2018年04月06日

鶴脚・馬頭刈山〜玄庵ハイク・後半

 馬頭刈山でゆったり休んだ後、来た道をモミジイチゴ群落の所まで戻って、泉沢・和田向バス停方面へ下る。
P3291922 (210x158).jpg
<2018-03-29>
P3292009ミツバツツジ (210x280).jpgP3292019ナガバノスミレサイシン (210x280).jpg
【ミツバツツジ】ツツジ科  【ナガバノスミレサイシン】スミレ科
 ミツバツツジは葉の展開前に花を咲かせる。 ナガバノスミレサイシンも一番花の頃の葉はまだ開ききっていないことが多い。

<2018-03-29>         <2018-04-06>
P3292017 (210x280).jpgP4062497ヤマルリソウ (210x280).jpg
【ヤマルリソウ/山瑠璃草】ムラサキ科
 29日の下見時には固い蕾だったヤマルリソウが、その名の通り可愛い瑠璃色の花を開いていた。

<2018-03-29>
P3292016ニリンソウ (210x158).jpgP3292014ニリンソウ (210x280).jpg

<2018-04-06>
P4062499ニリンソウ (440x330).jpg
P4062500ニリンソウ (440x330).jpg
【ニリンソウ/二輪草】キンポウゲ科イチリンソウ属
 見渡す限りに広がる見事な群生地。 上の一週間前の様子にくらべると、花数がぐんと増えているし、花びらの開き方も異なる。 咲き始めの花びらは丸く、開ききったものは先が尖っていた。

<2018-03-29>
P3292012アズマイチゲ (210x280).jpgP3292011アズマイチゲ (210x158).jpg
【アズマイチゲ/東一華】キンポウゲ科イチリンソウ属
 下見では最後の蕾と花が見られたが、本番では葉しか残っておらず残念。

P3291942ヤマエンゴサク (210x280).jpgP3291943アオイスミレ (210x280).jpg
【ヤマエンゴサク/山延胡索】  【アオイスミレ/葵菫】
 ニリンソウの群落に混じって、アズマイチゲの他にもヤマエンゴサク、アオイスミレが咲いていた。 これらの花たちは、やや湿り気のある場所がお好み。 かといって日が当たらないと花は咲かない。 気に入った場所では大群落となるが、そうでない場所では見つけるのは難しい。

 ここから泉沢沿いの舗装路に出る。

P3292023アブラチャン (210x280).jpgP3291956コクサギ (210x280).jpg
【アブラチャン】クスノキ科  【コクサギ】ミカン科
<2018-04-06>
P4062503ミツバツツジ (443x590).jpg
【ミツバツツジ/三葉躑躅】新緑に映える満開のミツバツツジ

P4062505 (440x330).jpg
【新緑と山桜の淡い彩に覆われた山】

P4062506イタヤカエデ (440x330).jpg
【イタヤカエデの新緑と花】ムクロジ科カエデ属

<2018-03-29>
P3291957 (210x158).jpgP3291962 (210x158).jpg
P3291959 (210x280).jpgP3291960滝 (210x280).jpg
P3291965 (210x158).jpgP3291966アオキ (210x158).jpg
P3291967滝 (210x280).jpgP3291968 (210x280).jpg
P3291961 (210x280).jpgP3291963 (210x280).jpg
【泉沢(いざわ)の多彩な流れと滝】

P3291969貴布祢伊龍神社 (210x280).jpgP3291972貴布祢伊龍神社 (210x158).jpg
【貴布祢伊龍神社】泉沢の清冽な流れは、正に水神様竜神様系の貴船神社の流れ

P3291982キブシ (210x280).jpgP3291983コスミレ (210x158).jpg
【キブシ/木五倍子】キブシ科  【コスミレ/小菫】スミレ科

P3291984 (440x330).jpg
【下見時、数輪咲き始めの桜】

<2108-04-06>
P4062507センボンヤリ (210x280).jpgP4062508センボンヤリ (210x280).jpg
【センボンヤリ/千本槍】キク科
 花の頃は可愛らしいが、実った後はズンズンと槍を伸ばして千本槍状態になる。

<2018-03-29>
P3291985 (210x280).jpgP3291989ケヤキ (210x280).jpg
【秋川渓谷】泉沢の水も流れ込み滔々と春色の谷を流れる。
【ケヤキの芽吹き】橋の袂で29日に見た時は同定できず、6日の本番で見たら葉が展開しており、なんのことはない「あ、ケヤキだ!」。 改めて幹をみれば成程ケヤキだった・・・ああ「看脚下」!

P3291997玄庵 (210x280).jpgP3291994ワサビ (210x158).jpg
P3291987玄庵 (210x158).jpgP3291996玄庵 (210x158).jpg
P4062509玄庵 (440x330).jpg
【玄庵の佇まいとお蕎麦】玄庵のHP こんもり茂った緑はワサビの葉(29日)6日には刈り取られていたのでご主人に伺うと、
「ああ〜誰か持って行ったんでしょう・・・」
こんな美しい里を訪れる中にも不届き者が居るのが情けない。

P3292001和田向バス停トイレ (158x210).jpgP3291998和田向バス停土産店 (210x158).jpg
【和田向バス停のトイレ、土産店】
 綺麗なトイレ、そして地元の名産品、手作りの品、山菜や山野草なども売っていてバスを待つ間も楽しめる。

<2018-04-06>
P4062514瀬音の湯 (443x590).jpg
【瀬音の湯へ渡る橋】
 最後は瀬音の湯にゆったりと浸り、手足を伸ばしビールで乾杯! 

 山、蕎麦、温泉、お酒・・・どれもこれも大好きだった主人と一緒に、これからも体力が続く限り楽しみたい。


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 23:32| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなあ!!!うらやましいです。私もちょこまかとはであるいていますけど・・・足が達者な間にウーンといってください。新緑に、山桜、ミツバツツジ…農家のお庭の草花・・・春ってホントうれしいですねえ。
Posted by 山口ももり at 2018年04月16日 08:57
◆ももりさんへ
 お蔭様で大好きな山歩きで元気を回復できています。 寂しい別れも春で救われました。 春は毎日どんどん変化していくので、家にじっとしてたらもったいないですね♪
Posted by 山桜 at 2018年04月16日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。