2018年07月08日

雲取山(1)日原〜雲取山荘

                    
                      自然観察ランキング
念の為、本番より一本早いバスに乗る為、最寄駅から始発電車に乗ってJR奥多摩駅へ・・・7:18到着 7:27発 東日原行きのバスに乗車(所要時間 27分 料金460円)東日原バス停 7:55着

P7084030セダム・ブレビフォリウム? (207x310).jpg P7084031809稲村岩809 (210x280).jpg
【セダム・ダシフィルム or ブレビフォリウム?】この花は、去年「お祭」バス停当たりの石垣でも見ました。 外来種ながら、この土地に合っているようでびっしり張り付いて咲き誇っていました。 写真は中でも小株で可憐な雰囲気のものを選んで撮影。 【稲村岩】大きく目立つ形の岩が左前方に見えて来ます。
 
日原鍾乳洞入口まで、車道を約30分。 そこから林道に入ります。

P7084033八丁橋857 (210x158).jpg P7084034タマアジサイ・ピンク 902(210x158).jpg
【八丁橋】8:57着      【タマアジサイ】珍しいピンク色 

P7084037ミヤマカラスアゲハ916 (443x590).jpg
【ミヤマカラスアゲハ】 輝く青緑色が美しい蝶。 カラスアゲハとの見分けは、前肢に白い縦筋があること。 水を求めて水たまりに、ミネラルを求めて動物の糞などにも集まって来ます。 夢中になって摂取中は近づいても余り逃げず、シャッターチャンスです。

P7084038エビガライチゴ?922 (210x280).jpg P7084039フジウツギ932 (210x280).jpg
【エビガライチゴ/海老殻苺】 【フジウツギ/藤空木】ゴマノハグサ科(旧フジウツギ科)

P7084040アキノキリンソウ934 (210x280).jpg P7084041イケマ1010 (210x280).jpg
【アキノキリンソウ】キク科 【イケマ】キョウチクトウ科ガガイモ亜科

P7084042富田新道方面分岐1017 (210x280).jpg P7084044イキナリ下る1017 (210x280).jpg
【富田新道方面分岐】10:17 分岐からいきなり急降下です。 下の方に先頭を行く会長が小さく見えます。

P7084047美しいブナ林1020 (210x280).jpg P7084048沢が見えた1023 (210x280).jpg
【美しいブナ林】10:20   【沢が見えた!】10:23

P7084049 (440x330).jpg
深く削れた斜面、転げ落ちたら奈落の底・・・

P7084052 (443x590).jpg
滝の轟音が響く中・・・

P7084051谷間の滝 (210x280).jpg P7084053橋を渡る1024 (210x158).jpg
10:24 見た目よりも揺れる吊りあ橋を渡ります。 とてもしっかりしているので安心なのですが…

P7084055透けて見える橋1025 (210x158).jpg P7084056 (210x280).jpg
下が透けて見える上に、結構長いので・・・楽しいです♪

P7084060橋を眼下に登る1035 (440x330).jpg
10:35 先程の滝と橋の素晴らしい景色を眼下に登ります。

P7084063ブナ林の道 (443x590).jpg
【奥深いブナ林】

P7084066富田新道分岐(18-090)1056 (210x280).jpg P7084067 (210x158).jpg
【富田新道分岐道標(18−090)】10:56

P7084071イヌブナ (210x280).jpg P7084072ブナ (210x280).jpg
【イヌブナ/犬橅】黒ブナ    【ブナ/橅】白ブナ、本ブナ

P7084074何山?1118 (210x280).jpg P7084075手書き道標1145(18-100) (210x158).jpg
【向こうに見えるのは何山?】11:18 【手書きの道標】11:45

P7084076アオダモ? (210x158).jpg P7084077チョットした広場1206 (210x280).jpg
【アオダモ?の落枝】 【ちょっとした広場】12:06で軽食 朝が早かったので、もう既にいろいろ頂いてしまっています。

P7084080落ちた小鳥の巣1236 (210x280).jpg P7084081ミヤマタニタデ1238 (187x280).jpg
【落ちていた鳥の巣】 【ミヤマタニタデ】アカバナ科ミズタマソウ属
どちらも私の大好物。 食べちゃう訳ではないですよ。

P7084082 (210x280).jpg P7084083林班標2本1301 (210x158).jpg
【鮭色のきのこ】       【2本の林班標】13:01

P7084085ダケカンバ (210x280).jpg P7084086苔とマイヅルソウ (210x140).jpg
【ダケカンバ/岳樺】     【苔とマイヅルソウの葉】

P7084087尾根に出た1307 (210x280).jpg P7084089尾根を行く1307 (210x280).jpg
【尾根に出た!】13:07【気持ちの良い尾根道を行く】

P7084090 (210x280).jpg P7084092枯れ木立 (210x280).jpg
【恐竜の背骨のような尾根】 【立ち枯れ木立】尾岱沼のトドワラのよう

P7084094ダケカンバ1311 (443x590).jpg
【ダケカンバの森】

P7084098 (440x330).jpg
【向こうに見えるは?】

P7084099ヒメヤママユ (207x310).jpg P7084100ヒメヤママユ (207x310).jpg
【ヒメヤママユの終齢幼虫】
今年2回目の遭遇です。 この五分刈りに切りそろえたような黄緑色の毛並みが特徴です。 成虫もカッコイイです。

P7084101スダヤクシュ実 (207x310).jpg P7084102スダヤクシュ実 (210x280).jpg
【スダヤクシュの実】ユキノシタ科

P7084105カラマツ林1342 (443x590).jpg P7084110カラマツ林1344 (440x330).jpg
【カラマツ林】

P7084113マルバダケブキ1346 (207x310).jpg P7084112マルバダケブキ1346 (207x310).jpg
【マルバダケブキの蕾】キク科
嘗てはお花畑の脇役でしたが、今は鹿が食べ残す所為ですっかり主役の座に。

P7084114ダケカンバ落枝1347 (210x280).jpg P7084115ニガナ1349 (207x310).jpg
【ダケカンバの落枝】 【ニガナ】これも苦いのか鹿が食べません。

P7084117道標1350 (210x158).jpg P7084118道標1350(18-110) (210x158).jpg
【道標(18-110)】13:50

13:57  
P7084536シモツケソウ1357 (207x310).jpg P7084123カラマツ落枝1400 (210x280).jpg
【シモツケソウ/下野草】バラ科 【カラマツの落枝】

P7084125道標1403(36-040) (210x158).jpg
【道標】14:03

P7084124 (440x330).jpg
 
P7084126 (440x330).jpg
 
P7084132 (440x330).jpg

P7084134苔とバイカオウレンの葉 (440x293).jpg
【苔の中のバイカオウレンの葉】キンポウゲ科
梅花オウレンの花は春の主役ですが、この特徴のある5枚の小葉からなる鳥脚掌葉は今でも目立っています。

P7084537.JPG
P7084538.JPG
【コイチヨウラン/小一葉蘭】ラン科
とっても小さな、目を凝らしても見過ごしてしまいそうな蘭です。 一葉蘭には似ていませんが、葉が一枚の小さな蘭。 葉っぱが沢山あるように見えるのは、何株も集まっていたからです。

P7084145道標1440 (210x158).jpg P7084146雲取山荘1442 (210x158).jpg
【道標】14:40       【雲取山荘】14:42 到着!!

P7084148雲取山荘1442 (440x330).jpg
【雲取山荘と広場のベンチ】もう一名の到着待ちです。

P7084153ヤマオダマキ (443x590).jpg
【ヤマオダマキ】
山荘の周りのヤマオダマキは、手入れが良いのかどれも見事な大株でした。

P7084154ヤマオダマキ (210x280).jpg P7084164ヤマオダマキ (210x280).jpg
【ヤマオダマキ】

P7084156 (210x158).jpg P7084155ビールで乾杯 (210x158).jpg
ベンチで山を間近に仰ぎつつ、 全員、無事に予定通りに到着でカンパ〜イ!! 会長の奥様、美味しい卵焼き、ご馳走様でした〜♪ 高尾グリーンクリーン作戦の皆さん、いなげ屋さんのおかきを沢山、ありがとうございました♪

P7084165雲取山荘夕食 (210x158).jpg P7084166日没 (210x158)1945.jpg
【雲取山荘の夕食】 ワンカップも♪【雲取山の日没】酔いが回ったか手振れが・・・

後編(2)へつづく・・・


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の若い頃…写真ってとても高価だったんですよお。だから写真があまりありません。友達がとってくれたのしか・・・ね。その代わりのスケッチ。まあ…覚え書き・・・ですね。次のための記録です。いいなあ!!!すばらしい写真がいっぱいですね。
Posted by 山口ももり at 2018年07月17日 08:40
◆ももりさんへ
 そうですよね…ちょっと前までフィルムのカメラで、フィルム代も現像代もかかっていたのですから、今とは大違いでした。 それでもやっぱり写真は撮りまくっていたので、膨大なアルバムと張りきれていない写真があります。
 もっとゆったりとスケッチが楽しめるような山歩きもしてみたいです。 写真はひと時の出会い、スケッチには時を留めての対象との会話があります。 時間の使い方も年齢に応じてでしょうか。 時を得て、また別の楽しみを手に入れる時も来るのでしょうね。
Posted by 山桜 at 2018年07月17日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。