2017年05月01日

ホオノキっていいなぁ!

「5月になれば、ホオノキの芽が次々と開いて来ていいなぁ」
そうね、薫風に吹かれて、緑の中を歩くのが好きだったでしょう。
さぁ、今日も湖畔を一緒に散歩しましょう。

【ホオノキ(朴の木) モクレン科モクレン属】
P4274381 (440x293).jpg
この薄紅色の薄い花びらのようなものは托葉で、葉が展開すると落ちてしまいます。
この新葉と托葉の色合いの美しさには、どんな意味(目的)があるのかな。

P4274458 (440x293).jpg
ほら、葉っぱが開いたよ、もう直ぐ花が咲くよ〜と知らせているのかもしれません。

托葉が落ちて蕾が見えてきた枝もあります。 油断していると蕾は割合に早く膨らんで…
P4274377 (210x140).jpgP4274378 (210x140).jpg
P4284469 (210x140).jpgP4294492 (210x140).jpg

あっという間に花が開いてしまいます。 ほわっと綻びかけた頃が一番綺麗なのですが、スケッチしていて写真は撮り忘れました。
P4274380 (440x293).jpg

同花受粉を出来るだけ避ける為、開花時に雌蕊が先に熟し、他の花(出来れば別の株の)の花粉を待ち、翌日雄蕊が熟し、次の日には生殖機能を失うという徹底ぶり。 そういえば、花も一斉に咲かずにあちらで一輪、こちらで一輪と言う感じです。 

マグノリア系の良い香り(好き嫌いはありますが)がしますが、余り無理して鼻を近づけて嗅ぐよりは、高い枝先から風に乗って微かに香って来るぐらいが丁度良いように思います。 


ラベル:ホオノキ
posted by 山桜 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。