2017年09月25日

ヤマホオズキ

 見慣れない植物を発見して写真を撮っていたら、
「ヤマホオズキだ! よくみつけたね」
と言われて初めて希少な種であることを知りました。

 図鑑には「多年草」とあるのに、毎年同じところには生えず、ヒョッコリと現れるのだそうで、思わぬところで出会えてラッキーでした。

<撮影 2017-09-25 高尾山>
P9257463 (373x560).jpg

P9257464 (373x560).jpg

【ヤマホオズキ/山酸漿】ナス科ホオズキ属 絶滅危惧IB類 IA類(絶滅の危険性が極めて高い)ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
 分布:関東南部、東海、紀伊半島南部〜九州
 花期:8〜9月 白く花弁の縁に細毛多数
 果実:1.5cmほどの袋状でまばらに刺状突起をもつ。
    中の果実は赤く熟すが袋(萼片)は赤くならない。

 ハイキングの下見で余りじっくり時間をとっての撮影が出来ず心残りでした。 2日後に再訪した時にはみつけられず、狐につままれた気分。 なんでも一期一会の機会を逃すと次は無いことが多いです。 

 次は白い花や赤く熟した果実を見てみたいものです。



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします


posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。