2019年05月14日

指沢・惣岳・御前山〜鋸尾根



                      自然観察ランキング

<2019-05-07(下見)& 05-14(本番)>
奥多摩湖は貯水量がずいぶん減っていて、いつもは水面下部分の岸壁が白く目立っていた。
P5070924 (210x140).jpg P5070925 (207x310).jpg

P5070927 (440x293).jpg
 これから挑む山々が目の前に聳え立ち迎えてくれる。

P5070933 (207x310).jpg P5141440サス沢への登り(I) (210x280).jpg
山の中でも公園の藤棚でも藤の花が見事だったが、目で見ただけで写真は一枚も撮っていなかった。 山の中に入ると喧噪が嘘のように静かになった。 惣岳山への急登(右、I会長撮影)

P5070935 (207x310).jpg P5070936 (207x310).jpg
ムササビの食痕のあるイヌブナの若葉    イヌブナの双葉と本葉

P5141076ギンリョウソウ (440x660).jpg
ギンリョウソウ 今年初めての銀龍草。

P5070934折れた木 (207x310).jpgP5141077サス沢山展望台 (210x140).jpg
直角に折れた木を潜る       指(サス)沢山 展望台で休憩

P5070938サス沢山からの奥多摩湖  (440x293).jpg
指沢山 展望台からの奥多摩湖の眺め。 対岸の左手の大寺山に昨年登って参拝した白い巨塔が見える。

P5070942 (440x293).jpg

P5070945 フデリンドウ(207x310).jpg P5070955 ユキザサ(207x310).jpg
フデリンドウの蕾           ユキザサの蕾
竜胆の仲間は日差しが無いと開いてくれない。 ただ、蕾の状態こそが筆竜胆の名の由来だ。 雪笹とはなんとも美しい名前。 未だ固い蕾だったが、ふわりと舞い降りた雪の結晶のような白い花が多数固まって咲く。

P5070948ハウチワカエデ (207x310).jpg P5070951 ウリハダカエデ(207x310).jpg
ハウチワカエデの花           ウリハダカエデの花

P5070950 ウリハダカエデ(207x310).jpg P5070949ウリハダカエデ (207x310).jpg
ウリハダカエデの新芽と芽鱗     ウリハダカエデの花

P5070952 岩の群れ(440x293).jpg
大きな岩の群れ この岩の隙間にも色々な植物が生えている。

P5070954 (207x310).jpg P5070947 アカフタチツボスミレ(207x310).jpg
シダ       アカフタチツボスミレ

P5070957 バイケイソウ(207x310).jpg P5070959ニリンソウ (207x310).jpg
バイケイソウ              ニリンソウ
ニリンソウは里山のものとは違って株も花も小型で可憐。

P5070960チドリノキ (207x310).jpg P5070961 (207x310).jpg
チドリノキの若葉と花

P5070963ヤマエンゴサク (440x660).jpg 
ヤマエンゴサク

御前山 惣岳山への登り(I) (210x158).jpg
惣岳山への登り(I会長撮影)

P5070975ナガバノスミレサイシン (207x310).jpg P5070964 (207x310).jpg
ナガバノスミレサイシン   惣岳山山頂

鹿不嗜好性植物の毒草たち
P5070966ハシリドコロ (207x310).jpg P5070944トリカブト (207x310).jpg
ハシリドコロ            トリカブト

P5070972カタクリ (440x660).jpg
カタクリ
去年数週間前に登って沢山出会えたカタクリは、既に盛りは過ぎていたものの、まだ蕾が残っていてくれた。

P5070976 (440x293).jpg
伐採された向こうに開けた展望

P5070970ヒトリシズカ (440x660).jpg
ヒトリシズカ 一人が沢山集まって楽しそうだった。

P5070971 (210x140).jpg
座ったら釘が刺さりそうなベンチ 岡本太郎だったか「座るのを拒否する椅子」というような作品があったような・・・。

P5070973ヒゲネワチガイソウ (207x310).jpg P5070974ヒゲネワチガイソウ (207x310).jpg
ヒゲネワチガイソウ

P5070977 (207x310).jpg 
御前山山頂

P5070980コガネネコノメ (207x310).jpg P5070981ニッコウネコノメ (207x310).jpg
コガネネコノメ           ニッコウネコノメ

P5141082トウゴクミツバツツジ (440x293).jpg
トウゴクミツバツツジが美しい道を行く

P5141084マムシグサ群生 (440x660).jpg
マムシグサの群生 あの真っ赤なトウモロコシのような実がここに倒れて発芽したのだろうか?

P5070984鞘口山 (207x310).jpg P5071002ヤマツツジ (207x310).jpg
鞘口(さいぐち)山        ヤマツツジ

P5141116鋸尾根からの展望 (440x660).jpg
鋸尾根 鎖場分岐からの展望
P5071000 (440x660).jpg
P5071001 (440x293).jpg

P5141090鋸尾根下る (207x310).jpg P5141083ツルキンバイ (207x310).jpg
鋸尾根 岩場を下る         ツルキンバイ

P5141091イワカガミ (440x660).jpg
P5141094イワカガミ (440x660).jpg
P5070997イワカガミ (440x660).jpg
アカバナヒメイワカガミ
鏡のように光る葉に、繊細な絵筆の先のような紅色の花。 近寄ってよ〜く見てみたいのに、咲いているのは断崖絶壁の縁や壁面など、覗きこむと命が危ないような所が多くて冷や汗をかく。 探せば安全な場所で咲いている株もあるので、無理は禁物だ。

P5141095鋸尾根階段上る (207x310).jpg 御前山 鋸尾根階段(I) (210x158).jpg
鋸尾根 鉄階段の上り・下り(I会長撮影)

P5141096天聖神社 (440x293).jpg
天聖神社にお参り

P5070998 (440x293).jpg
天空に立つ天狗さん

P5141098鷹ノ巣山? (440x293).jpg

P5141100 (207x310).jpg P5141101 モグラ(207x310).jpg
秘密の力を秘めていそうな立ち枯れ木 モグラさん・・・南無

P5141102 愛宕神社鳥居(207x310).jpg P5141103愛宕神社拝殿階段 (207x310).jpg
愛宕神社鳥居          愛宕神社拝殿階段

P5141104愛宕神社狛犬 (207x310).jpg P5141105愛宕神社狛犬 (207x310).jpg
愛宕神社狛犬

P5141106愛宕神社磐座 (207x310).jpg P5071008五重塔 (207x310).jpg
愛宕神社磐座          五重塔

P5141107オダマキ園芸種? (207x310).jpg P5141108オダマキ園芸種? (207x310).jpg
オダマキ(園芸種?)

P5141109愛宕神社の長い階段 (440x660).jpg
愛宕神社の長い階段

P5141111 愛宕神社長い階段(440x660).jpg
降りて来た階段を振り返る。 まるで天に昇る階段。

P5071004ツクバネウツギ (207x310).jpg P5071005チゴユリ (207x310).jpg
ツクバネウツギ         チゴユリ

P5071013 (210x140).jpg P5071015下の公園 (210x140).jpg
愛宕神社下の公園

P5071016多摩川 (440x660).jpg
多摩川

P5071017?山 (440x293).jpg
まぁるくご飯をよそったようなお山が見えて、奥多摩駅はもう直ぐ。 


posted by 山桜 at 22:50| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初は奥多摩湖の景色に注目して拝見してたんだけど
イワカガミ?の美しさにびっくり(*´ω`*)
崖とかに生息してるんだね、どうりで見たことも
聞いたこともはいはずだわ( ̄□ ̄)
Posted by やゆよ at 2019年07月03日 11:35
◆やゆよんへ
 こちらへもコメント、ありがとう!
 それがさ、撮った写真をよ〜く見たら、ただのイワカガミではなくて、アカバナヒメイワカガミだったのよ・・・いい加減でごめんなさい。訂正しました。

 赤花姫岩鏡は関東南部と中部の分布だけど、普通の岩鏡は九州にも生えているから、5〜6月頃ちょっと湿っぽい岩場や草原を歩く機会があったら、探してみてね。
Posted by 山桜 at 2019年07月04日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。