2019年03月19日

アオイスミレ/葵菫



                      自然観察ランキング


 しばしば狂い咲きをするタチツボスミレスミレを除き、スミレの中で一番早く3月の初めに咲き出すのが、アオイスミレです。 全体に白い産毛をまとっていて、蕾はコロンとまるっぽくて、まるで帽子を被った赤ちゃんのように思えます。

<2019-03-12 日影沢>
P3120237アオイスミレ (440x660).jpg

<2019-03-01 蛇滝口>
P3010046アオイスミレ (440x660).jpg

<2019-03-19 日影沢>
P3190425アオイスミレ (440x293).jpg
アオイスミレ/葵菫 スミレ科 Viola hondensis

上弁は真っ直ぐ立ち上がり、側弁はそっと顔を隠すように前に出て、距もスクッと立ち上がります。

P3120319アオイスミレ (207x310).jpg P3180384アオイスミレ (207x310).jpg

P3180429アオイスミレ (207x310).jpg P3080165アオイスミレ (207x310).jpg

P3180387アオイスミレ (207x310).jpg P3180386アオイスミレ (207x310).jpg
 スミレハンドブックの著者・山田隆彦先生に教えて頂いたのは、展開前の葉が巻物のように左右くるくるっと上から下まで同じ太さで巻かれている姿です。 必ずこうなっているとは言えませんけれど、数を見て見慣れてくると、成程と納得できます。

 花が咲いている時期は見間違えることはありませんが、花後の葉はマルバスミレとどちらか未だに迷います。 ランナーが出ていればアオイスミレ、丸い果実が葉の下にあればアオイスミレと分かるのですが、それらも見当たらないと迷宮に入ってしまうことも・・・。 まだまだ見る数も修行も足りないです。


posted by 山桜 at 23:56| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。