2018年06月19日

今年もクモキリソウに会えました!

 「今年も会えたね」
 小さな小さな、そこに居ると知っていても見逃してしまいそうな、他の草や落ち葉に埋もれてひっそり咲いている若草色の可愛らしい蘭、クモキリソウ。  訪ね歩いて今年で4年目。 段々と目が慣れたのか、今年が当たり年だったのか、沢山の個体に出会うことが出来、未だ嬉しさの興奮冷めやらずです。

 とはいえ、カメラの腕は一向に上がらず、うす暗い森の木陰に咲く小さな半透明の花の可憐さを伝えることのできないモドカシサ…気持ちだけお伝えできればと存じます。    

P6143259クモキリソウ (393x590).jpg

P6143247クモキリソウ (393x590).jpg

クモキリソウとは不思議な名前ですが、この小さな花の形が、蜘蛛に似ていることから蜘蛛散草、クモチリソウ→クモキリソウになったという説もあります。

P6143374クモキリソウ (443x590).jpg

若しくは、雲や霧のでるような季節、またそんな場所に咲くことから、雲霧草とも。

P6143375クモキリソウ (440x330).jpg

P6143251クモキリソウ (443x590).jpg

P6143257 (443x590)クモキリソウ.jpg

霧の露を帯びて光る姿も、梅雨の晴れ間の木漏れ日を浴びる姿も、それぞれに気品があって素敵です。

P6143245クモキリソウ (443x590).jpg

P6173430クモキリソウ (443x590).jpg

この株が今年一番大きく育っていたものでした。 

P6173423クモキリソウ (440x330).jpg

大きく立派なのも勿論見事ですが、小さな株の愛らしさに惹かれます。

P6173404クモキリソウ (393x590).jpg

園芸種のように何でも大きく色鮮やかにされずとも、神様の意匠そのままの姿が何より美しいと思います。

P6173405クモキリソウ (443x590).jpg
【クモキリソウ/蜘蛛切草、雲霧草など】ラン科クモキリソウ属


人気ブログランキング




ラベル:クモキリソウ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。