2019年02月05日

陣馬山・下見



                      自然観察ランキング


「軽アイゼンで雪を踏みしめて歩く陣馬山ハイキング」の下見です。 期待していた雪はうっすら積もったものの、その後の温かさで殆ど溶けてしまい、本番までに降ってくれるかどうか・・・ それにしても今年は雪が殆ど積もらないまま立春も過ぎてしまい、大雪の地方には申し訳ないですが、物足りなく残念な感じです。

<2019-02-05>
P2059735 (440x293).jpg
陣馬高原下バス停下車して間もなく現れる石塔群

P2059738 (210x140).jpg P2059739 (207x310).jpg
林道から陣馬山登山口への分岐  いよいよ登りです

P2059744 (210x140).jpg P2059746 (207x310).jpg
北斜面に微かに残った雪

P2059751 (440x293).jpg
P2059755 (440x293).jpg
陣馬山 山頂
なだらかに広がる山頂は、北条氏の滝山城を攻める際に武田氏が陣を張ったことから「陣場」山と呼ばれていたそうで、京王電鉄が頂上にこの白馬像を建ててから「陣馬山」と書く方が優勢になったようです。 山の名前や書き方は、見上げる麓の土地土地でも異なることもあるので、どちらが正しいとも言えないのかもしれませんが・・・

P2059752 (440x293).jpg
大岳山 陣馬山山頂より

P2059766 (440x293).jpg
明王峠の茶屋

P2059767 (440x293).jpg
増加する外国人向けの看板

P2059770 (207x310).jpg P2059771 (207x310).jpg
明王峠       峠の名前の由来の不動明王さまを祀る

P2059768 (440x660).jpg
日向でいつも早咲きのウグイスカグラ

P2059769 (440x293).jpg
河津桜?

P2059772 (210x140).jpgP2059775 (210x140).jpg
底沢峠           堂所山への看板

P2059777 (207x310).jpg P2059779 (210x140).jpg
堂所山(733m)山頂

P2059780 (210x140).jpg 山下屋へ下るヴァリエーション・コース分岐:この後の再度の分岐点を、ピンクテープと白ペンキに惑わされて誤り、思わぬ探検となり・・・とても写真を撮る余裕はなくなりましたが、山歩きの醍醐味を味わいました。

P2059787 (210x140).jpg P2059788 (210x140).jpg
P2059790 (207x310).jpg P2059791 (210x140).jpg
「ここは道か?」というルートを半分雪崩れ落ちるように(苦笑)なんとか無事に下山し、目的の「山下屋」さんに到着。 美味しいお蕎麦と肴とお酒を頂き、心もお腹も満たされました。


posted by 山桜 at 23:19| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイゼンつけての下見でしたか。
お元気なお姿が見えるようです(笑)
Posted by 紀州の流れ星 at 2019年02月16日 15:17
◆紀州の流れ星さんへ
 それが雪が全然なくて、本番でも軽アイゼンの種類と使い方のお話だけになってしまい残念でした。 生きていくためには、元気にしてないと!です^^
Posted by 山桜 at 2019年02月16日 22:49
どうも・・・かたつむりやマイマイはちょっと…でも、お蕎麦と肴とお酒・・・はいいなあ!!!元気で歩けていいなあ!!!
Posted by 山口ももり at 2019年02月19日 15:21
◆ももりさんへ
 カタツムリ、ちょっと・・・ですよね、ごめんなさい! 私もずっとダメで未だに苦手なので、お気持ちよ〜く分かります。
 うちのハイキング会は、先ず下山地にお蕎麦とお酒ありきのルート作りをすることが多いので、やや退屈になりがちな下山も楽しみになります♪
Posted by 山桜 at 2019年02月19日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。