2018年04月27日

自生のカザグルマ

 日本に自生するクレマチス(センニンソウ)属の「カザグルマ」と思われる野生の姿を初めて見ました。 ずっと庭で栽培していたのですが昨年手入れが出来ずにいたら消えてしまいガッカリしていたので、こんな所で出会えて本当に驚きました。 

 大きな淡い青紫色の花を沢山付けていて、知らなかったらクレマチスの園芸品種と思うくらい見事な姿です。 春一季咲きで、この季節だけに力を集中して咲きこぼれていました。 当地の自生種は絶滅危惧IA類です。

 クレマチスのパテンス系園芸種の交配親としても有名です。 「カザグルマ」の子供たちには、大輪で一季咲き多花性の性質を残したものも多いです。

<2018-04-27 某所>
P4270970 (443x590).jpg

P4270969 (440x330).jpg

P4270971 (443x590).jpg

【カザグルマ/風車 Clematis patens 】
 キンポウゲ科センニンソウ属
 
 高い所に咲いていて、ふっと見上げていなければ見過ごすところでした。 
「ほら、ここに咲いているよ・・・」
って、またいつも一緒に居てくれる人が教えてくれたようで嬉しいな。 

上記「パテンス系」でご紹介した品種群が掲載されています
「湘南クレマチス園」のトップページはこちら


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 23:50| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗ですねぇ♪鎌倉では見かけません…と言っても、そんなに山歩きをしていません(´д`)
Posted by 鎌倉とんぼ at 2018年05月12日 06:10
◆鎌倉とんぼさんへ
 そんなに奥深い山ではないところで偶然見つけましたが、人が植えられるような場所ではないので野生では?と嬉しく思っています。
 御地では絶滅危惧種IB類なので、こちらよりは残っているのではと思います。 ネットで見ると、そちらは白い花の方が多いのかもしれません。 
 記事内の「パテンス系」の部分をクリックして頂くとつながるのが、「湘南クレマチス園」のサイトで、経営者の方は「日本クレマチス協会」の会長さんですので沢山の品種の紹介をご覧いただけます。 同園のナーサリーは藤沢市辻堂です。
Posted by 山桜 at 2018年05月12日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。