2015年07月07日

7月のきのこ(裏高尾)

7月の裏高尾の森の中で出会ったきのこたちです。

タマゴタケ(卵茸)テングタケ科
CIMG7203 (420x560).jpg
DVC00435 (210x280).jpgDVC00434 (210x280).jpgDVC00436 (210x280).jpg
艶めく赤い傘は縁にいくにしたがって淡いオレンジ色に、そこに繊細に並ぶ放射状の美しい条腺、傘の下にはフリルのような鍔、淡い黄色柄にはオレンジ色の波模様、足元には可愛らしい白い卵のような壺、均整のとれたプロポーション、なんという完璧なまでに美しいきのこでしょう! 神様の意匠の素晴らしさに、茫然と言葉を失い見惚れてしまいます。 本当の美しさが拙写真では伝わらないのがもどかしいです。

ああ、その上、毒性を持つきのこの多いテングタケ科でありながら、美味しいとは何事でしょうか・・・美しすぎて勿体ないけれど、その味を試してみたい、いや畏れ多いか。 

DVC00437 (210x280).jpgDVC00441 (210x280).jpg
ヒメスッポンタケ?   クロノボリリュウタケ
DVC00439 (440x330).jpg
倒木からニョキニョキと生えてきた白いきのこ・・・もう少し大きくなるのを見守りましょう。

posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442943216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック