2018年04月17日

微睡む父の見る夢は

posted by 山桜 at 12:20| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 やさしいお気持ちが伝わり合い、切ないけれど幸せな時間だと想います。
お父上様の夢には、可愛らしい山桜さんのお姿がきっとお傍に-☆彡   同様に釣り好きだった父の闘病生活の頃を思い出しました。あれからもうもう11年になります。
Posted by メダカの目 at 2018年04月18日 09:26
◆メダカの目さんへ
 主人を見送ってからちょうど一年一か月後にまた父を看取るとは思いもしませんでした。 最愛の、そして恐らくは、私の事も最も大切に思ってくれていた筈の二人を続けて失ってしまい、力なく茫然としていました。 
 メダカの目さんのお父様が天に昇りお月様となられてから11年も過ぎたのですね・・・あれから、月明かりを浴びる度にメダカの目さんのことを思い出しています。 家の父は何になって見守ってくれるのでしょう。 未だ手のぬくもりがのこっています。
Posted by 山桜 at 2018年04月19日 16:33
亡き私の父も釣りが好きでした。
Posted by 玉井人ひろた at 2018年04月19日 20:45
◆玉井人ひろたさんへ
 釣り上げた直後の魚の美しい色合いを思い出します。 父は川ではオイカワ(ヤマベ)、海では鯛釣りが好きでした。 もう2度と父が釣って料理した魚の美味しさは味わえないのですね・・・。父が釣った無数のお魚たちにも 合掌
Posted by 山桜 at 2018年04月20日 09:36
 お父様が亡くなられたのですね。ご冥福をお祈りいたします。
 19年前に亡くなった私の父と同級生ということですから86歳で旅立たれたのですね。
 そういえば最近、やはり同級生の寺門歯科の先生も亡くなられました。
Posted by くさや at 2018年04月24日 20:52
◆くさやさんへ
 お父様が亡くなられてから、もう19年も経ったのですね・・・お祭りの半被に足袋で駆け回られていた元気なお姿を思い出します。 寺門先生にも随分お世話になりました。 
 父は、長生きすると友達が居なくなって、向こうの方が賑やかだと言っていましたので、旧友との再会を喜び合っているかもしれません。 キカンボの父はくさやさんのお祖母さまに「遊んではいけない子」と言われていたんだと話していましたが、あちらではきっと肩組んで仲良く遊べますね。 そうであって欲しいです。 合掌
Posted by 山桜 at 2018年04月24日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。