2017年10月15日

えっ、電線にとまれるの?

 目の前の電線に大きな白い鳥がパタパタと2羽やってきて、電線に止まろうと・・・

P9207385 (440x293).jpg

 いや、その前にプロポーズの同意が得られなかったのか、おそらくメスをオスが追いかけてパタパタともつれながら、どうにも上手くとまれずに長い事もがいていましたが、私がカメラで撮影ている気配も察知してか、諦めて飛んで行ってしまいました。(こんなに長いのだったら動画を撮ればよかったと後悔)

 写真を確認すれば、足先が黄色いようなのでシラサギの中で一番小さな「コサギ」です。 ちなみに白い鷺の他の仲間は、「ダイサギ」「チュウサギ」で、大中小です。 

 「あんな大きな足先で、細い電線に止まることが出来るのかしら?」
と思って、ネット検索してみると、『鷺は電線にとまらない』という伝えもあるものの、現実的には鷺が電線にとまっている写真や動画が幾つも掲載されていました。 

 農薬使用の減少などで田んぼや河川の浄化が進み餌が採りやすくなり生息数が増えつつあるようで、それにつれ高い木のない地域では電線にもとまれる適応力がついたのかもしれません。 (電柱の天辺には以前からよくとまっていました。)

 何はともあれ、通り道の電線上に鷺類が止まっていたら、彼らは魚などを食べて臭い水っぽい大量の糞を落としますので要注意です。 ゆめゆめポカンと口を開けて眺めること無きように!


自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします


ラベル:コサギ 電線
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。“電線マン”無理でしょう、鉄棒に見立てて回転は出来るでしょう。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2017年10月15日 07:08
◆鎌倉とんぼさん、おはようございますわーい(嬉しい顔)

大分、危なっかしいですよね(笑)

雨の中、下見に向かっております。これくらいなら、低山の雨は雨でまた楽しです。
Posted by 山桜 at 2017年10月15日 07:35
こちらでも、今まで見たことが無い場所で
とまっているのをみかけます。やはり住む場所が少なくなってきているのでしょうかね。
電柱の天辺にとまっていたのは見たことがありますよ。
Posted by 紀州の流れ星 at 2017年10月15日 15:15
◆紀州の流れ星さんへ

 大きな木の上の巣や、足元が平らな所にとまっているイメージがありますよね。 そもそも細い枝に留まれるように出来ていないように思うのですが、頑張らねばならない状況なのでしょうか。
Posted by 山桜 at 2017年10月15日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。