2019年07月03日

明石探訪(1)明石城



                      自然観察ランキング

 あっという間に2か月も前になってしまい、我ながら目まぐるしい日々に驚きますが、少しでも早く、大切なことを忘れない内に書き留めておきます。

 GWの10連休の前半、ケロの所に遊びに行ってる間、ケロがお仕事中の日があり、独りで知らない町をぶらぶらしに出かけました。 

 それは平成最後の日の4月30日、何処へ行こうか特に決めることも無く駅に向かい、やって来た電車に乗って気になる町でふらりと降りるつもりでした。

P4300553 (210x140).jpg P4300552 (210x140).jpg
「おお、須磨! これがあの、
   淡路島 かよふ千鳥のなく声に 
          幾夜ねざめぬ須磨の関守
 のあの須磨・・・何だか鎌倉の由比ヶ浜にも似てるような・・・。
 向こうに見えるのは淡路島かな?」
などとボーっと海を見ている内に通り過ぎてしまい、やがて大きな橋が見えて来ました。 先日淡路島に行った時に渡った明石大橋? 淡路島に行くときには素通りしてしまったので、この明石で降りてみようかな・・・

P4300556 (210x140).jpg P4300554 (210x140).jpg
 明石駅を降りると目の前はお濠、その周りに鮮やかな町名入りの幟が沢山はためいていました。 何と今年は「市制百周年」なんだそうです。 そういえば、明石市長さんのニュースは賑やかでしたが、そんなことは知りませんでした。 そんな記念の年に招かれて降りたようで、ちょっと嬉しいな。

「あれれ、天守閣が二つ?」
P4300557 (440x293).jpg
左右対称のようで、よく見ると一番上の屋根の妻の向きが違いますね。 お城の事に詳しくないので良く分かりませんが、どんな意味があるのでしょう。

 明石城は船からの大砲の標的にならぬよう天守閣を作らなかったという説もあり、代わりに四隅に櫓を建てたとのこと。日本に12基しか現存しない三重櫓の内の2基なのだそうです。
P4300559 (210x140).jpg P4300558 (207x310).jpg
坤櫓(ひつじさるやぐら)左  巽櫓(たつみやぐら)右

P4300571 (440x660).jpg 
坤(ひつじさる)櫓: 南西に位置。入母屋造で妻は南北。伏見城からの移築。明石城最大の櫓で巽櫓より一回り大きい。明石城の天守閣代わりだった可能性も。

P4300562 (440x660).jpg
巽(たつみ)櫓:南東に位置。入母屋造で妻は東西。船上(ふなげ)城(の天守閣か?)からの移築後消失再建、大震災被災後修復

P4300560 (207x310).jpg P4300561 (207x310).jpg
(宮本)武蔵の庭園というのは何処かとウロウロしたのですが、この辺り・・・? 何となくそれらしきものはこれくらい? 水が濁って滞っている所はどうも苦手なので、そそくさと通り過ぎました。 雲行きも怪しいので、またの機会に探訪することに。

P4300567 (440x293).jpg
DSC_0543 (174x310).jpg 

さてさて、藤棚のたわわに溢れ咲く薄紫の花房の下でお昼。 コンビニで買った可愛い彩の細巻の詰め合わせ。 今は軽く食べて置いて、何処かで美味しいものを・・・と目論んでました。 しかし、こんな素敵な特等席に何方もいないのは、このお天気の所為かな。 満開の藤棚の下、独り占めでした。




P4300569 (207x310).jpg P4300570 (207x310).jpg
アベマキの木肌はコルク状  アベマキの葉(葉裏が白い)

P4300572 (207x310).jpg ハゼノキの花

アべマキもハゼノキも西日本に多い植物なので、こちらでは珍しくも無いのでしょう。 枝を拾っている私はオカシナ人に見えたかも・・・まぁ、もう、そういう視線には慣れてますけれどね。







P4300573 (207x310).jpg P4300576 (207x310).jpg
P4300575 (207x310).jpg 
「白骨松」 
というドキッとするような名札が付いていましたが、独特の樹肌の模様と色から、中国原産のシロマツ(白松・ハクショウとも)思われます。 日本のアカマツやクロマツは二本の針葉が束生していますが、シロマツは通常、三本束生しています。 三本ずつ生えているのがお分かりでしょうか。 何故、こんなおどろおどろしい名前を付けたのかしら。 白松なら、皆さん「へぇ〜」って珍しがって足を止めるでしょうに、この名前では、縁起でもないと足早に通り過ぎてしまうのでは?

P4300578 (440x293).jpg
薬研堀
P4300579 (440x293).jpg
薬研堀に面した石垣にも藤の蔓が広がって、沢山の花房が下がっていました。

駅で貰ったパンフレットに、とっても気になる神社名を発見したので、地図を頼りにぶらぶら向かいます。(つづく)

Click,please→
人気ブログランキング


posted by 山桜 at 19:33| Comment(2) | 旅歩き・町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月のGW。。。二か月前かあ〜

今ちょうどこちらはね、雨雲が晴れてきて
多分夏の一番初めに耳にする
蝉っぽい(笑)鳴き声が聞こえだしたよ!

これは暑くなりそう。
このGW頃もすごく暑くなかったっけ。

そうそう、赤姫岩鏡?いや、なんか違うなw
教えてくれてありがとう。
御覧の通りのうろ覚えなんだけど、だいたいわかったじょ(・∀・)←コラ
こちらでも5、6月なら見つけられるお花なんだね。
いつか目にすることがあるかなあ〜(*´ω`*)

Posted by やゆよ at 2019年07月04日 14:32
◆やゆよんへ
 おお、やっと晴れ間が出たんだね〜! 蝉は前に教えてくれたチッチゼミだっけ? 私もウロオボエ(・∀・)←コラ

 赤花姫岩鏡ね(笑)なんだか源氏物語に出てきそうだよね〜 赤いお鼻のお姫様が岩の鏡を?

 平地では無理かもしれないけど、九州は車で結構上の方まで行ける山が多いのでは? こっちで見られた山は、険しい岩場を攀じ登った上だった(^^;)
Posted by 山桜 at 2019年07月04日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。