2018年05月10日

高水三山〜御岳渓谷

 この頃の天気予報は余程難しいと見えて、一日の内でもコロコロと変わる。 結局当日の天気予報も雨上がりが3時間ずれ込み、スタート時には上がっている筈の雨が、お昼までしょぼしょぼと降り続くこととなった。 それでも流石、中級コース参加者の皆さんは慣れたもので、サッと上下の雨具にスパッツ装着で待機してくださり、本当に有難い。

(下見と重複する地点の記録は、先日の下見の記録をご覧ください。)

 今年は何でも開花が2週間ほど早く、梅雨時に咲く下向きの花たちも既に咲き始めていた。
<2018-05-10>
P5101709ハンショウヅル (210x280).jpgP5101711ニシキウツギ (210x158).jpg
【ハンショウヅル/半鐘鶴】   【ニシキウツギ/二色空木】

P5101718 (440x330).jpg
色とりどりの雨装備の皆さん、しっかりとした足取りで進まれる。

P5101721 (443x590).jpg
急登もなんのそのの健脚ぞろいで頼もしい。

P5101809 (440x330).jpg
岩茸石山(793m)山頂、ガス上がり晴れゆく山並みの荘厳さに心打たれ、
「山の神様は必ずご褒美をくださる・・・」
との言葉に静かに頷く方々
P5101814 (440x330).jpg
P5101813 (440x330).jpg
P5101817 (440x330).jpg
【岩茸石山からの展望】 
下見の時とは違う山の表情に一期一会の感動を思う。

P5101735ヤマツツジ (440x330).jpg
段々と晴れゆく気配に思いを残しつつ、午前中の雨中歩行の疲労度を考え、棒ノ折山登頂の予定を高水三山の残りの一つ惣岳山へと周り、高水三山縦走に変更決定し、ヤマツツジに見送られて出発。

P5101736 (210x280).jpgP5101737マルバウツギ (187x280).jpg
【ギンラン/銀蘭】      【マルバウツギ】

惣岳山(756m)山頂は木々に囲まれ展望はなく、青渭神社の奥ノ院が祀られている。  奥多摩三山に連なる山域にも同じ名前の惣岳山があるが、周囲の山の内の惣領の山と言う意味とか。 
P5101738ヤマツツジ (210x140).jpgP5101740シイタケ? (210x158).jpg
【ヤマツツジ】         【天然の椎茸?】

P5101742 (187x280).jpgP5101744マムシグサ (210x280).jpg
【シダ】              【マムシグサ】

P5101750 (443x590).jpg
【しめつりの御神木 青渭神社】
注連縄を張られていたご神木は、靄の中で一層神秘的
此処から上が奥ノ院のご神域となっている。

P5101753 (443x590).jpg
山の神様やご神木に手を合わせたお蔭か、木漏れ日が差し込み始め、心も足取りも軽くなる。

P5101756ガクウツギ (210x158).jpgP5101776ヤブデマリ (210x158).jpg
【ガクウツギ/額空木】   【ヤブデマリ/藪手毬】

P5101757 (210x280).jpgP5101831ツクバネウツギ (187x280).jpg
【シダ】       【ツクバネウツギ/衝羽根空木】

P5101767 (210x280).jpgP5101769 (210x280).jpg
【青梅市内最古の道標】    【古民家の蕎麦店】

P5101770ジャニンジン (210x158).jpgP5101771スイカズラ (210x158).jpg
【ジャニンジン/蛇人参】   【スイカズラ/忍冬】

P5101772 (210x280).jpgP5101778御岳渓谷 (210x280).jpg
あの雨が嘘のような真っ青な空の下御岳渓谷遊歩道を歩く。

川の音、鳥の鳴き声、雨に洗われ輝く緑
P5101774 (443x590).jpg
P5101777御岳渓谷 (440x330).jpg
最後は渓谷沿いにある酒造の園内でビールや地酒で乾杯! 
お疲れ様でした。 また棒ノ折山、リベンジしましょう!!


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 22:21| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然の多種多様な面を感じられるハイクだね。
素敵な1日(*^^*)
Posted by ケロ at 2018年05月22日 23:15
◆ケロへ
 梅雨が近づいて来て、お天気が不安定で悩ましいよ。 今日も下山の頃ポツポツ降り出したけどセーフだった。 明日は晴れそうだけど午後に傘マークが・・・
 土砂降りでなければ、雨に洗われた緑も綺麗だし、カエルたちも喜ぶし、荘厳な景色がみられることもあるし、一期一会の山の楽しさだね。
 何故かコメント表示がリストに出て無くて、お返事遅れてごめんね。
Posted by 山桜 at 2018年05月24日 00:28
素晴らしい日本の山河!!!生き物たち!!!いろんな国を旅しましたが日本ほど美しい水…山や坂  坂もとてもいいものですね、、いいなあ!!!皆様を案内できるなんてすばらしいです。
Posted by 山口ももり at 2018年05月27日 08:37
◆ももりさんへ
 今日は久しぶりのオフ日、何やかやと片付けが溜まっていてあっという間にお昼過ぎ、また明日も山が待っています。
 世界中を巡られたももりさんが日本の山河、特に水の豊かさ美しさにホッとされるお気持ち、嬉しく思います。 筋肉は多少疲れますが、山へ行けば心は癒されます。 幸せでありがたいことです。
Posted by 山桜 at 2018年05月29日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。