2007年07月23日

山本一力さん

 NHK教育TV『趣味悠々』「茶の湯・表千家・千宗左/京に楽しむ夏の茶」http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/cha.htmlに、茶道未経験のお客様としてご出演中の歴史(江戸時代)小説家・山本一力さん(「あかね雲」で直木賞受賞、現在産経新聞「ほうき星」連載中)、飾らない親しみやすいお人柄で、この機会を捉え自らも多くを学び、茶の間の方々にも茶の湯の魅力を何とかしてお伝えしようとされている真摯なお姿が嬉しく、ファンになりました。台本があるのかどうか、よく下調べされていて、伺って欲しい所を質問して下さるので、とてもありがたいです。

 ところで、この山本一力さん、初めて画面で拝見した時から、『どこかで見たような…』と思っていたら、そうなんです!人気マンガ

  「あたしンち」けら・えいこ作
   アニメサイトは、http://www.tv-asahi.co.jp/atashi/

の中に出てくる「お父さん」にソックリ!! 
         ↓左端で小さいけれど存在感アリ!
           21DXNXZRFSL.jpg ←フィギュア

 もし実写版を作るとしたら、是非、ご出演いただきたいなぁ・・・ でも、あの「お母さん」役をできる人って誰でしょう?? 柴田理恵さんのお顔がもう少し大きければいいのに。

 (先日の「ビリー」も「あたしンち」も著作権保護の為、認可されている通販サイトを貼ってご紹介しています。 不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私的営業・宣伝が目的ではありませんのでどうかご容赦を…<( _ _ )>)


<<追記 2007-07-27>>
  山本一力さんが、日本ペンクラブ例会の講演で「茶の湯・表千家・千宗左/京に楽しむ夏の茶」の収録を終えての感想、エピソードなどを語られたそうです。

 「59年間、茶の湯なんて、あんなものなくても不都合ない。茶にどうして理屈がいるんだと思ってきた。しかし、表千家家元の美しい所作、そして出された一服の薄茶に、「とびあがる」ほど認識が変わった。」
 「突き抜けちゃった方、極めた方は、仰る言葉も小難しくなく、素人のばかげた質問にもわかりやすく答えてくださる。 茶の湯は、年長者の説く人の道なんだと感じた。」

 「この年齢になると、つきあう編集者は年下がほとんどになってしまった」
 「茶の湯を通じ、自分はこの先何をしていけばいいのか、何をしなければならないかを知ることができた」

などと語られたそうです。



banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん


ラベル:趣味悠々
posted by 山桜 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 事直な一力さん、大好きです-☆
あの方、確か池波正太郎さんがお好きなんですよね。江戸文化を
こよなく愛していらしゃるのが分かります。
 今回の表千家茶の湯は、久田宗匠といい、熊倉さん、一力さん、
おまけのおまけがついたお菓子みたいな?^^;楽しみがあります。
(貫名さん、個人的に一寸・・^^;ゞ、聞いてないですよね。失礼;;)
あっ、でも貫名宗匠のお点前、とても美しいですね。お姿そのものです-☆
 
 この漫画、見たような気もするけど、やっぱり知りませんでした^^
Posted by 飛翔 at 2007年07月26日 14:11
直木賞に選ばれた時から実直な山本さんのお姿に
好感を持っていました。
「あかね雲」もテーマの的確さが面白く感じましたわ^^

今回は意外な番組出演で驚きましたが、
人柄が滲み出て興味深いですね^^
口癖の「門外漢」は、声が大きくて力強く
少し笑えます。

それでもって、「あたしンち」のお父さん(大爆)
山桜さんに教えていただいた時は、
もうそれは1人で大爆笑^^
だって、そっくりなんですもの〜

山桜さん、笑いの提供ありがとうございます^^
そして、山本さん 大爆でごめんなさい!


Posted by さかもっちゃん at 2007年07月26日 20:27
山本一力さんは大好きで、読んでいます。

現実の世界ではお会いすることの無い
素敵な男性と江戸の町でお目にかかれるので
楽しみにしています。

うちでも
山本さんと「あたしンち」お父さんは
似ていると認識されていました。

Posted by 爽子 at 2007年07月27日 09:08
◆飛翔さん、沢山のコメントありがとうございます〜!
 溜めては纏め書きで、ご負担をお掛けして申し訳ないです。
 あ〜池波さん、お好きでしょうね〜! 私も好きです^^
江戸ブームの火元もあの辺りでしょうか? ちょっとした
食事シーンも美味しそうでもう堪りません。

 貫名宗匠は穏やかそうな外見ですのに、とても厳しい
お方のようですね〜どちらかで少しエピソードを拝見し、
縮み上がりました〜^^; これはもう、同門の引き締め
に欠かせないなお方なのでしょうね!

 「あたしンち」はご存知ありませんでしたか〜残念!
飛翔さんは息子さんだけでしたでしょうか? そうですと少女漫画は
ちょっと目に触れる機会は少ないですものね〜
アニメもいいですが、やはりコミックで読むのがお薦めです。
人前だと笑いを堪えるのが大変なのでお家で読んで下さいね☆
Posted by 山桜 at 2007年07月27日 12:22
◆さかもっちゃんさん、こんにちは!
 さかもっちゃんさんの日記へのコメントに、場違いな話題を
書き込んでしまい…^^; 大爆して戴けてホッとしました。

 さかもっちゃんさんも「あたしンち」のことはご存知なかったの
でしょうか〜? 私の周りでは数年前から一大ブームを巻き起こし
ていたのですけれど、全国的には未だだったのかしら〜??
あのお母さんは、娘からしたら「ありえない母」のようですが、
私から見ると、「お母さんが正しい」所もいっぱいあって、
「そうだそうだ〜!」と密かに応援したり…ってご存じない
のに熱く語ってしまって、スミマセン^^;
 ♪情っ熱の赤い薔薇〜♪
Posted by 山桜 at 2007年07月27日 12:30
◆爽子さん、こんにちは!
 あ〜・゚・(つД`)・゚・良かったぁ〜きっと爽子さんなら
同じことを思っていて下さると思ってました〜!

 この講座の中で畏まって小さくちょこんと正座して
いらっしゃる姿がまた、なんともいえずイメージにピッタリ
なんですよ〜 空けた缶ビールを黙々と積み重ねてニマと
してそうな所も〜♪
Posted by 山桜 at 2007年07月27日 12:38
山桜さん こんにちは♪
あぁ〜あたしんちのお父さんに
似ているかもですね!!!!
あたしんち はテレビでだけ
見たことがあるのですが
とっても面白いですよね(*^.^*)
お母さん役 確かに確かに。。
うんうんと柴田さんも適任かも☆
他には誰かな〜.。o○と
楽しい想像ふくらませていただきました!
Posted by 由紀 at 2007年07月27日 13:14
◆由紀さん、こんばんは!
 マンガを見てから山本さんを見ると、アレちょっと違った?
とも思うんですが、山本さんを見てからマンガの方を見ると
やっぱり似てる〜〜ってなっちゃって! イメージがソックリ
なんでしょうね、ご本人はお嫌かしら? いいお父さんですよね。
私はファンなんですけど^^

 お母さん役は、渡辺えり子さんもいいかな〜♪
「どんど」のトキエさん役・あき竹城さんもいいかも〜♪
Posted by 山桜 at 2007年07月27日 20:14
わぁ!
渡辺えり子さんもあいそうですね〜!
あき竹城さんでもとってもユニークになりそぅ!
うわ〜誰がいいかなぁ
そのお3方のちがった
あたしんちお母さん見てみたいって
思いました♪
と思わずまたまたコメントさせて
いただいちゃいましたぁ(笑)
Posted by 由紀 at 2007年07月27日 23:54
◆由紀さん、こんにちは!
 柴田理恵、渡辺えり子、あき竹城、このお三方ならそれぞれ
個性豊かなお母さんになりそうですよね^^

 みかんやゆず彦は誰にしましょうか〜(笑)
ちっちゃくて可愛いみかんには加護ちゃんか辻ちゃん辺りも
よかったのに、今はもう二人とも…残念。 ゆず彦はもう少し若い
頃の吉岡秀隆(コトー先生)だったらなぁ
Posted by 山桜 at 2007年07月28日 10:54
山桜 さんは漫画がお好きなんですね〜
私はあまり知らない世界ですが、漫画を読まれて
大笑いをなさっておられるお姿が想像出来ます。
いいですよね〜明るい家庭は福来るですよね〜。
Posted by 青い流れ星 at 2007年07月30日 20:08
◆青い流れ星さん、こんばんは!
 子供の頃は大家族の中で育ちましたので、叔父達が買って
くる各種の漫画を読み漁っておりました。後に少女マンガも
読み出しましたが、少年マンガの方が詳しいかもしれません^^
結婚してから暫くは主人が読んでいたビッグコミック系統、
今は娘が買ってくるマンガ類です^^
あ、ちゃんと普通の本も読みますよ〜(^▽^;)
Posted by 山桜 at 2007年07月30日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。