2017年03月31日

事がうまくいかない時

事がうまくいかない時は、どこかで歯車が微妙に噛み合わない。 ああ、何だかチグハグしている・・・と感じながら、どうしてなのかその連鎖を止められないで、とうとうここまで来てしまった。

私の手術のタイミングと主人の痛みの始まりのタイミング、どちらか一方だけであれば、違った対応が出来たかもしれない。

私が全ての他事をやめ主人の看護に徹するタイミングの遅れ。 もっと一日でも早くやめてしまい、主人の事だけに専念できていれば、助けられたかもしれない。

これまで看て戴いて来た都心の大学病院から、最初に手術を受けた近くの病院での治療に早く切り替えていれば、助かっていたかもしれない。 何故、あんなに辛い息苦しさを抱えながら遠くまで通い続けてしまったのか。 通院の為の体力をつけようと散歩していたなんて・・・思い出しても可哀想で胸がえぐられる。

一緒に見ようと注文したビデオ6本が届いたのは、入院した翌日。 まだ封も切らぬまま。 入院中にそして退院後の生活の為に思って注文した、ペットボトルの水、ぬれマスク、とろみづけの調整食品、寒天粉、レモン、りんご、オレンジ、焼き立ての美味しいパンを作る為の色々な小麦粉やイーストやレーズン、ふわふわのカステラを焼いて食べて貰う為の木枠、口中保湿剤、乳酸菌処方マウスウオッシュ等々・・・ こんなものが届いたのは、入院後や既に旅立ってしまった日の午後だった。

いやいや、こんなことを幾ら考えて堂々巡りをしていても自分を責めても、最早起きてしまったことを取り消すことも、時を巻き戻すこともできはしない。

これらはみんな、主人が私に残してくれたメッセージ。
「すべきと思ったら躊躇するな。 すぐにやれ。 チャンスを逃すな。」

主人の入院費の精算の帰り、受付で体の不調を相談すると直ぐに急患扱いで診て戴くことができた。 胸が重苦しかったのは精神的なものだけではなく、治療を受けることになった。 主人が助けてくれたのだ。

ああ、今日で一生忘れることの出来ない 2017年 平成二十九年 三月が、終わる。
明日は、四月。 新しい清らかな風に吹かれて、少しでも賢い道を歩み始めよう。
posted by 山桜 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
も・お・お・・・・かんがえなさんな。考えたって・・・どうしようもない。できるだけはやった。私だって無力なんだから・・・人間ってホント力なんかないんです。ま・あ・あ・・・・つらいけど・・・考えなさんな・・よ。
Posted by 山口ももり at 2017年04月07日 19:09
◆ももりさんへ

 いくら考えても仕方のないことだと分かっていても、ふっと「もしもスイッチ」が入ってしまって困ります。

 「何かもっとできたのでは…」と思うのは、そんな卓越した能力がある訳もないのに、自惚れなのでしょう。 いい加減、自分を許さないと前に進めませんね。 
Posted by 山桜 at 2017年04月08日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448693363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック