2017年04月15日

八国山の芽吹き時

 一年で里山が最も劇的に美しく変化する、心躍る芽吹きの季節がやって来た。

 新芽が吹いてまだきらきら光る柔らかな葉が展開しきらない頃は、葉の色や質感の個性が様々なので、丁度その頃に咲く山桜の薄紅色と織り成す彩りは例えようもなく美しく、幾ら見ていても飽きることが無い。 この夢のようなひと時をこころゆくまで愉しみたい。

P4134008 (440x293).jpg
P4134009 (440x293).jpg
P4134014 (440x293).jpg
P4134070 (440x293).jpg
P4144022 (373x560).jpg
P4144026 (440x293).jpg
P4144021 (440x293).jpg

 森林インストラクターとあらば、この様々な緑を見てなんの木か分からねば・・・。 さて、幾つか分かるかな? 一番上の白っぽい緑は産毛の多い「コナラ」の木、2番目は「ヤマザクラ」と低木はネジキとか? 3番目の赤味を帯びているのは「イロハカエデ」、4番目の黄土色っぽくて花房が沢山下がっているのは「クヌギ」 クヌギのアップの下は カキノキの若葉と花芽 そして一番下は ケヤキ です。

P4144027 (207x310).jpgP4144029 (207x310).jpg
左:ホウチャクソウ(宝鐸草)ユリ(イヌサフラン)科チゴユリ属         
右:ヤマツツジ(山躑躅)ツツジ科ツツジ属

P4144031 (207x310).jpgP4144043 (207x310).jpg

高圧線の鉄塔下が帯状に伐採されて明るい草地になっていました。 こうして人の手が入り、暗かった林床に光が当たるようになると、今まで眠っていた植物が甦って来ます。 去年まで殆ど限られた場所でしか見られなかったジロボウエンゴサクがものすごい範囲に広がっていて驚きました。

P4144077 (440x293).jpg
P4144036 (373x560).jpg
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)ケシ科キケマン属

きっと最近増えて来たキンランやギンランももっと出て来るのではないかな。

P4144080 (210x140).jpgP4144056 (210x140).jpg
左:クサイチゴ(草苺)バラ科キイチゴ属
右:カラスノエンドウ/ヤハズエンドウ(烏/矢筈豌豆)マメ科ソラマメ属

P4144082 (210x140).jpgP4144061 (207x310).jpg
左:ミツバツチグリ(三葉土栗)バラ科キジムシロ属
右:オオジシバリ(大地縛り)キク科ニガナ属

こんな素敵な季節に一緒に散歩したかったけど、ずっと花粉症でダメだったなぁ  今は何の障害もなくなって、いつも一緒に歩いてくれている。 否応なく・・・いや、きっと興味が湧いてきているに違いない。 専属森林インストラクターと歩いて面白くない訳ないです・・・よね。


posted by 山桜 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。