2017年05月15日

見知らぬ道を帰る

 「さて、ここはどの辺りなんだろう?」

 淀川自然観察をしながら鉄橋も潜って随分歩いて来てしまった。 元の道を戻るのはロスが多いし面白くない。 適当に堤防の上を歩いて道に出られそうな階段を下りると、何だか懐かしい風景に出会った。 隅田川沿いの下町の風情にそっくりだ。 路地からひょっこり江戸弁を喋る元気なおばあさんでも顔を出しそうで、誰か出てこないかなと期待したが、ひっそりと静まり猫一匹出会えず残念。

 どこかでトンネルを潜って向こう側に行かねばならぬので高下線路沿いに歩いていると、今度は神田のガード下を思い出す。 知らない土地での不安の中で、見知った場所を思い浮かべると何処か心が安堵するようだ。 神田やお茶の水辺りもあちこち線路が交差していて賑やかだが、ここはそれ以上にややこしく騒々しい。

 ケロが、
「シジュウカラもメジロの声もしないよ。 
 居るのはカラスとスズメくらい。」
「チュン(スズメのこと)も、なんかここのは汚い気がする」
「電車の音と飛行機の音が煩くて、遮断機の警報音もリズムが早くて慣れるまで落ち着かなかった。」
と、言っていたが、里山の自然の音の中で暮らしていたケロにはこの騒音は辛かったろうと思う。

 「淀川の河川敷には自然がいっぱいだよ」
と教えてあげたけれど、オバサンでなく若い娘が1人で歩くのはやはり危なそうで勧められない。 今度来た時には一緒に歩いてくれるかな? 

 幸い近くのランドマークを覚えていたので、迷わず部屋へ戻ることが出来たが、それよりマンションのセキュリティロックを解除する方が緊張した。 どこもかしこも監視カメラで撮られていて、スムースに操作できないと挙動不審で呼び止められはせぬかとドキドキ。 それだけ安全ということで、親としては安堵したことだった。


posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。