2017年05月12日

「永遠の別れ−悲しみを癒す智恵の書」

170425_143900 (233x310).jpg

 「人は死なない」を読み返した後、何かきっと今の私を、この耐え難い苦しみから救いだしてくれるような本があるのではないかと探し求め、レビューの評価の中で大切な人を失った深い悲しみの中から救ってくれたとの声の多かった、

精神科医 エリザベル・キューブラー・ロス
死と悲嘆に関する分野の第一人者 デーヴィッド・ケスラー 共著の

「永遠の別れ−悲しみを癒す智恵の書」
 Finding the Meaninig of Grief
Through the Five Stages of Loss

を、4月13日(丁度主人の容態が急変して1ケ月目の夜)から読み始め、涙で文字が追えなくなるので毎日少しずつ読み進め、昨晩感動の内に読み終えました。

 『ああ、私の今の状況は正にこれだ』と思える記述が次々と示されていて、やっと分かってくれる人に出会え嬉しくて。 自分の気持ちを的確に言葉にして説明して貰える、今の状況を肯定して貰えることが、こんなにも安堵を与えてくれるものとは思いませんでした。 本書の内容は、どんな媒体にも引用が許可されていないので詳しく書くことは出来ませんが、

 エリザベスはホスピス運動の提唱者の一人で、「死ぬ瞬間」という書の中で、

「悲嘆の五段階」
 否認⇒怒り⇒取引⇒抑うつ⇒受容  について論じた人です。

 これを読み、自分が今どのような段階にいて、それは多くの人が経験する正常な心の動きであることなどが分かり、ホッとしました。 私は今、ようやく抑うつから受容へ移れるかどうかの辺りに来られたのかなと思いますが、そう思ったそばからまた前の段階に戻ったり進めたり、そういうこともまた、深い「悲嘆」の中にいる者には自然なことなのだそうです。 

 そしてまた「悲嘆」とその過程には、「秘められた素晴らしい治癒力がある」ということも教えられました。

 「悲しみ抜くことそのものに大きな癒す力がある」

 「悲しみ抜くことを自分に許さなかった人は、いつまでたっても悲しみから抜け出すことが出来ず、社会へも上手く適応していけない。」

 「愛する人の喪失を受容し、喪失と共に生きることを学べば、心の傷は自然に癒え、愛する人の死という辛く苦い経験をもった新しい自分に成長し、再び歩き出すことが出来る」

 私は今一人ですので、誰に遠慮することもなく、感情の高ぶるままに泣いたり、見えない主人と声を出して話し笑ったりもしています。 散歩に出る時は、ふいに涙が出てきて止まらなくなっても大丈夫なように、帽子・サングラス・マスクをしています。

 主人とは、退院したらまた手を繋いで散歩してくれる約束でした。 
 「手を繋いでスキップもすると、
  自律神経の調和がとれて、免疫力が上がるんだって!」
というと、
 「よ〜し、やるか!」
と冗談めかして笑っていました。 すっかり子供っぽくなっていたので、案外本当にスキップもしてくれたかもしれません。 ですので散歩に出ると右手はいつも主人が握っていてくれて、耳元で声が聞こえてきて、嬉し涙が出て来てしまうのです。 傍から見たら変な人ですよね。 以前は独り言を言って歩いている人を訝しく思っていましたが、今は親近感が持てています。 

 他の人には見えない人が見え、その人と話せる人もいるのです。

【エリザベス・キューブラー=ロス】
(スイス生まれ 独:Elisabeth Kübler-Ross 1926年7月8日〜2004年8月24日)
『死ぬ瞬間』(1969年)の著者として知られる精神科医。 今日では「死の受容のプロセス」と呼ばれている「キューブラー=ロスモデル」「喪失の五段階」を提唱。 まさに死の間際にある患者とのかかわりや悲哀(Grief)の考察や悲哀を癒す仕事(Grief work)についての先駆的な業績で知られている。

      




posted by 山桜 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・絵本・物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う・うううんん・・・私は、息子の死に対して・・・ちょっとちがうなあ・・・では14日12:00を楽しみに!!!お友達も来ますから楽しい時間にしましょうね。書の話にしたいと思いますよ。
Posted by 山口ももり at 2017年05月13日 08:52
◆ももりさんへ

皆それぞれに立場も年齢も境遇も異なり、哀しみからの立ち直りの過程も様々と思います。 息子さんの奥様(お嫁さん)はどうされていらっしゃいますか。 私よりずっとお若くて、看病等の猶予もなくご主人様を突然亡くされて、どれだけお辛いことかと…。

明日は淋しい話ではなく、書のお話ぴかぴか(新しい)ケロも私もついていけるか心配ですが、普段と違う世界で何が起きるか楽しみにしております揺れるハート
Posted by 山桜 at 2017年05月13日 15:28
さくらん、ぎゅっと濃い内容、なかなかいっぺんには難しく、ここまできたものの。。。
お花が奇麗だった〜(^^)/
っていうのと、あの池。。。やばいね!!(笑)
ってことだけしか今のところ頭に入っていないとデス。。。"(-""-)"ごめんにょ

旦那様の生まれたかったって時代や仕事、わかるわ。一度しかお目にかかっていないけれど
そういう雰囲気醸し出していらっしゃったもん(ほんとだよ)

大阪は今度時間あったら美術館と図書館に行ってみるつもりなんだけれど、その記事よりバラに目がいってしまって。。。

大阪に行くとき、熊本からではなく東京から行くことになったので、今回はどうかわからないけれど、メールしますね(^^)お盆時期になりそうなので、今回じゃなくても秋にも行きます(東京)
Posted by やゆよ at 2017年07月03日 23:59
◆やゆよんへ
 
 地震・台風と続く中、こんなヤヤコシイ?ブログを読んでくれる気持ちになれたのなら、少し体調も回復してきたんだね、よかった〜!

 やはり、あのお池さんは・・・って、書いていたら、これで3回コメントが消えてダメになったんだよ・・・ちょっと怖いかも。 今度あったら直接感じたことをお話してね。

 主人には、今度生まれ変わって来るときには、やりたいこと思い切り出来る健康な身体であって欲しいと願うばかり。 出来れば私も同じ時代に生まれ変わって出会い支えることが出来たら最高なんだけどなぁ(涙)

 今は現実的にやらねばならないことばかり目前にあってシンドイので、やゆよんに会えたら、何というか、もっと大きな時の流れの中での主人や私の役割・使命などについて話せたら嬉しいです。 連絡楽しみに待っています。
Posted by 山桜 at 2017年07月04日 13:07
さくらん、頭痛とかはどう?
そっちが雨酷くなっているころかな。
気を付けて過ごしてね。
お察しのようにかなり元気になって、寝込んだりする日は本当に少なくなったよ。
一歩一歩だけれど、元気になりつつあるのが自分でもわかるくらいだよ(^^)

池は。。。なーんか。。。池はさ
わかんないけれどひょーって思うさ(笑)

日程を改めてご連絡するのでちょっとまっててね。

来世もご一緒だと思うよ。無責任発言でごめんなさいなんだけれどね(笑)こういうのって信じたもの勝ちじゃない?
私たち(教え子たち)はみんな来世で
佐々木先生にまた学ぶって決めてるし。。。。
今生であったのも、過去に会ってるからだって
この年になって改めて思うの。

だから来世でも、あつあつなラブストーリーを聞かせてください(^^)/←君も同じ時代に生まれるのかい(笑)
Posted by やゆよ at 2017年07月04日 19:40
◆やゆよんへ

 昨晩、一時は凄い雨音と雷鳴、竜巻・突風注意報も出て、ちょっと心細くなったけど、大丈夫だったみたい。(外回り未点検だけど) 今回は頭痛より耳鳴りが酷くて、未だツーンとしてるんだ。 低気圧は苦手。

 そちらは被害も沢山出て、地震の後だからお家も心配で怖かったでしょう。 暑くなると片づけも大変だよね。 ご家族みなさま、お疲れが出ませんように。

 深泥池ね、あの時は本当に清々しい思いしか無くて、蛇さんにも会えてビックリしたけど嬉しかったんだよ。 今、その日のブログを見返したけど、確かに凄い所だよね。 妙におどろおどろしく語るのも嫌だけど、大切な場所を汚さない為にも「畏れ」を感じる事は必要だね。

 絶対にこの世のご縁も他生のご縁繋がりだよね。 出会うべくして出会い、今生の身体を脱ぎ捨てた後も一緒に居てくれるけど、生まれ変わりの時期が来たら行ってしまうのかな。 私を迎えに来てくれてからにしてくれないかなぁ
Posted by 山桜 at 2017年07月05日 09:26
痛いの痛いの飛んでいけ〜〜(^^)/それ〜!!☆彡

そちらも雨風酷かったんだね、ほんと恐ろしいって
このことだと思う。
子供の頃だって怖いものがいっぱいあったけれど
若い時になって忘れてしまってるんだろうな。

池はそうだね、畏れを感じる。
その単語は私も書こうかと思ったんだもの。
同じものを感じてると思うな。

それと共に、そこにしかないものが守られている。

そんな感じだよね。

生まれ変わりって色々説あるらしいけれど(ほんとかいな)
それくらいは待っててくれるでしょー(笑)
お墓の前で頼んでおけばいいよね(*^▽^*)←おいおい

だってまた一緒の世界なんだし
闘病はさぞお辛かったと思うのよ。
あの世の世界は何もないけれど、至福の世界だから(私はね)
しばらくは穏やかで安らかに癒されていらっしゃることと勝手に思ってます(^^)/
さくらんの日々奮闘をみて。。。さてさて
泰然自若でいらっしゃることができるのかしらねえ。。。(^◇^)
Posted by やゆよ at 2017年07月05日 19:12
◆やゆよんへ

 ありがとう、今日は耳鳴りもしなくなって大丈夫そうだよ^^

 こっちの雨なんて、何でもないよ・・・今日もまたそちらの方に不穏な線状の雨雲がかかっているのを見て、たまらない気持でいます。 水に恵まれているからこそ生命が育まれているんだけど、調和が壊れて荒れ狂った水の力の恐ろしさに愕然としています。

 生まれ変わりを自分で選べるものなら、待っててくださいってお願いも聞いて貰えるのかな? まぁ、ダメでも片思いでもいいんだ。 相手の事を思えるって幸せなことだよね。 また惚気てしまった、はは。

 そう、どれだけ辛くて、それを笑いで打ち消していたかと思うと、笑っている写真を見ても涙が出てきちゃう。 でも、私やケロを泣かさないための笑顔だったんだから、笑って返さなくちゃね! 宗男さんじゃないけど、
「笑って生きてっど〜〜!!」
てね。
Posted by 山桜 at 2017年07月07日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。