2017年11月14日

新四国 高尾山八十八ヶ所巡礼(阿波編)

PB148409 (373x560).jpg
PB148410 (440x293).jpg
高尾山は紅葉の名所、ようやく日当たりのよい場所では色づいて参りました。

PB078361 (207x310).jpgPB078343 (207x310).jpg「新四国高尾山八十八ヶ所の道」「これより阿波の國」の碑 

PB148411 (373x560).jpg
清滝  
 ケーブル清滝駅 と呼びながら、清滝がどこにあるのか知らず仕舞いの方が大勢いらっしゃるようですが、お掃除小僧の裏手にありますので、探してみてください。    

わたくしもこれでいろいろ抱えておりますので、四国八十八ヶ所お遍路に肖りたいと思います。

PB148412 (440x293).jpg
PB148420 (440x293).jpg
清滝の左手に並ぶお大師様 
「高尾山内 八十八大師めぐり」の始まりです。

 実は私は、この赤いお帽子の石像群をずっとお地蔵様だとばかり思っていましたが、以前、FITの先輩に、
「薬王院脇の橅の木は「地蔵ブナ」と呼ばれているけれど、
 ブナの木の前の像はお大師様なのですよ。」
と教えて頂いて、初めてその手に独鈷が握られていることに気が付きました。 お地蔵様であれば、如意宝珠と錫杖です。 なんでもいい加減に見ていると気づかないことだらけです。

PB148413 (440x293).jpg
赤や黄色のもみじ葉は、光を透かして一層鮮やかです。

PB148408ヤツデ (207x310).jpgPB148417ヒイラギ花 (207x310).jpg
白いヤツデの花と若い実、柊の花はいい香り

お大師様の像は台に「第何番霊場 〇〇寺」等と刻まれているのですが、判読不明のこともあり間違いがあるかもしれません。 怪しい部分は、次に高尾山へ参った時に確認いたしましょう。

阿波の國(徳島県)「発心の道場」二十三霊場

<清滝の右手高台 第一番〜第八番>
PB078334 (207x310).jpgPB078335 (207x310).jpg
第一番 霊山寺 リョウゼンジ   第二番 極楽寺 ゴクラクジ

PB078336 (207x310).jpgPB078337 (207x310).jpg
第一番 霊山寺 リョウゼンジ?  第三番 金泉寺 コンセンジ

PB078338 (207x310).jpgPB078339 (207x310).jpg
第四番 大日寺 ダイニチジ    第五番 地蔵寺 ジゾウジ

PB078342 (207x310).jpgPB078340 (207x310).jpg(藪蘭の実)第六番 欠?   第七番 十楽寺 ジュウラクジ  

PB078341 (373x560).jpg
第八番 熊谷寺 クマタニジ

清滝横で第一番〜第八番(第六番は未確認)のお大師様にお参りした後、ケーブル清滝駅の左手沢沿いの6号路を琵琶滝に向かいます。

PB148430モミジバフウ (207x310).jpgPB148423ノコンギク (207x310).jpg
モミジバフウの落ち葉   ノコンギク/野紺菊

PB148440 (440x293).jpg
岩屋大師 嵐の中で病気の母親と子供が難儀していたのをみかねた弘法大師様が手を合わせると、雨風をしのげる洞窟が突然開いたとの伝説があります。 

PB148442琵琶滝 (373x560).jpg
琵琶滝 滝に打たれる水行の場

PB148449 (373x560).jpg
琵琶滝 不動堂  屋根に降り積もっているのは、ムクロジ(無患子)の葉です。 この夏〜秋、沢山の実を拾ってサポニンの造り出す泡の実験をしました。

 6号路から別れる琵琶滝右手からの登りは高尾山でも上級コースとされる、なかなかキツイ道です。 修行をされている方々が「懺悔懺悔、六根清浄」と唱えながら登って行かれる姿を時折見かけます。

 四国の遍路の道に高尾山の立地を当てはめて、お大師様は各々ふさわしい場所に建立されています。 このキツイ登りは、四国でも山中を歩く順路を模しているそうです。 急登の途中の右手に忽然と現れる二本松前の広場に、第九番〜第十六番までのお大師様がいらっしゃいます。

<二本松の広場 第九番〜第十六番>
PB078347 (373x560).jpg
木漏れ日差す、静穏な佇まいです。

PB148450 (207x310).jpgPB148451 (207x310).jpg
第九番 法輪寺 ホウリンジ    第十番 切幡寺 キリハタジ

PB148452 (207x310).jpgPB148453 (207x310).jpg
第十一番 藤井寺 フジイデラ   第十二番 焼山寺 ショウザンジ

PB148454 (207x310).jpgPB148456 (207x310).jpg
第十三番 大日寺 ダイニチジ    第十四番 常楽寺 ジョウラクジ

PB148455 (207x310).jpg
第十五番 国分寺 コクブンジ    第十六番 観音寺 カンオンジ 不明

PB148460ツルギキョウ (207x310).jpgPB148465オオモミジ (207x310).jpg
【ツルギキョウ/蔓桔梗】の赤い実  【オオモミジ/大紅葉】の紅葉

 二本松広場で暫し休息の後、また十一丁目茶屋への道を登る途中、以前の花を紹介した「ツルギキョウ」が幾つも赤い実をつけていました。 「ツルリンドウ」「ツルニンジン」と名前も草姿も似通っているので、分かっていても言い間違えること有り、出会えたらとっても嬉しいのに、インストラクション上の要注意イイマチガエ植物たちです。

<十一丁目茶屋前>
PB148517 (207x310).jpg
第十七番 井戸寺 イドジ

<十一丁目茶屋右高台>
PB148516 (207x310).jpgPB148515 (207x310).jpg
第十八番 恩山寺 オンザンジ     第十九番 立江寺 タツエジ

<蛸杉右>
PB148512 (207x310).jpgPB148514 (207x310).jpg
第二十番 鶴林寺 カクリンジ     第二十一番 太竜寺 タイリュウジ

PB148513 (207x310).jpgPB148511 (207x310).jpg
第二十二番 平等寺 ビョウドウジ (第六十六番 雲辺寺 ウンペンジ)

<神変堂左>
PB148469 (207x310).jpg
第二十三番 薬王寺 ヤクオウジ

 これにて、阿波の國の「発心の道場」二十三か所霊場を回ったことになります。(なぜか第二十二番の横に建立の第六十六番 雲辺寺を除く) 順路通りにもきちんと順番にも並んでない所がありますので、刻まれた文字が判読不能なことも多く時に混乱しますが、それもこれも修行ですね。

 さて、土佐の國「修行の道場」へとお遍路の旅は続きます。


人気ブログランキング 1クリックで応援頂けると、またガンバレます ありがとうございます


posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。綺麗ですねぇ♪高尾山…もう30年以上は行っておりません。少し頑張りますか♬
Posted by 鎌倉とんぼ at 2017年11月19日 07:35
◆鎌倉とんぼさんへ
 今日は折角の素晴らしいお天気なのに、家でやらねばならないことを済ませないと出かけられず、青空を見上げて焦っております。

 高尾山はケーブルカーとリフトがありますので(往復するとちょっとお高いですけれど^^;)、足が痛い方でもひと頑張りで頂上へ行けます。 でも、何も頂上まで行かなくとも十分良いところはありますので、お出かけの際はお声掛けくださいませ^^
Posted by 山桜 at 2017年11月19日 10:17
紅葉がきれいですね。
御寺参りもこころがリフレッシュ出来そうですね。こちらは2日前から寒いです。(笑)
Posted by 紀州の流れ星 at 2017年11月20日 05:46
◆紀州の流れ星さんへ
 お寺には珍しい植物が植えられ、神社には土地に古くから自然に生えていた植物が残っていて、それぞれ参拝の楽しみの一つです♪

 こちらも昨日からぐっと冷え込みました。 今朝も室内で10℃でしたが、未だ暖房入れずいろいろ着込んで(今は軽くて薄くてもとても暖かい素材があるので助かります)過ごしております。 寒いと自然に動くので炬燵猫にならずに済みます^^!
Posted by 山桜 at 2017年11月20日 09:36
お・お・お・・・いいなあ!!!すばらしい!!!
Posted by 山口ももり at 2017年11月20日 09:59
◆ももりさんへ
 良かった〜お元気でしたか! 三頭山からの富士山も素晴らしかったのですよ〜♪

 本当は今頃、大阪のケロのところに居るはずだったのですが、なかなか予定が合わずキャンセルに…年末まで会えそうになくて、残念です。
Posted by 山桜 at 2017年11月20日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。