2016年11月12日

蟷螂の日向ぼこ

DVC00898 (233x310).jpg

 一桁の冬の気温から一気に20度越えの温かさになったこの日、障子に日向ぼこをするカマキリの影が見えた。 

 『もう産卵は済んだのかな?』 
 『それとも産卵の為の英気を養っているのかな?』

 若しかしたら、ただ温まっているだけでなく、ガラスの反射光に餌の虫が寄って来るのを待っているのかもしれない。 だとしたら餌を捉える姿を見たいものと、暫く私も障子越しの太陽でカマキリと一緒に日向ぼっこをしていたが・・・

 『動いた!』

DVC00902 (233x310).jpg

と思った瞬間、カマキリは鎌と脚をグーッと張り出して、気持ちよく背伸びしただけだった。

 明日は一先ずの退院だ。 籠の鳥だった家人が帰って来る。
タグ:カマキリ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご主人様   お大事に・・・寒くなりますから・・・いろいろ心配ごとに出会う・・・年と共に、新しい出会いはつらかったり悲しかったり・・・お健やかにと祈ります。
Posted by 山口ももり at 2016年11月21日 08:49
◆ももりさんへ

 思いもかけないことが次々と起こり、またそれらを何とかして乗り越えて行くのが、生きていくってことなんでしょうね。 哀しみがあってまた歓びがより大きくなるって本当だと思います。 

 今年のお正月は張り切ってスタートしたのに、まさか今こういう状態になるとは…でも、今は一日中一緒にいて良く話し笑い、却って前より仲良く暮らしています。
Posted by 山桜 at 2016年11月23日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443977782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック