2018年07月12日

百尋ノ滝

                    
                      自然観察ランキング
毎日暑い日が続きますね。 山にばかり行っていたので、下界の蒸し暑さがこたえ、既に山の風が恋しいです。

 暑中お見舞いに、奥多摩の川苔山中腹にある、「百尋(ひゃくひろ)ノ滝」から、清涼な風と水しぶきをお届けします。 いくらかでも爽やかな滝の雰囲気を感じて頂ければ幸いです。

P6283542百尋の滝 (443x590).jpg

P6283549百尋の滝 (443x332).jpg

P6283551百尋の滝 (443x590).jpg

P6283553百尋の滝 (443x590).jpg

P7053944 (443x590).jpg

P6283554百尋の滝 (443x590).jpg

P7053950百尋の滝 (443x590).jpg

「尋」とは手を広げた巾のことで、一般には6尺(約1.818m)とされていますが、手を広げた巾はほぼ身長に等しいことを考えると、昔の人なら5尺(約1.515m)程ではないでしょうか?

とすれば、百尋は151m程。 

しかし、この「尋」は横幅ではなく、主に水深を表現するとのことですので、滝の落差に当て嵌めるのでしょう。 実際には落差は40m程ですが、滝壺から見上げる高さは、水量もあいまってゆうに100mを超えるような圧倒的迫力があります。 それでいて飛沫は肌理細かく繊細なヴェールのようで、生きているかのような動きには、神秘性を感じずにはいられません。


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼しげですね。
動画、もしくは音だけでもあったら、もっと涼しくなれそうです。
明日は人間ドックに行ってきます。
Posted by くさや at 2018年07月11日 20:28
◆くさやさんへ
どうか想像の力を呼び覚まして、お願いします。
水災害が広がる中、画像だけも躊躇致しました。 合掌

ご家族様の為にも、お身体大切になさってください。
Posted by 山桜 at 2018年07月12日 15:50
軽率ですみません。
検診で不整脈と言われ明日また受診することになりました。
一日休みを取っていたので縄文展に行きました。
世界に類を見ない1万年前の縄文人の独創性に驚嘆しました。
Posted by くさや at 2018年07月12日 21:53
◆くさやさん
 ケロが関西に住んでいて、私も時折訪ねて行っているので、余計に被災地の方々のことが身に迫ります。 水の力は途方もなく、いざとなったら自分に何が出来るのだろうかと呆然とします。
 私たちの年代になると、何処かしら不具合の出るもので、一病息災、少し気を付けることがあるくらいで丁度いいのかもしれません。 
 
Posted by 山桜 at 2018年07月13日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。