2017年12月30日

サワガニの哀願

 山からの帰り道、よろよろとサワガニが足元に現れ、なんと頭を下げるじゃありませんか・・・

PC229700サワガニ (440x293).jpg

 「た・す・け・て・・・」
 「ええっ??」
 思わず掌を延ばすと攀じ登って来て、この切ない表情でじっと見詰められ、

PC229701サワガニ (440x293).jpg

 「もう、寒くって、動けないんです」

PC22970334サワガニ (440x293).jpg

 「お願い、沢に戻して・・・」

 手の届くところの水場でそっとはなしてやりましたが、果たしてこの急にやって来た寒さの中で生き残れたでしょうか。 ああ、ホント、みんな一生懸命生きているのね。 
 私も、メゲズニイキマショウ。 ありがとう。


人気ブログランキング
ランキングに参加しています。 1クリック応援、よろしくお願いします


posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サワガニにも“こころ”があるんでしょうねぇ。昨日はガレージに屋根に止まったカラスを目が合ってしまって、しばらく目を見てました(笑)
Posted by 鎌倉とんぼ at 2017年12月31日 07:32
サワガニ…水の冷たさは大丈夫なの?
Posted by ケロ at 2017年12月31日 07:41
◆鎌倉とんぼさんへ
 カニがこんなに切ない表情を見せるとは思いませんでした。 昔の人はこういう様子を見て、猿蟹合戦などというお話を伝えたのかもしれませんね。

 カラスも小首をかしげてスキップしていたりすると可愛いものです^^
Posted by 山桜 at 2017年12月31日 13:36
◆ケロへ
 いきなり水の中ではなくて、水辺にそっと放したよ。 ケロは冬も毎日のように泳いでいたから分かると思うけど、寒い時は水の中の方が温かかったでしょ? この日は地上は氷が張る寒さだったから、水温の方がマシだったのではないかな。 安全な場所でうまく冬眠できたかなぁ
Posted by 山桜 at 2017年12月31日 13:44
 あらま〜ぁ、本当に なんて切ない表情なんでしょう??
彼らの言葉が解らないだけで、その時々の気持ちは溢れるほどにあるのかも知れませんね?
 きっとカニは、人を見る目があるのかも?。^;ゞ 山桜さんに出逢えて良かった(^^♪  温かくなったら、どうか無事に顔を出してほしいものですね^^¥ 
Posted by メダカの目 at 2018年01月03日 14:11
◆メダカの目さんへ
 丁度ムクノキの実を拾おうと屈んだ時にカニさんがヨロヨロと・・・。
 先日の神田駿河台の一口稲荷の大椋の木繋がりのご縁のようにも思えます。
 春になって元気にぶくぶく泡を吹いている様子を夢見ております。
Posted by 山桜 at 2018年01月04日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。