2018年04月28日

キュウリグサ と ハナイバナ

P4270925キュウリグサ (440x293).jpg
【キュウリグサ/胡瓜草 Trigonotis peduncularis】
 ムラサキ科キュウリグサ属 別名:タビラコ
 副花冠は「黄色」
 葉や茎を揉むと、胡瓜のような匂いがする。
 
P4060665キュウリグサ (440x293).jpg
 平らに丸く広がった根生葉(ロゼット)から、先がクルリと丸まったサソリ型花序が出て、開花と共に伸び上がってゆく。(花序には葉が無い)



P4270942ハナイバナ (440x293).jpg
【ハナイバナ/葉内花 Bothriospermum tenellum】
 ムラサキ科ハナイバナ属
 副花冠は「白」

P4270943ハナイバナ (440x330).jpg
 小さな青い花はソックリなのに、もさもさとした草姿はキュウリグサとは全く違います。

P4270940ハナイバナ (393x590).jpg
 花は葉と葉の中に一つずつ付くので、「葉内花」 漢字で書けば直ぐ納得なのですが、ハナイバナと最初に耳で聞いた時に、「花茨」?「花稲葉」?と頭が混乱して覚えられず、いつも思い出すのに苦労してしまうのは私だけ? 何とかして「葉内花」のイメージを脳裏に焼き付けたいのですが…。


人気ブログランキング 


posted by 山桜 at 23:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。