9242903 (373x560).jpg
P9242945 (440x293).jpg

P9242949 (440x293).jpg
左 ◎アカヤマドリ(タケ) イグチ科
右◎アカジコウ? イグチ科

P9242915 (207x310).jpgP9242914 (207x310).jpg
◎ヤマドリタケモドキ イグチ科
西洋で好まれる ポルチーニ(伊)、セップ(仏)の近縁種

P9242907 (207x310).jpgP9253015 (207x310).jpg〇△カラカサタケ(唐傘茸) ハラタケ科
(傘は開くと20cm程にもなり弾力あり握っても元に戻るのでニギリタケの別名・生食不可)

P9242908 (210x140).jpgP9242909 (210x140).jpg
カヤタケ キシメジ科
◎△ホテイシメジ(布袋占地) ヌメリガサ科
(カラマツ林内など・時に菌輪も・酒と一緒に食すと酷い二日酔い)

 さぁ、収穫したきのこ達を並べて本日のおさらい! う〜ん、幾つ憶えられたかなぁ?
P9242912 (210x140).jpgP9242913 (210x140).jpg

P9242918 (207x310).jpgP9242929 (207x310).jpg

P9242920 (210x140).jpgP9242930 (210x140).jpg

P9242932 (207x310).jpgP9242933 (207x310).jpg

P9242935 (207x310).jpgP9242936 (207x310).jpg

P9242938 (207x310).jpgP9242960 (207x310).jpg

P9242940 (207x310).jpgP9242941 (207x310).jpg

P9242954 (210x140).jpgP9242952 (210x140).jpg

きのこ名人の先生のカゴの中
P9242961 (373x560).jpg
採ってきたキノコは食べられるように始末するのがなかなか大変です。 上の先生のカゴの中のように、出来るだけ汚さないように採り、槌や枯葉などを落とし、崩さないように入れ方も考え、そっと持ち帰る気配りが後の仕事を楽にします。

P9242962 (210x140).jpgP9242963 (210x140).jpg
P9242964 (210x140).jpgP9242966 (210x140).jpg
水で洗うと香り・旨味・歯ごたえ等を失うので、お湯を降りかけてきのこをきゅっと引き締めてから汚れを落とします。 この下拵えの作業に一番時間がかかりますが、美味しく戴く為の修行ですね。

P9242968 (210x140).jpgP9242967 (207x310).jpg
竈に火を熾して、お鍋に下ごしらえしたきのこを投入!

P9242970 (440x293).jpg
様々なキノコの旨味が混然一体となって・・・絶品のキノコ鍋!

P9242971 (210x140).jpgP9242972 (210x140).jpg
P9242977 (210x140).jpgP9242978 (210x140).jpg
P9253034 (210x140).jpgP9253035 (210x140).jpg
上左:タマゴタケの特製ドレッシング・マリネ 上右:大人の味・クロカワの炙り焼き
中左:バスク風キノコと卵の炒め物 中右:カラカサタケの柄の炙りは、イカ燻風味
下左:アカヤマドリの断面 スライスしてあぶり焼き
   黄色くとろけてカスタードクリームのように甘くてビックリ!

下の「きのこ」タグをクリックすると、過去ログのきのこ関連のリストが出て来ます。 とんちんかんなのもあるかもしれませんが、お楽しみ頂けたら幸いです。



人気ブログランキング 久しぶりに2017年9月2日より、ブログ・ランキングのバナーを張りを再開しました。 <<クリック>>で応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうですねえ。いいなあ!!!いろいろあったと書いてらしたけど・・・お元気ですか???
Posted by 山口ももり at 2016年10月22日 09:05
◆ももりさんへ

 私自身はもう殆ど全快して元気に山に復帰していたのですが、今度は家人が・・・一つ一つ乗り越えて行くのが生きていくってことなのでしょうね。 

 
Posted by 山桜 at 2016年10月22日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック