2017年11月18日

千代田稲荷大明神・高尾

 嘗ては高尾山の寺社への表参道という蛇滝入口からの登り道の途中、川を渡った先の高齢者ホーム上手に「千代田稲荷大明神」はあります。 

 母の実家が神田明神の氏子なので何かご縁を感じ、以前から気になっていたものの、なかなか参拝の機会なく過ごしていました。 この日も2度前を通りながらお参りできず、残念に思っていたところ、こういうことを「ご縁」というのでしょう…奇跡のようなことが重なって思いがけず3度目の正直で参拝することが出来ました。 そしてこの日は母の誕生日、確かにお招きを受けたことと感じます。

PB148532 (373x560).jpg
参道口の石鳥居の扁額「千代田稲荷大明神」「日の出辨天」

PB148533千代田稲荷略縁起 (460x307).jpg
「千代田稲荷略縁起」 元は太田道灌により千代田城(江戸城・今の皇居)の守護神として祀られ、後に徳川家康により紅葉山(本丸と西丸の間にある高地、江戸城内で最も高い場所)に祀られ、明治維新の時に「信仰厚き女官(滝山)」により紅葉のご縁で紅葉の名所の高尾へ・・・この「滝山」といえば、TVドラマ「大奥」で浅野ゆうこが演じた大奥総取締(御年寄)でしょうか? 遥々この高尾まで来られたこともあるのかしら、と想像が膨らみます。 渋谷の道玄坂にも同じ名前のお稲荷さんがあるそうで、その関係も気になります。

PB148534 (373x560).jpg
鳥居をくぐって石段を登ります。 上の方にもいくつか鳥居が見えます。 一体どれだけ登るのでしょう。

PB148536 (440x293).jpg
見上げると真っ赤な紅葉

PB148544 (373x560).jpg
一つ目の階段を登り終えて、来し方を振り返り、またどんどんと登って・・・

あらら? え、あれれっ?? 
PB148570 (373x560).jpg

PB148558千代田稲荷拝殿跡と本殿 (440x293).jpg
なんと拝殿は、土台だけを遺して跡形もありませんでした。
(帰宅後に調べると、2013年2月11日、賽銭泥棒が賽銭箱にお金がなかった腹いせに放火、全焼してしまったとのこと。 なんと罰当りな…ちゃんと逮捕されているそうですが、灰になってしまった拝殿は本に戻る筈もなく、残念です。)

本殿は残っているようでしたが、何だかあまりお近くで撮影するに忍びなく手を合わせるに留めます。

PB148568 (440x293).jpg
PB148567 (440x293).jpg

PB148559 (207x310).jpgPB148560 (207x310).jpg
狐さんたちは、健気に境内を守ってくれています。
PB148562 (373x560).jpg
PB148561 (373x560).jpg
しなやかに流れるような美しいお姿、そしてとても優しいお顔をされています。 

 奥山に 祠守りて苔狐 紅葉眺めつ 日は落ちて (山桜)

PB148566 (373x560).jpg
小さな石の祠にカワイイ狐さんたちが集って楽しそうでした。

PB148565 (373x560).jpg
お顔が朧げですが、若しかして辨天様?

PB148564 (373x560).jpg
こちらはお不動さまですね。

そろそろ合流する方々の声が聞こえてきたような・・・名残惜しいですが、お暇を申し上げて参道を戻ります。 石段はところどころ浮いているようで、余りにも紅葉が綺麗なのでついつい眺めてしまいますが、油断なりません。
PB148569 (207x310).jpgPB148571 (207x310).jpg

PB148573 (440x293).jpg

PB148574 (373x560).jpg

PB148575 (373x560).jpg

PB148576千代田稲荷参道 (373x560).jpg
PB148578千代田稲荷参道からの紅葉 (373x560).jpg
PB148579 (373x560).jpg
PB148581 (440x293).jpg
PB148582 (373x560).jpg
PB148583 (373x560).jpg
蛇滝から流れ落ちる沢沿いの道、石段も湿っていて滑りそう・・・最後まで気を抜かず、最初の鳥居に戻りつきました。 静かな心地よいお宮さんでした。 季節ごとにまたお参りしたいと思います。


人気ブログランキング 1クリックで応援頂けると、またガンバレます ありがとうございます


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家人の実家は小さな商売をしている関係で、京都伏見稲荷の山頂付近に小さな祠?をお祀りしてきたのですが、もう高齢で伏見参りはできません。商売を続けないとなると、その祠をどう仕舞いするかが課題になってきています。私も何度かお供でお参りしたのですが、たくさんの祠が並んでいたので、どれかと言われても分かりません。
Posted by 酒徒善人 at 2017年11月18日 09:48
◆酒徒善人さんへ
 個人で祀られていらしたお稲荷さんの仕舞い方については、以前、こちらにもおいでの鎌倉とんぼさんのHPの中の掲示板「神様のぶらんこ」で取り上げられていた記憶がありますが、どの祠か分からないとなると、勝手にどれかを仕舞うこともできず困りますね・・・。

 談山神社の裏手のお山の小さな祠も未だに良く思い出します。 何かご縁があるのかもしれません。 また参れる日を楽しみにしております。
Posted by 山桜 at 2017年11月18日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。