2018年01月31日

スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン?

P1310315月食 (210x158).jpgP1310323月食 (210x158).jpg
 22:31             22:57

スーパー・ムーン:地球に月が最接近して大きく見える満月
ブルー・ムーン:ひと月の内に2度見える満月(注)
ブラッド・ムーン:月食で赤く見える満月

今晩はこの3つが重なった、
  スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン 
35年ぶりの現象でした。
 
 ケロの住む地域では曇って見えないというので、また次は2037年まで見られないというので、三脚もない望遠レンズも無し、コンパクト・デジカメで慌てて撮って一応記録として残しておきました。 目がウルウルして来ますよね。 ごめんなさい・・・(´;ω;`)

(注)<2018-02-04追記>
「ひと月に満月が2回巡ること。その2回目とは限定されない」
という記載は誤りであることが確認されているとのことですが、今でも恐らく分かりやすいので使われる定義の一つとなっています。

「一季節(二分二至=春分・秋分・夏至・冬至)で区切られた春夏秋冬の各3ヶ月間)に満月が4回起こるとき、その3回目の満月」
 こちらが本来の「ブルームーン」の定義なので、これによると今回はブルームーンではないことになります。 月の周期約28日とひと月の日数(28〜31日)のずれから閏年(旧暦では閏月)のように生じます。

 日本人は「青」に、爽やか清らかさなど良いイメージを抱いていますが、主に西洋では「青」は憂鬱で不吉なイメージがあり、ブルームーンは「不吉な前兆」とされてきました。 ところが現代では「ブルームーンを見ると幸せになれる」と言われているとか・・・ なんでも気の持ち様ということでしょうか。 

 私はお月様の光が大好きなので、月光浴を満喫しました。(流石に寒かったですけど・・・)


人気ブログランキング
寒い中、ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 
若しお気に召して、バナーを1クリック、
拙ブログにご投票いただけましたら幸いです。


ラベル:月食
posted by 山桜 at 23:22| Comment(7) | 気象・天文・暦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜そういう意味なのね!
本当に赤いね〜、肉眼で見たかったなぁ。
さっき再度空を見てみたけど、ボケたシラスみたいな月しか見えなかった…(;;)
Posted by ケロ at 2018年01月31日 23:51
私としたことが風邪気味でうつらうつらしていて皆既蝕を見逃してしまいました!曇っていたけど荻窪でもよく見えたようです。
Posted by くさや at 2018年02月01日 00:00
綺麗ですね、ありがとうございました。鎌倉ではシッカリ見えました。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2018年02月01日 09:49
◆ケロへ
 シラスみたいな月?でもその晩に夜空を見られてよかったね。

 ブルームーンのこの説は、誤報が出回ってしまった結果で本来の意味とは違ってるんだって。 今日はもう疲れてしまったので、また今度ね。

 真っ赤な大きな月は、ケロとスイミングへ行く車の中から見たあの時のが一番だよねぇ・・・あれほど大きな月は未だに見たことが無いよ。 
Posted by 山桜 at 2018年02月01日 22:34
◆くさやさんへ
 なんと、くさやさんは絶対に見ていると思ってました。 ただ風邪気味には辛い寒さでしたから、無理しなくてよかったかも。

 自然塾の天文好きの方々の素晴らしすぎる写真を今日見せて頂き、自分のブレブレ写真が恥ずかしい(。。;)息も止めて台の上に固定してシャッター切ったんですけど、無理でした・・・。
Posted by 山桜 at 2018年02月01日 22:38
◆鎌倉とんぼさんへ
 予報よりお天気の崩れが遅くて、綺麗に見られラッキーでしたね。 反対に今日は予報より崩れが早くて、冷たい雨に打たれてちょっと消耗しました。 今日は早く休みます。 おやすみなさいませ。
Posted by 山桜 at 2018年02月01日 22:41
◆ケロへ
 「ブルー・ムーン」の本来の定義を追記しておいたよ。 疲れてない時に読んでみてね。 
Posted by 山桜 at 2018年02月04日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。