2007年07月16日

梅雨の晴れ間に

            ? 2101.jpg
? 2106.jpg? 2103.jpg? 2107.jpg
? 2104.jpg? 2108.jpg? 2105.jpg

 大雨を降らせた台風がやっと通り過ぎ、家の周りや田畑の片付けを済ませて一段落、ホッと一息、お茶を囲む時間の新潟・長野を大きな地震が襲いました。 父の故郷のある市の被害の大きさも日を追って明らかになり、不安な時間を過ごしました。 幸いにして親戚・知人に被害はありませんでしたが、両親と同じ年頃合のご夫婦が居間で座ったままの姿で、倒壊家屋の下で亡くなられていたとの報に涙が溢れました。 安らかなお顔だったとのことがせめてもの救いですが・・・亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます(合掌) 

 被害に遭われた皆さまの為、今できることは直ぐにしたいと思います。 どうか挫けずに居て下さい。 応援しております。

<写真>
 桃の実(照手水蜜) 07-07-16撮影@自庭
 八重ドクダミ・アゲハの幼虫・旗竿桔梗  07-06-15撮影@自庭
 シュレーゲル青蛙(オタマから丘に上がったばかりでまだ尻尾が
 残っています)・藪カンゾウ・カタツムリ 07-07-01撮影
 @野山北・六道山


posted by 山桜 at 00:00| Comment(30) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは お邪魔します。
自宅で桃が収穫できるんですね!
もぎたての桃、美味いんだろうな〜!
我が家でも小ガエルが沢山巣立って?行きました。
カエルの合唱を聴きながら過ごしております。

今回も、老師は当日に新潟に向かいました。
私も出来る範囲で応援しています。
Posted by ネットの中のお父さん at 2007年07月19日 12:52
あの台風4号が直撃した後だったとしたら、どんな状況になっていたんでしょうかね。
想像もつかない悲惨さになっていたことでしょうね。
Posted by 玉井人 at 2007年07月19日 16:59
ナラティワ 月以降 したなどと 野いちご 定数 リボン付カ と述べた イスラエル国内で の出動 こぼれ話
Posted by 野いちご at 2007年07月19日 20:03
急に花が少なくなり、ムクゲにたよる季節になりました。 カンゾウもふえてきました。どうも食べられるようで、これからは 食べられる花の料理法でも調べていこうかしら?
山桜様は、ご存知ですか?
Posted by チャチャ at 2007年07月19日 20:17
いろんな果樹を畑に植える親父ですが、
不思議なことに“桃”だけは植えないのです。
あの香りがたまりませんよね。
Posted by 酒徒善人 at 2007年07月19日 20:17
綺麗な写真ですね。
天の雨水で洗い流され、清められたって感じですね。。。

桃が美しいこと。。。

地震、凄く広範囲で二度も。。。怖かったでしょうね。
私も福岡の震度六は体感しましたから、大地の上で。。。^^;
物凄かったです。。。

現地の方々には心から御見舞い申し上げます。

合掌
Posted by ゆき at 2007年07月19日 21:39
アゲハの幼虫が
圧倒的ですね(^ ^)

さて地震とは
かくも怖ろしきものと
改めて思います
阪神のときに
当地は震度6
自分がトランポリンの上で
弾むようで
自分で自分の体の向きなどが
コントロールできない
その恐ろしさ
おふくろはもっと昔
福井の大震災で
映画を鑑賞中
映画館が潰れたという経験も

お亡くなりになられたかたの
ご冥福をお祈りし
命助かった方々の
これからの精神的な傷みが
少しでも軽くて済むことを
心から願うものです
Posted by 幽黙 at 2007年07月19日 22:44
かえる、かたつむり、みみず、いもむし、くも
たくさんいると、それだけで嬉しくなっちゃう。

うちは庭がないので、みんなジャスミンに生息しているようです。

緑が濃くなって、気持ちが清々しますね。
Posted by 爽子 at 2007年07月19日 23:11
いつも、珍しいものばかりです。

それも、自宅の庭にも多くの
シャッターチャンスが。

凄いです♪
ありがとうございます。
Posted by じゅんぺい at 2007年07月20日 00:28
桃がなんとも、美しいですね。お庭で桃がなるなんて、最高ですね。花も見事ですし・・・我が家も丹波のお山で、桃を植えてはいるのですが・・・消毒をしないから、殆どは、害虫にやられます。去年、中京のガレージで、なんとも、美しい蛾をみつけまして、ブログにアップしたら、すぐに、「あけびこのは」っていう蛾だとわかりました。アケビが生えているようなところが好きで、桃などに付く害虫ですって。丹波のお山にそっくり。家の近くだったら、虫も、もうちょっとまめに駆除したり、世話できるんでしょうけれど・・・自然って、本当に一筋縄ではいきません。美しい「盆香合」って、拝読しました。素晴らしい世界ですね。
Posted by 山口ももり at 2007年07月20日 09:02
◆ネットの中のお父さん、おはようございます!
 桃は収穫の時期を計るのが難しいですね〜
完熟を待てば落ちてしまうし、青いうちだと渋いし…
完熟手前でもぎとり追熟させるのが無難そうです。
実は小さいですけれど、味と香は濃くて美味しいですよ♪

 田んぼの近くを通るのが楽しみな時期ですね〜 足音に敏感に
反応するのが面白くて^^

 ご老師はまた飛んで行って下さったのですね!
本当にありがたいことです。<( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 09:28
◆玉井人さん、おはようございます!
 昨日は真夏日、今日はまた大雨とか…北国の人は辛抱強い
ので、無理と我慢が心配です。 それにしてもお国訛りが
殆ど聞かれないことに驚きました。 祖母のような話し方を
する人はもういなくなってしまったのでしょうか…。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 09:33
◆野いちごさん、初めまして。
 日本語の勉強中でいらっしゃいますか…? 
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 09:36
◆チャチャさん、おはようございます!
 在来種の野カンゾウも外来種の藪カンゾウも同様に、
春先に地面から伸びだしたばかりの若芽を、少し深めに
切り取って、茹でてヌタにしたり天婦羅にしたり出来ます。
増えて困るようでしたらお試し下さい。 先始める手前の蕾
も天婦羅などにできるようですが、私は未体験です^^;

 子供の頃はムクゲって直ぐに花がポタポタ落ちてあまり好きな花
ではなかったのですが、茶花としてみるとよくぞ夏にムクゲの花あり!
という貴重なお花なのですね。 風船カズラを生けたら可愛いのでは
と思うのですが、やはり洋物はダメなのでしょうか?
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 10:00
◆酒徒善人さん、おはようございます!
 桃を植えないのは、何か土地の謂われがあるのでしょうか?
黄泉の國神話や桃太郎伝説のように、鬼には桃、それで
鬼門封じに植えるといいなどとも聞きますが…。
そうなると角のある牛頭天王には具合が悪いのかしら?
う〜ん、ここの鎮守さまはスサノオ様なのです。大丈夫??
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 10:04
◆ゆきさん、おはようございます!
 長雨はお洗濯ものもすっきりしなくてうっとおしいですが、
雨に洗われ生き生きとした植物を見たり、雨待ち顔の蛙や
カタツムリを見たりすると、やはり降るべき時には程ほどに
降って欲しいと思いますね。

 イザ揺れ出したら、体のコントロールさえとれない状態と
言う事ですから、とにかく自分でできる備えを万全にして
おくこと、日本に住む以上、これしかないですね…。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 10:10
桃の実がなるなんていいですね。
我が家の桃はとうとう枯れてしまいました。
一度だけなったことがありましたが青いままでした。家の東南に桃を植えると魔除けにもなる反面、女の子がよく出かけるようになる、と言う俗説もあります。(我が家では大当たり)
カエルさんデンデンムシ(かたつむり)などがイキイキしていていいですね。
梅雨の晴れ間の喜びを感じます。
Posted by 遊行七恵 at 2007年07月20日 12:29
◆幽黙さん、こんばんは!
 可愛いカメラ目線のキャタピーは次の日、シジュウカラの
朝食になり…今となっては遺影です。(゜―Å)

 大地震の本当の恐ろしさは体験した方々にしか分らず、
未体験者は多分自分の処は大丈夫というあまり根拠の無い
思いで油断をしていることが多いかと。救援物資が行き渡る
までの3日分の水と食料は自分で常備して置くようにと
東京都も繰り返し呼びかけています。 私も「そなえよつねに」
を心掛けています。 何も起きないのが一番なのですけれど。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 19:24
◆爽子さん、こんばんは!
 ジャスミンの上でも自然の調和で色々なものが棲息して
いるのでしょうね。 鉢の土の中まで生き物の種類を数え
たら驚くほどのものが住んでいるかもしれません。
彼等の大切な棲家をどうぞこれからも保ってやって下さい。

 どうも今年の梅雨は低温でムシムシせず、過ごしやすい
ですが…夏はどうなるんでしょうね。 蝉の元気が無くて、
未だ鶯が鳴き、早やコオロギ系が鳴き出してます。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 19:31
◆じゅんぺいさん、こんばんは!
 雨の中歩いて回ると、梅雨って生き物には結構嬉しい
季節なのかも〜♪ って思います。 水ある所に命あり、
そんなことにあらためて感謝してしまいます。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 19:35
◆ももりさん、こんばんは!
 ももりさんは桃里さん、丹波のお家には、やはり桃の木が
植えてあるのですね〜♪ ウチの桃も薬も蒔かないし、袋も
かけていないので、ご覧の通りカメムシにもやられてイビツ
ですし、鳥と熟し時を狙って争っています。

 風通しだけは良いように適度に手を入れてやれば、農薬を
撒かなくても特定の害虫だけが増殖することはなく、ちゃん
とそれを捕食する鳥や肉食の蜂・蜘蛛・蟷螂などがやって
来てくれて、手間のかからない健康的な庭になっていきます。 
こざっぱり整然とした庭は、生き物の気配が乏しくて私には
寂しい空間です。
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 19:57
◆遊行七恵さん、こんばんは!
 うっ…実は我が家の桃も東南に植えてあるのですが…^^;
やはり鬼門封じの方角にすべきでしたかね〜後のまつり。
まぁ、元気によく出かけてくれるのは良しとしましょうか♪

 晴れた日に張り付いているカタツムリをひっぺがして
水を掛けて遊んだことありますよね〜私だけ…?
Posted by 山桜 at 2007年07月20日 20:03
私は日本の国土は大好きです^^
日の本日本でしょ?^^

九州は雨、凄く降っています。東京は暑いでしょう?
Posted by ゆき at 2007年07月20日 21:13
このような桃が出来るとはいいですよね〜
美味しそうです。
アゲハの幼虫君ガンバッテ緑の葉を食べていますね。
でもいいか〜もうすぐ綺麗な蝶になり楽しませてくれるのですから。
それから、このカタツムリの柄の色がかわっていますね。
カタツムリ君はヒルを食べてくれるのですよ〜
去年まで知りませんでした。
Posted by 青い流れ星 at 2007年07月21日 18:23
◆ゆきさん、こんばんは!
 そうですね〜自然の厳しさに勝る恵みが我が日出づる國
にはありますものね。 私も大好きです^^

 東京は梅雨寒が続いています。 日照も不足でそろそろ
作物への影響が出るのではと心配です。
Posted by 山桜 at 2007年07月21日 19:52
◆青い流れ星さん、こんばんは!
 出航前日というのに、コメントをありがとうございます♪

 桃はとっても美味しいのですが、無農薬ですので、虫さんと
半分コみたいなのばかりなんですよ〜(^^;

 アゲハの幼虫くんは、この写真の翌日にはシジュウカラの
胃袋に納まってしまいました…南無南無(−人−)
お蔭で金柑はホッとしているでしょう。 誰にも味方はせずに
概ね自然のままに…デス。

>カタツムリ君はヒルを食べてくれるのですよ〜

エエッ!そうなんですか〜知りませんでしたぁ(@@;)ノノ
Posted by 山桜 at 2007年07月21日 19:58
そうなんですね、空梅雨については、マイミクさんのテツさまも心配していました。
九州は毎日これでもか、というくらいに降ってますよ。お陰で草花たちの根ぐされが心配になってます。
東京は地震は大丈夫でしょうか?
Posted by ゆき at 2007年07月21日 20:31
◆ゆきさん、こんにちは!
 程よく降ってくれればありがたいものを、そう都合よく
ばかりはしてくれない所が、自然の手強さですね。

 先日の地震では、こちらも嫌な長い横揺れを感じました。
関東大震災はいつ起きても全く不思議に無い期間に入って
久しいのです。 人事を尽くして天命を待つでしょうか…
Posted by 山桜 at 2007年07月22日 19:05
きっと東京は大丈夫ですよ。
テツさんにもそのようにお伝えしました。。。

其れよりも、東海とか、名古屋とか。。。

東北も結構すごいですよね。。。
そのほうが私は心配です。

いずれにせよ、福岡西方沖地震では、震源地が近かったところにいましたが、大地の上では、人工的に作られた建物の中やその付近よりも、安心でしたよ。大地の上では、神々の怒り?を体感して、畏れ多い体験をさせていただきました。

大地や草花に感謝しながら、人事を尽くして天命を待つ。。。ということが、いいかもしれませんんですね。今日も暑き折、ご自愛くださいませ。
暑い中の庭仕事は体力を消耗しますゆえ。。。
Posted by ゆき at 2007年07月23日 15:17
◆ゆきさん、こんにちは!
>きっと東京は大丈夫ですよ。

 溜まった地下エネルギーはどうしても何処かに発散せずに
おれないのですから、東京が無事なら他が危ないと…
大丈夫としても、手放しで喜べないものがあります。
どうか小出しに放出して大事に至らぬことを神仏に祈る
ばかりです。

 庭仕事も脚立を出したまま、雨ばかりでちっとも捗らぬ
ままになっていますが、お心配りありがとうございます^^
Posted by 山桜 at 2007年07月23日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。