2017年10月13日

小さな妖精タニタデ

P9157388 (373x560)タニタデ.jpg

P9157292タニタデ (373x560).jpg
 <2017-09-15 撮影>

【タニタデ/谷蓼】アカバナ科ミズタマソウ属
 分布:北海道〜九州 渓流沿いなど
 花期:8〜9月
 花径:3〜4mm

 肉眼では見過ごしてしまいそうな小さな小さな花ですが、拡大してみるとこんなに可愛らしい妖精のような姿をしています。 ふわふわの妖精の頭に見える部分は繊毛を残して種となって丸くなり、水滴をまとうと水玉のように見えます(ミズタマソウ属の命名の由来)。
 
 種名にタデとつきますが、タデ科ではありません。 生えている場所がタデの仲間と同じようなやや湿り気のある場所で赤みを帯びた茎と長く伸びた花序が似ている為なのでしょう。 ミヤマタニタデ(ミズタマソウ属)、ミヤマタニソバ(タデ科)、タニソバ(タデ科)と似たような名前が多いので、インストラクションの時に言い間違えてしまいそうで要注意の花です。



自然観察ランキング


posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さな妖精タニタデ
覚えました。(笑)
Posted by 紀州の流れ星 at 2017年10月15日 15:00
◆紀州の流れ星さんへ

 御地でも咲いていましたでしょうか? 見つけたら教えてくださいね。
Posted by 山桜 at 2017年10月15日 21:06
こちらでも咲いているか注意してみてみます。
Posted by 紀州の流れ星 at 2017年10月16日 21:45
◆紀州の流れ星さんへ

 ありがとうございます。 
 紀州は是非また訪れてみたい憧れの地です。
Posted by 山桜 at 2017年10月17日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。