2018年03月31日

スミレたち/高尾山

<2018-03-31 高尾山>

 「スミレの山」とも呼ばれる程沢山の種類のスミレが咲く高尾山のスミレたちも目覚め始めています。
一番早咲きなのが、沢沿い等で見られる
P3312039アオイスミレ (440x330).jpg
【アオイスミレ/葵菫】

高尾山でみつけられたヒカゲスミレの変種、その名も
P3312059タカオスミレ (443x590).jpg
【タカオスミレ/高尾菫】

最も普通に見られて花付き良く、地下茎で増え大群落ともなるのは、
P3312273タチツボスミレ (443x590).jpg
【タチツボスミレ/立坪菫】

P3312047アカフタチツボスミレ (443x590).jpg
【アカフタチツボスミレ/赤斑立坪菫】
葉脈に赤い斑が入るタチツボスミレ

P3312079ナガバノスミレサイシン (443x590).jpg
【ナガバノスミレサイシン/長葉菫細辛】
高尾山ではタチツボスミレと並んで沢山みられ、花色も白〜薄紫の濃淡と個体差があって楽しい

P3312121ヒナスミレ (440x330).jpg
【ヒナスミレ/雛スミレ】
 花弁の端と距の部分が薄ピンク色の可愛らしいスミレ
 葉脈が白っぽく、葉裏が紫を帯びることが多い

P3312143オカスミレ? (210x280).jpgP3312144オカスミレ? (210x280).jpg
【オカスミレ?/丘菫】
 先輩の同定です。
 私には図鑑と見比べても未だ判断がつきません
(図鑑の花弁は丸いタイプでしたが、細いものもあるそうです)

P3312287マルバスミレ (443x590).jpg
【マルバスミレ/丸葉菫】
 白にほんのりピンクが差した上品なスミレ

これからも続々と咲き始めるのが楽しみです。 それぞれのスミレについては追って書く予定です。 そんな予定ばかりでちっともですが・・・。


人気ブログランキングに登録しています。 1クリックの応援を頂ければ幸いです。


posted by 山桜 at 23:48| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スミレがこんなに沢山の種類があるとは知りませんでした。
Posted by 紀州の流れ星 at 2018年04月05日 07:06
◆紀州の流れ星さんへ
 日本には基本種が約60種、いろいろな品種を含めると220種のスミレがあるそうですよ〜芽
Posted by 山桜 at 2018年04月05日 14:42
我が家にもいたるところにタチツボスミレが咲いています
Posted by 玉井人ひろた at 2018年04月06日 09:13
◆玉井人ひろたさんへ
 タチツボスミレは沢山花を付けて大群落になって見ごたえがありますね。 
Posted by 山桜 at 2018年04月06日 23:15
以前、高尾山には20種類ものスミレが自生している…と何処かで聞いたような気がして驚いていましたが、そんなものではありませんね? 200種類もあるスミレの中で、1割も!と思っていましたが、きっともっと割合は高いかも?(^^♪
 
Posted by メダカの目 at 2018年04月19日 16:25
◆メダカの目さんへ
 以前メダカの目さんにお目にかかった時に「菫色の瞳の君」と申し上げたことがありました。 いまでも「スミレ」を見れば飛翔さん(当時のHN)・・・と思い出します。
 高尾山には全部で何種類あるかは、分類する先生によっても微妙に違うようです。 その内15種類は普通の人でもみつけられると思いますが、咲く時期が少しずつ違うので、毎週のように通わないと全部を見るのは難しいのです。 今年こそと思っていたのですが・・・
Posted by 山桜 at 2018年04月19日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。