2017年06月05日

ギンリョウソウがモコモコ!

 膝痛改善の注射打ち3/5回目を終わり、今日はどの道を帰ろうかと迷いつつ、どこかにギンランの片鱗でも残ってはいまいかと、またしても地面を嘗め尽くすような怪しげな風体で歩いていると、何やら白いウズラの卵のようなものが大漁にモコモコと地面を持ち上げて・・・まさか、こんな所に?? 

 そのまさかの、ギンリョウソウでした! もうここに住んで20年以上経ちますがみつけたのは初めてです。 今年は、哀しいことも嬉しいことも、初めてのことがなんて多い年でしょう。

【ギンリョウソウ(銀龍草)】
 ツツジ科シャクジョウソウ亜科(旧イチヤクソウ科)
P6055198 (440x293).jpg

P6055199 (373x560).jpg

未だ、頭を出したばかりなので、あの神秘的な青い瞳はわずかにしか覗けませんでした。 どういう訳か、キノコ類(ギンリョウソウはキノコでは無く半寄生植物です)を見れば蹴飛ばして歩く輩がいるので心配ですが、無事に育ったらさぞ見事でしょう。 観察に通う楽しみが増えました。 

 ギンリョウソウは葉緑素を持たず、ベニタケ属の菌類とモノトロポイド菌根を形成し、そこから栄養を得て生活しています。(ベニタケ属菌類に寄生ーベニタケ属菌類と共生する樹木が光合成により作り出す有機物を菌経由で得る)


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて目にしました
Posted by 玉井人ひろた at 2017年06月15日 19:08
◆玉井人ひろたさんへ

 もっと育てば更に神秘的な姿を見せてくれるのですが、今年は雨が少なくて低温が続いてしまい、この群落は、残念なことに成長しないまま茶色く変色してしまいました。
Posted by 山桜 at 2017年06月15日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。