2019年03月18日

修善寺カンザクラ と 河津ザクラ



                      自然観察ランキング

<2019-03-18>
 早咲きの桜には、カンヒザクラ/寒緋桜 の遺伝子が受け継がれていますが、こちらのシュゼンジカンザクラの交配親は、寒緋桜と山桜の交配種である カンザクラ/寒桜 です。 その所為か、花色は河津桜より少し薄めですね。 この日は既に葉桜になりかけていました。 河津桜より開花は遅いのに、開花期は河津桜より短めのようです。

P3180375修善寺カンザクラ (440x293).jpg
シュゼンジカンザクラ/修善寺寒桜
カンザクラ(カンヒザクラXヤマザクラ)X オオシマザクラ

P3180377修善寺カンザクラ (440x293).jpg
少し花色の濃い山桜の花に大島桜の葉っぱのような感じで河津桜より野趣が残っているような。

P3180376修善寺カンザクラ (440x660).jpg
萼片の下部はすんなりとして鋸歯もない。 苞葉(花の束を包む葉)の鋸歯(切れ込み)は細かくごく浅く0.5oほど。
見えづらいですね、後でクローズアップを載せてみます。



 最近あちこちで沢山植えられるようになった河津ザクラは、開花が早く花期が長い(一カ月弱程)ので、春を呼ぶ華やかな花として大人気なのですね。 ふんわり丸い花びらも優雅な雰囲気です。

P3180382カワヅザクラ (440x293).jpg
カワヅザクラ/河津桜
カンヒザクラ X オオシマザクラ(自然交配種)

花びらは丸く大きいので、隙間なく豪華に咲き揃います。

P3180381カワヅザクラ (440x293).jpg
花期が長いので、もう終わりかけた枝もあれば・・・
P3180383カワヅザクラ (440x660).jpg
まだ蕾も残っていました。

似ている修善寺桜と比べると、萼片の下部が角ばり少し鋸歯がある。 苞葉の鋸歯は粗く、深さはやや深く1mmほど。
こちらも後でクローズアップを載せてみます。


posted by 山桜 at 22:23| Comment(4) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜の季節になりましたね。
こちらは山桜なので満開はまだですが、奈良に4月2日花見に行く予定です。
Posted by 紀州の流れ星 at 2019年03月30日 07:53
福島県では最も開花が早いいわき市で昨日の29日にソメイヨシノの開花が宣言されました。
次は福島市が開花し、そこから桜前線は‘南下’していきます。
我が村は来週には開花するでしょう
Posted by 玉井人ひろた at 2019年03月30日 11:02
◆紀州の流れ星さんへ
 こちらでも山桜はもう一息です。 奈良の桜見いいですね〜 本場の吉野の山桜を見に行きたいです。
Posted by 山桜 at 2019年03月31日 00:22
◆玉井人ひろたさんへ
 海が近かったり温泉があったりすると暖かくて開花が早いのでしょうか? 今年は東京が早くて、やはり桜前線が南下する現象になりましたね。
Posted by 山桜 at 2019年03月31日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。