2016年10月26日

富士山初冠雪

 最低気温が10℃以下となった昨日の冷気が残る朝、冬の使者ジョウビタキ(尉鶲)が庭にやって来て、
 ♪ ヒ・ヒ・ヒ、カカカカカ!♪
と高らかに鳴き、その仰いだ空の青さが嬉しくて散歩に出掛ければ、なんと富士山の初冠雪を拝むことが出来ました! きっと良いことが起きる前兆と思いたいです。

まだ頭の上の方だけの冠雪姿は、ベレー帽でも被ったようでちょっと可愛らしい?です。
PA263227 (440x293).jpg

 今年登って来た奥多摩の山々もくっきりと望めました。
PA263240 (440x293).jpg
     大岳山   御前山         御岳山

PA263261 (440x293).jpg
寒い朝は昆虫たちも未だ動きが鈍いので、近寄って撮影しても逃げません。 すばしっこいトンボもこんなに大人しくしていました。 胸の模様が良く見えませんが、アキアカネでしょう。 
posted by 山桜 at 20:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたの身近には自然がいっぱい。そして・・・富士山もいっぱい。いいなあ!!!!田舎育ちのわたしにとって、中京は砂漠・・・ま・あ・あ・・・しょうないか。相棒の車のなくなった分にボウボウと雑草なみに強い植物が茂って、その秋の変身をたのしんでいます。わたし・・・すさみのあるお庭が好き。作りすぎたお庭より雑草だらけが好き。ま・あ・あ・・無精なだけですけど。ホラ、源氏だって荒れはてたお庭からしのんでいくでしょう。
Posted by 山口ももり at 2016年10月29日 08:25
◆ももりさんへ

 私の庭もすっかり野山化しています。 山歩きして靴に付いてきた土を庭で洗い流しますし、山から庭に飛んできた鳥がお土産を落とすので、また色んな植物が生えて来ます。 

 今年はウメモドキの蔓が絡んで赤い実が沢山なりました。 未だに何の木か分からない実生株も育っていて、花が咲くのを楽しみに待っています。 

 ただ、忍び込んでくるのは、源氏の君ではなくて、狸やら梟やらで・・・
Posted by 山桜 at 2016年10月30日 00:47
は・は・は・・・タヌキやフクロウデスッテ???メルヘンやなあ!!!!ウッラヤマジイイッ!!!ウメモドキの蔓が絡んで赤い実が沢山・・・・ますます・・・メルヘン・・・童話が書けそう・・・
Posted by 山口ももり at 2016年11月01日 09:38
◆ももりさんへ

 実際にタヌキやフクロウが忍んでくる気配には、ゾクッとするものがあります。 やはり野生生物の持つ緊張感というものが伝わってくるのでしょうか…。

 初めて庭の木の上でゴロスケホッホ〜を聞いた時は、思わずテレビや家中の灯りを消し、自分の気配も消して耳を澄まし、ドッキドキしながら確かめました。 
Posted by 山桜 at 2016年11月01日 16:15
 日本の首都でありながら、こんなに自然豊かな山里にお住まいなんて、本当に羨ましい限りです^^♪
 つい昨日のことですが、珍しいイシガケチョウがフジバカマの花にひらりと舞い降りて、力なく翅を動かしている様は、加速する秋の深まりを際立たせているかのようでした。
 こちらは散歩の折、猪にしては小さいし、ウリボウにしては斑点が無いと思ってよくよく見ると、大きなネズミ「ヌートリア」でした! 京都の方で繁殖し、最近では全国に広がっているとか?!@@;ゞ
 我が家には、猪、狸、テン、アナグマの来訪がありましたが、ヌートリアまで図に乗って来はしまいかと、心配しています^^;ゞ
 
Posted by メダカの目 at 2016年11月01日 21:02
◆メダカの目さんへ

 首都のイメージの世界は東京都でも23区内まででしょうか^^; それでも皇居をはじめてとして、首都東京は緑の多い都市で、歴史散策+自然観察して歩いてもなかなか面白いです。

 フジバカマのように沢山の花が上向きテーブル状に咲いているのは、正に昆虫のレストランとして生きていく道を選んだ結果とか。

 うわ、ヌートリアもですか! 外国の方を歓迎して招き入れながら、外来種を目の敵にするのはどうなのかとも思いつつ、やっぱりちょっと遠慮して戴きたい気持になります。 
Posted by 山桜 at 2016年11月02日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443148008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック