2018年02月13日

残雪の景信・堂所・明王峠・陣馬高原下

 「雪を踏みしめて歩く景信山ハイキング」本番は、下見からの1週間でかなり雪が溶けていましたが、踏み固められた雪がカリカリに凍った部分もまだまだ足が沈むほどの雪の残る所もあり、初めて軽アイゼンを付けて歩かれる方にも良い練習になりました。 足元の不安が無くなり、快適に歩けることを実感して頂けたと思います。 本番は休憩時くらいしか撮影できませんので、数枚ですがご紹介します。

P2130599富士山fr景信山 (440x330).jpg
景信山山頂休憩所からの富士山

P2130600 (440x330).jpg
富士山左(西丹沢)大室山  加入道山

P2130603富士山fr明王峠 (440x330).jpg
明王峠からの富士山 富士山に雲の帽子が・・・

P2130604ウグイスカグラ (443x590).jpg
【ウグイスカグラ/鶯神楽】スイカズラ科スイカズラ属
 先週よりすこ〜し伸びて膨らんだかな? 

P2130606景信山ハイク (210x280).jpgP2130612景信山ハイク (210x280).jpg
下見後の降雪もなく雪が溶け土の部分が増えていました。 日本海側の大雪を少し分けて貰えたら・・・

P2130611ツクバネ (210x280).jpgP2130615ツクバネ (210x280).jpg
【ツクバネ/衝羽根】ビャクダン科ツクバネ属
下見では気付かなかったツクバネの実が沢山ぶら下がっていました。 先月の大楢峠からの尾根道では見つけられなかったので、ここで出会えてラッキー! 急いで撮ったのでピンボケやら羽が欠けているやら・・・でも嬉しかったです。

やはり今日もアイゼンを外して林道に出てからの道が一番滑って気が抜けませんでした。 いっそスケーティングでと滑りたくなるくらいなツルツル箇所も。 気が張ってカラカラになった喉には・・・
P2130614山下屋 (210x158).jpgP2130613山下屋 (210x280).jpg
ビールが染みわたって美味しいこと! この為に今日歩いてきたようなものですね〜 ウドの天ぷら、きのこ炒めなどのアテも美味しかったです。 (山下屋さんはご主人お一人で切り盛りされているので、大勢で入店の時はバスの時間もありますし、お蕎麦を頂くのはなかなか難しいようです。)

12月〜2月の冬のハイキングもお陰様で無事に終わり、3月は春の妖精たちに出会えるのが楽しみです。


人気ブログランキング
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 
楽しんでいただけましたら、バナーを1クリック、
拙ブログにご投票賜れれば幸いです。


posted by 山桜 at 23:20| Comment(10) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羨ましいッ♪ビールxウドの天ぷら、きのこ炒めな♫ ウグイスカグラ…イイですねぇ。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2018年02月14日 09:02
◆鎌倉とんぼさんへ
 運動の後のこの冷た〜い一杯、こたえられません☆ 山のタラノメはまだ固かったですが、室からウドが出荷され始めましたし蕗の薹の天ぷらも楽しみですヽ(´▽`)ノ♪
Posted by 山桜 at 2018年02月14日 10:04
 光と影のコントラストが美しい山肌ですね-☆彡
積雪量の多い所が何日も溶けないと固くなり、滑らないように用心して歩くのは、筋肉痛になりそう!!
 喉も体も、どれ程潤ったことでしょう^^ こちらは一ヵ月ほど前に蕗の薹が出て、一足早い春の訪れを味わいましたが、それにしても今年の春は まだまだ遠い感じ…。そんな中、鶯神楽の蕾はけなげですね〜^^♪
Posted by メダカの目 at 2018年02月14日 18:14
あらっ、今さくらんのpcへメールしてこちらに遊びにきたら。。。
雪山に行っていらっしゃったのね〜(*^▽^*)わあお
ご無事で何よりです。
雪を踏みしめて登る。。。すってんころりん
しなかったのかな、とにかく足腰鍛えないと
これは厳しいね!!

空気も澄んでいて山の雄大なこと!!
こうしてよい部分だけをお写真で拝見できて
眼福です(^人^)
あったかくして過ごしてちょ〜

メールは長文すぎました、意味もなく。。。
ごめんにょ(*^^*)
Posted by やゆよ at 2018年02月14日 21:19
 もうすぐまた早春の花の季節ですね。昨年は日影沢ではハナネコノメを見られたのですが、小下沢では場所がわからず見つけられませんでした。どのあたりで見られるのでしょう?
Posted by くさや at 2018年02月14日 22:19
◆メダカの目さんへ
 トレッキングシューズだけで凍結箇所もある雪道を歩いたら、筋肉も神経もくたくたになってしまいますが、軽アイゼンなどを装着すればそんな気苦労から解放されて快適な雪歩きが出来ます。 ただ、どこで付けるか外すかが判断の分かれ目で、舗装路に出て外した後は緊張の連続でした。 ちょっと位滑っても転ばない体幹のできた80代〜30代の参加者の方々、頼もしかったです。
Posted by 山桜 at 2018年02月15日 13:49
◆やゆよんへ
 こういうのは「雪山」とは言えず、低山に残雪ありって状態かな。 普段山歩きをされている体力があって、軽アイゼンを装着すれば楽しく安全に楽しめるのよ。 それでもやはり危険なイメージがあって、「雪があるのに独りで山に行ってはダメ」とご家族に言われて参加されたという方もいらしたよ。
 寧ろ、雪が溶けてまた凍ったりしている所が危ないので、要注意。 ほら、私はキョロキョロ余所見が得意だから、一番気をつけなきゃなの・・・。
 富士山は不死身のお山、拝み仰ぐだけできっと力を頂けるから、何度でも見に来てね。 山桜は富士山とご縁が深いので、思い入れも一入、何度でも神々しいお姿ご紹介しちゃいます。
 こちらから先にお便りしなきゃだったのに、遅くなってしまってごめんなさい(。。;)長文大歓迎!と〜っても嬉しいです。 ありがとう♪
Posted by 山桜 at 2018年02月15日 14:25
◆くさやさんへ
 あんまりこういう所に書くのは良くないかな・・・そんなに見る人も居ないかな? くさやさんが読み終わったら、削除するかもしれません。(と言うことで一部削除します)ハナネコノメが咲く頃には、未だ足元に群生しているニリンソウの蕾が出るか出ないかの頃なので、くさやさんは勿論大丈夫と思いますが、気付かずに踏み荒らす人が居るので、余り言いたくないのです。
 日影沢は随分有名になって開花の時期には人がいっぱいで順番待ち状態ですが、他にも咲いている場所はありますので、自分だけの場所を見つけて歩くのも楽しいですね^^
Posted by 山桜 at 2018年02月15日 14:35
ありがとうございます。大体イメージできました。
Posted by くさや at 2018年02月15日 22:44
◆くさやさんへ
 その斜面を登るときに注意深く沢をご覧になれば必ず見つかると思います。 お楽しみください。
 
Posted by 山桜 at 2018年02月16日 10:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。