2019年04月29日

大鳴門橋遠望〜ポニョが走る海



                       自然観察ランキング

神話の聖地、伊弉諾神宮、おのころ島神社を後にして・・・
P4270451 キャベツ畑(440x293).jpg
 青緑に広がるキャベツ畑の道を抜け、淡路島南の鳴門海峡を間近に臨む「うずの丘」に到着。 

 お目当ては、↓こちら 2013年ご当地バーガー・グランプリ1位!
P4270452淡路島バーガー (210x140).jpg P4270453淡路島バーガー (207x310).jpg
淡路島 オニオン・ビーフ・ハンバーガー
すみません💦美味しそうに撮れなかったので、こちらのサイトで美味しさをご想像ください。
淡路島バーガー
オニオンが先に付く通り、厚切りの玉ねぎカツ・玉ねぎチップ・玉ねぎフォンダン(くたくた煮)が主役。 甘辛いビーフとトマトソースが玉ねぎの味を引き立てています。 その上、オニオンリングのサイドメニューまで頼んでしまったので、もう食べても食べてもまた甘くておいしい、玉ねぎ〜玉ねぎ〜の玉ねぎ三昧でした。

 お腹いっぱいになって外に出ると、 
P4270454大鳴門橋 (440x293).jpg
大鳴門橋、そしてその向こうは憧れの四国ですね〜

P4270462大鳴門橋 (440x293).jpg
 大鳴門橋の両側の海には、渦潮が見えるような・・・
 次にケロの所に来られたら、橋を渡ってあの未踏の四国へ連れて行ってくれるかな?

P4270457 (440x293).jpg
 青い海に浮かぶ小島

P4270456鮭幟 (440x660).jpg
サクラマス幟
 ケロは、
 「こわ〜っ、身が削がれたサーモン?」
 などと言ってましたが、これはサクラマス(ヤマメは同種の陸封型)の婚姻色ではなかろうかと。 確か婚姻色が桜色になるのでサクラマスと呼ばれているのでは? でも、こんなに真っ赤だったかなぁ?? 後で確かめますね〜

 <追記> サクラマスの婚姻色を確かめると、桜色にはなりますが、このように真っ赤ではなくヤマメの桜色の部分が濃くなった位の色合いでした。 それでこの「のぼり」を拡大してよ〜くみると、真ん中にうっすら白っぽい筋が透けて見えるようで、やはり目の良いケロが言うとおり、皮を剥がれたか三枚おろしにされた姿の様です 幾ら身の色が綺麗だからと言って、そのような姿で風に吹かれているなんて、あんまりな気がします。 

 同じ道を戻るのも詰まらないので、西海岸沿いの道を帰ります。
P4270471県道25号沿い海 (440x293).jpg
 「あれっ、またキャベツ畑!?」
 と思う程、キャベツにそっくりな色の海原が目線よりも上に見えて、「崖の上のポニョ」でポニョが荒れる海の波の上を走るシーンを思い出してしまいました。
P4270473県道25号沿い海 (440x293).jpg

P4270468県道25号沿い海 (207x310).jpg P4270465アンモナイト像 (207x310).jpg
 余りにも海が迫ってきて落ち着かないので、車を止めて一休み。 こうして眺めれば、何という事も無い穏やかな海でした。 この辺りで出土したアンモナイトのモニュメント。

 私がなんのかんのと騒いで煩かったか、そろそろ運転に疲れたのか、ここから高速に乗って帰路へ。

P4270474明石海峡大橋 (440x293).jpg
 最初に渡った明石海峡大橋を再び渡って戻ると、六甲山系の山並みが見えて来ました。 

P4270866摩耶山? (207x310).jpg P4270867長峰山? (210x140).jpg
ロープウェイが見えるので、あれは摩耶山かな? 山崩れが見えるのは長峰山かな? 目に留まる、気になるというのはご縁があるということですね。(つづく)


posted by 山桜 at 22:58| Comment(6) | 旅歩き・町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四国行こうね(*^^*)
Posted by ケロ at 2019年05月22日 22:22
本当に、懐の深さを感じる、素晴らしい景色で羨ましいです。"オニオン・ビーフ・ハンバーガー"美味しそうですねぇ。タマネギがひと味もフタ味も違うのでしょう♪
Posted by 鎌倉とんぼ at 2019年05月23日 14:47
◆ケロへ
 22日22:22投稿って、すごいぞろ目だね!
 わ〜い、四国♪ どこから行く?
 今日はおばあちゃんと熱海、海もバラも綺麗だったよ〜☆
Posted by 山桜 at 2019年05月24日 19:35
◆鎌倉とんぼさんへ
 淡路島の玉ねぎはジューシーで素晴らしく甘く旨味たっぷりでビックリでした。
あれだけ甘かったら、お砂糖の代わりにお菓子も作れそうです。
 途中の直売所で買ってきた玉ねぎも、滞在中に全部二人でペロリと頂いてしまいました(^0^)♪
Posted by 山桜 at 2019年05月24日 19:40
いいなあ!!!遠出ですね。おのころ島…まだ油みたいなドロドロの天地にやりを突っ込んで、ポトッポトと落ちたしずくなんでしょう???古代の人々のイメージの新しさには本当に愉快になります。なケロちゃんとご一緒。いいなあ!!!思いっきり楽しんでください
Posted by 山口ももり at 2019年05月25日 08:56
◆ももりさんへ
 古事記の中でもスケールが雄大で、未だ小さかったケロにも繰り返し話してやった大好きな場面ですので、その場に近づけて感激でした。
 ただ、おのころ島神社の辺りには、それらしき形跡が見当たらず、淡路島の東南の沼島(ぬしま)がその舞台らしいのです。 次はそこへ行ってみたいです。
Posted by 山桜 at 2019年05月26日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。