2017年09月03日

カメムシタケ

P9036469 (373x560).jpg
P9036495 (207x310).jpgP9036496 (207x310).jpg
P9036497 (207x310).jpg<2017-09-03二俣尾の森にて>

【カメムシタケ(ミミカキタケ)】 
 カメムシに生えるきのこ(冬虫夏草の一種)

 (写真上)木陰の暗がりで2pほど地上に出ていた(写真左下)橙黄色の子実体(写真中右で拡大)から下を注意深く掘り下げ、そっと寄生されたカメムシ(写真中左で拡大)ごと、フユイチゴの葉の上に置いたところ。

 冬虫夏草の仲間の菌は、生きているうちに経皮的感染、体内で増殖し、寄主を殺す…こうして、生物も植物もきのこの仲間が分解することで森の生態系は循環していきます。



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬虫夏草、未だに見たことがありません。カメムシにも出るんですね
Posted by 玉井人ひろた at 2017年10月04日 08:59
◆玉井人ひろたさんへ

 この日、一人でコース内のポイント待機中で時間があったので、幸運にも丁寧に掘り出すことが出来ました。

 地面から見慣れない小さなきのこが生えていたら、そっと真下を掘ってみてください。 何が出てくるかはお楽しみですが、寄主によって菌が違うのできのこの形も違います。
Posted by 山桜 at 2017年10月05日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]