2017年06月06日

青梅丘陵ハイキング

 ハイキングとお蕎麦とお酒が好きな先輩方・仲間が、「蕎麦ハイキング」に誘って励ましてくださいました。 皆さん目が回るようにお忙しい中わざわざ一日空けて下さり、勿体ないことです。 ありがとうございました。

 P6065202 (207x310).jpgP6065203 (207x310).jpg
【ヤマテリハノイバラ】      【ツクバネウツギ】花の落ちた後の萼片

P6065205 (207x310).jpgP6065206 (207x310).jpg
【サルトリイバラ】若い実      【オトコヨウゾメ】若い実

P6065207 (207x310).jpgP6065232 (207x310).jpg
【ヤブコウジ】蕾           【ヒメフウロ】

P6065214 (373x560).jpg
【ウメガサソウ(梅笠草)】

P6065215 (207x310).jpgP6065216 (207x310).jpg
【リョウブ(令部)】 花とそのクローズアップ

P6065217 (207x310).jpgP6065218 (207x310).jpg
【アベマキ】クヌギに似てより優しい感じの葉  コルク質の樹皮

P6065234 (207x310).jpgP6065235 (207x310).jpg
【コバノタツナミ】

P6065229 (440x293).jpg
【ヤブムラサキシキブ】

P6065241 (210x140).jpgP6065242 (210x140).jpg

十割(とわり)蕎麦「谷津」のつき出しと天蒸籠ランチセット
これに小どんぶりのご飯もついて、お蕎麦の量も普通のせいろと変わらずお得なセットです。

P6065243 (210x140).jpg 蒸かしたてほやほやの「へそまん」は写真に撮る前に戴いてしまって看板だけのご紹介です。 子供の頃からこの道を通る時「へそまん」は、父の好物でもあり欠かせませんでした。 主人も可笑しなことが好きな人だったので、ネーミングも柔らかなアンコとふかふかの皮も好きになってくれていました。 一昨年のキャンプの帰りのお土産が最後だったかなぁ また一緒に食べられて良かったです。

 「退院してもっと元気になるから、そしたら山にも一緒に行こうね」
そう言っていた主人の言葉も今は私の内から湧いてくるようになり、段々と本当に一心同体になって来たのかなぁと思います。 今日も一緒に山を歩き、大の蕎麦好きだったのに、喉越しを味合う食し方は出来なくなっていた主人が、私を介して美味しいお蕎麦やお酒を頂くことが出来、喜んでくれたと思います。 

 皆さま、ありがとうございます。 一歩ずつでも元気出して前に進みたいと思います。

何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 




posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。