2024年01月02日

'23年7月 白山 花紀行(1)別当出合〜



 能登大地震の鎮まりと被災された方々の少しでも早い安寧の時を祈り、昨年の夏の白山詣を記します。

 出会った花が多過ぎて、後で調べてから・・・と未同定のものを放っておいた末の今頃です…(。。;)

(白山 花紀行(1)も含め、白山花紀行を2023年7月17日〜に移動しました。

記事下のラベル「白山花紀行」をクリックするとリストアップされます。)

 霊峰白山の御祭神は、こちらの三柱の神々
 ・白山比淘蜷_(しらやまひめのおおかみ)
  =菊理媛尊(くくりひめのみこと)
 ・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
 ・伊弉冉尊(いざなみのみこと)

 ご霊験は、
 五穀豊穣・大漁満足・開運招福・家内安全・良縁成就
 交通安全・生業繁栄・学業成就・身体健全・夫婦円満
 福徳長寿・家運長久・子孫繁栄・神人和楽

先ずは、お神酒でお祓いお清め。

菊理姫(くくりひめ)
DSC_1268 (002) 菊姫m.jpg
畏れ多くも霊峰白山の御祭神の御名を戴く「菊姫」の最高峰。10年寝かせた吟醸酒「歳月を呑む酒」
こちらではなく「山廃純米」を求めましたが、とっくに呑んでしまい瓶も無く…(^^;)


さて、前日に金沢駅着
DSC_0660 (002) 金沢駅s.jpg DSC_0661 (002) 金沢駅s.jpg

銘酒「作」と ご馳走@友人宅 
DSC_0663 (002) メン宅 作s.jpg DSC_0662 (002) メン宅 ご馳走s.jpg

前夜は金沢の友人宅でお世話になり、翌朝も友の運転で駐車場まで…おんぶに抱っこで有り難く、申し訳無い(。。;)

別当出合下の駐車場で身繕いし6:08、歩き出すと早速、見事に大きな花々のお出迎え!
DSC_0665 (002) 駐車場s.jpg

オオウバユリ/大姥百合
P7188742 オオウバユリ2m.jpg

ミヤマシシウド?/深山獅子独活
P7188741 シシウド?m.jpg

別当出会休憩所 6:30着    6:45発
P7188743 別当出合登山口s.jpg P7188747 白山 別当登山口s.jpg

白山コース図
P7188745 白山 コース図m.jpg 

P7188746 白山コース図2m.jpg

別当出会い登山口 出発   鳥居を潜って橋へ
P7188744 白山 別当出合登山口s.jpg P7188748 白山 別当登山口 橋s.jpg

鳥居の先の橋を渡る      橋からの眺め
P7188749 白山 別当登山口 橋s.jpg P7188750 白山 橋からs.jpg

クモキリソウ/雲霧草、雲切草、蜘蛛散草
P7188751 白山 クモキリソウm.jpg

P7188752 白山 クモキリソウm.jpg
いきなりクモキリソウの群生! 『東京近郊では貴重な花も、ごく普通に咲いているんだ〜』と思って、ロクに写真も撮らなかったら、結局ここでしか見かけなかったという、山あるある…。

オオカニコウモリ/大蟹蝙蝠
P7188754 白山 オオカニコウモリm.jpg
カニコウモリの葉先は細く尖るが、オオカニコウモリの葉は五角形に近い。

P7188758 白山 オオカニコウモリm.jpg

エゾアジサイ/蝦夷紫陽花
P7188755 白山 エゾアジサイm.jpg
ヤマアジサイの日本海型で、葉が普通のヤマアジサイの(葉身9〜15cm)より大きく(葉身20cm)、花色が青い。

トリアシショウマ?/鳥足升麻
P7188756 白山 トリアシショウマm.jpg
高さ1m程と大型、葉先が細く伸び基部が心形。花序は円錐形で良く分枝する。

マイヅルソウ /舞鶴草 果実
P7188757 白山 マイヅルソウ 果実m.jpg
通常は赤色。これは熟す過程なのか斑模様。

中飯場 7:39         白山 登山道入口 7:56
DSC_0666 (002) 白山 中飯場 739.jpg P7188764 白山 登山道入口s.jpg

センジュガンピ/千手岩菲 ナデシコ科センノウ属
P7188761 白山 センジュガンピm.JPG

P7188762 白山 センジュガンピm1.jpg
名前の由来は、「群生し千手観音さまのように沢山の手を差し伸べているように見えるから」と勝手に思っていましたが、日光の千手が浜で発見された岩菲(中国でセンノウを指す)という意味とのこと。知らない方が良かったかな。

サンカヨウ /山何葉 メギ科 7:53
P7188763 白山 サンカヨウ 果実m.jpg
「何葉」とは「蓮」のことで、山に生える蓮の葉に似た植物に意味。濡れるとガラス細工のように透ける白い花弁を持つ神秘的な植物の果実は既に濃い青紫色に熟していました。甘酸っぱく食べられますが、種が多い(この小さい実の中に5粒くらい入ってます。)

砂防の崩れ 8:01      未同定 8:10
P7188765 ガレ場s.jpg P7188766 未同定s.jpg

(つづく・・・)

人気ブログランキング
ポチッとして下さると、ランキングにカウントされます。
<スマホの方は「PC版」選択で、山桜オリジナルの画面デザインでご覧頂けます。>


posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10代最後の時期に九頭竜川から白山を
写生しに行きました。
春さきでしたか、白山の真っ白な
山並みが、前面に広がり印象深い記憶が
残っております😊
山桜さん、タフですね!
Posted by じゅんぺい at 2024年01月13日 12:42
◆じゅんぺいさんへ

 白山は外から仰いでも登っても、本当に素敵な山ですね。正に女神さまの坐すお山です。

 膝とコロナ禍の為に2年余り殆ど山へ行けなかったので、行けるようになったら嬉しくて嬉しくて♪

 またダメにならないよう、地道に筋トレも頑張っています。
Posted by 山桜 at 2024年01月13日 23:32
こんばんは。
大好きな千手岩菲のクローズアップ、素晴らしい!
千手岩菲は砂防新道にしか咲いていないのです。
私も千手観音をイメージしていたのでガッカリしました(^^;)

下山も砂防新道でしたか?
今度行かれる機会がありましたら、観光新道から登って下さい。
下山に選択される方が多いのですが、
山頂を目指しながらの花道は最高です。
砂防新道と違うお花達にも出会えますし、観光新道の稜線から、
砂防新道を、甚之助避難小屋を、"上から目線"なのも楽しいです・笑
Posted by estrella at 2024年01月24日 01:41
◆estrellaさんへ

 拙ブログへお越しくださり、ありがとうございます(^0^)♪

 千手岩菲の名前の由来でガッカリさせてしまってスミマセン(。。;)

 なにせ友達にくっついて歩いたので、コース名も良く覚えてなかったのですが、地図をみると下山はエコーライン経由で砂防新道のようです。

 次回は、是非、お薦めの観光新道を登ってみたいです。違うお花が見られるのですね〜楽しみです♪
Posted by 山桜 at 2024年01月24日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック